サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 久和ひとみ絶筆 子宮がん闘病116日の日記

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

久和ひとみ絶筆 子宮がん闘病116日の日記
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.10
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:20cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-09-396401-7
  • 国内送料無料

紙の本

久和ひとみ絶筆 子宮がん闘病116日の日記

著者 久和 ひとみ (著)

突然の子宮がん宣告、司会をつとめていたニュース番組の降板、想像を絶する辛い闘病の日々…。最後まで生きる希望を捨てずに、死の直前までの自らを綴った116日間の凄絶な「命の記...

もっと見る

久和ひとみ絶筆 子宮がん闘病116日の日記

1,404(税込)

ポイント :13pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

突然の子宮がん宣告、司会をつとめていたニュース番組の降板、想像を絶する辛い闘病の日々…。最後まで生きる希望を捨てずに、死の直前までの自らを綴った116日間の凄絶な「命の記録」。日記をもとにまとめたドキュメント。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

久和 ひとみ

略歴
〈久和ひとみ〉1960〜2001年。東京都武蔵野市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。「TXNニュースアイ」など、テレビのニュースキャスターを務める。著書に「久和ひとみが伝えたかったこと」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

最後まで明るい前向きな日記

2001/10/29 22:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けんも - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今年若くして亡くなった久和ひとみさんの闘病日記を中心とした本です。ご本人はたぶん公表されるとは思っていなかったと思われる、ごく私的な日記です。最後までたんたんと病気と戦い、復帰を信じつづけている姿勢がうかがわれ、突然とだえる日記が悲しいです。また、ご両親が語っている、亡くなる寸前の診療に対する疑問点など、本人や親族にも病気に関する知識の必要性なども感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/18 16:05

投稿元:ブクログ

凄絶!初めて明かされる人気キャスターの「最期」。子宮がん闘病116日の日記。 (「BOOK」データベースより)

正直いって、凄絶と言う言葉が適当なのか、やや疑問です。
もっともっと肉体的に苦しんでいるがん患者はたくさんいますから。
通院も一人でできて、おでかけや外食もできていたのですから、それはとてもラッキーなことだったのではないかなと。
それが彼女の精神力で、できていたのだと言われてしまえばそれまでなのですが。

医療には素人でもある彼女の文章だけから、医療ミスでは? とは言えませんが、日記のみからの一方的な見方をしてしまえば、疑問がわいてくるのは否めません。
なぜ不調を訴えた時、検査を何もしてくれなかったのか、転移はなかったはずなのに、わずかな期間で全身にひろがったのか、そもそも転移がないのになぜステージIVと表現したのか、などなど「なぜ?」がいっぱいです。

予約していた本が、きっと午後にはとどいているだろうと図書館に行ったら、まだきていなくて、書棚をなんとなく見て歩いていて、なんとなく手にとった本でした。
ご両親がお気の毒ですが、親がいる身でよかったなあと思います。
もし私が……と考えると、かなり辛いですよね、きっと。

2006/08/17 14:32

投稿元:ブクログ

子宮がんを克服して仕事復帰することを目指していた久和さんの闘病記。日記を見る限り、とても明るく前向きな人だったと思う。本当は相当な痛みだったらしい。こんな前向きな人の願いが叶わず、わずか40歳で亡くなってしまったのが、とても残念です。