サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 「夜を読む本、夜に読む本」 ポイント5倍キャンペーン  ~3/5

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 教育・学習参考書の通販
  4. 教育の通販
  5. 総合法令出版の通販
  6. 金銭教育 小遣いから資産家の二世教育までの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

金銭教育 小遣いから資産家の二世教育まで
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.10
  • 出版社: 総合法令出版
  • サイズ:19cm/284p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89346-724-7

紙の本

金銭教育 小遣いから資産家の二世教育まで

著者 榊原 節子 (著)

金銭教育とは自立と自己実現のための教育である。小遣いのマネー・マネジメント教育、子育てと起業家教育、二世教育の実例、子供にお金をどう渡すか、お金に賢くなるために、など大人...

もっと見る

金銭教育 小遣いから資産家の二世教育まで

税込 1,870 17pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

金銭教育とは自立と自己実現のための教育である。小遣いのマネー・マネジメント教育、子育てと起業家教育、二世教育の実例、子供にお金をどう渡すか、お金に賢くなるために、など大人と子供のための金銭教育の本。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

榊原 節子

略歴
〈榊原節子〉東京生まれ。国際キリスト教大学社会科学科卒業。国際投資コンサルティング会社アルベロサクロ(株)社長。著書に「欧米資産家に学ぶボーダーレス時代の資産運用法」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

金銭教育とは「生きる力をはぐくむ」こと

2002/01/24 10:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tomohara - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この4月から施行される新学習指導要領では、子どもたちの「生きる力をはぐくむ」ことに重点が置かれている。そうであれば、子どもたちにお金のことをどう教えるかということが、もっと重視されてしかるべきではないか。しかも金銭教育は、学校と家庭がうまく連携をとることで、高い効果を期待することができる分野ではないか。本書を読んで、以上のことを強く感じた。

 金銭教育とは著者の言葉をかりれば「子どもたちが、どんな状況におかれても生き抜いていくことができる力」をはぐくむことに他ならない。しかし現実には、学校に金銭教育を期待することはできない。まずは家庭で始めるしかないであろうし、金銭教育は家庭教育の柱となるべきであろう。
 金銭教育は、けっしてお金とのつき合い方を教えるということにとどまらない。「自立心」、「自尊心」、「積極性」、「責任感」、「思いやり」など、社会のなかで生き抜いていくために重要な価値を金銭教育を通じて養うことができるのであり、むしろこれらの価値を養うことこそが金銭教育の主眼なのだ。
 そしてもっとも重要なことは、これらの価値をふくむ明確な価値観を親がしっかりともち、それを子どもたちに伝えていこうとする姿勢だ。金銭教育では父親が大きな役割を果たすという点もふくめて、金銭教育が「家族の再生」にむけた確かな一歩となりうることを確信させる書であった。
 本書と出会ったのは、bk1の店長セレクトショップ「ブックス安藤」でであった。こうした良書と出会うきっかけを与えてくれたことに感謝したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2001/10/13夕刊

2001/10/19 22:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日本経済新聞 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「子どもにお金の話」は、何となく敬遠してしまう親も少なくないだろう。上手なため方や使い方を教えたくても、どう教えたらいいのか——。本書は、子どもが成長過程で最初にお金のやり繰りと出合う「小遣い」を通じて、その基本となる能力や自立精神、自分なりのライフスタイルを築く術を養うと説いている。資産ばかりでなく、価値観の継承を重視するオーナー経営者や資産家などの二世教育、日本にはなじみの薄い寄付などにも触れており、違った側面からもお金とのいい付き合い方を紹介する。
(C) 日本経済新聞社 1997-2001

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/06/27 22:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/13 01:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

家庭教育 ランキング

家庭教育のランキングをご紹介します家庭教育 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。