サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

名探偵で行こう
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.9
  • 出版社: 光文社
  • サイズ:18cm/382p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-334-07441-3
  • 国内送料無料
新書

紙の本

名探偵で行こう (カッパノベルス 最新ベスト・ミステリー)

著者 日本推理作家協会 (編)

人気作家が創造した魅力的なレギュラー・キャラクターたちが集合! 初対面の相手もいれば、顔なじみの気心が知れた仲もあるだろう。決して期待を裏切らない彼らを信じて、謎の迷宮に...

もっと見る

名探偵で行こう (カッパノベルス 最新ベスト・ミステリー)

946(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人気作家が創造した魅力的なレギュラー・キャラクターたちが集合! 初対面の相手もいれば、顔なじみの気心が知れた仲もあるだろう。決して期待を裏切らない彼らを信じて、謎の迷宮に踏み込もう! ミステリー・アンソロジー。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

三毛猫ホームズと永遠の恋人 赤川次郎 著 13-36
ママは空に消える 我孫子武丸 著 37-68
金魚狂言 泡坂妻夫 著 69-92

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

あの主人公たちの活躍が楽しめる豪華アンソロジー

2001/11/20 22:16

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:橋根未彩 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 シリーズキャラクターものの短編を集めたアンソロジー。ラインナップは以下の通り。本短篇集の性格上、登場するシリーズキャラクターについて付記してみた。

「三毛猫ホームズと永遠の恋人」(赤川次郎):三毛猫ホームズ
「ママは空に消える」(我孫子武丸):腹話術人形・鞠小路鞠夫
「金魚狂言」(泡坂妻夫):八丁堀同心・夢裡庵を背景に置いた捕物帳
「エキサイタブルボーイ」(石田衣良):『池袋ウエストゲートパーク』の主人公
「あちこちら」(大沢在昌):らんぽう
「花を見る日」(香納諒一):エディターズ・シリーズ
「『神田川』見立て殺人」(鯨統一郎):マグレ警部
「ダイエット狂想曲」(近藤史恵):オフィス清掃員キリコ
「最前線」(今野敏)安積警部補
「2031探偵物語 秘密」(柴田よしき):私立探偵サラ
「招かれざる死者」(西澤保彦)タック・タカチ・ボアン先輩
「シュート・ミー」(野沢尚):殺し屋シュウ
「魔女狩り」(横山秀夫)県警を舞台としたシリーズ

 顔ぶれを眺めるだけでも分かるとおり、新人もベテランも、本格ミステリもハードボイルドも……と非常に幅広い作品が収録されている。「ミステリー」にもいろいろあるが、本短編集は、斬新なトリックや意外な結末というよりは、探偵たちの活躍を味わう作品が目立ち、どちらかというと「探偵小説短篇集」という方がぴったりくるのではないだろうか。

 この短篇集ではシリーズキャラクターものがずらりと並んでいるが、改めて驚かされるのは、シリーズ第1作ではないものでも、キャラクターたちがスムーズに作品の流れの中で紹介されていることだ。短篇は長篇と異なり、雑誌掲載という形式で発表されることが多い。たとえ毎号連載している作品だとしても、初めてその雑誌を買った人にもキャラクターたちの設定を把握してもらわなくてはならない。逆に連載を毎回読んでいる読者にも、既に知っているキャラクターの説明を飽きずに読ませなければならないのだ。そういった力量に関心しながら読むのも面白い。

 全作品について触れるにはスペースが足りないので、印象に残った作品を挙げておこう。
 「エキサイタブルボーイ」はドラマにもなった『池袋ウエストゲートパーク』の主人公が探偵役を務めるが、彼を含めた登場人物たちの雰囲気はドラマ以上に現代的でリアルだ。ハードボイルドが好きな方には是非このクールな筆致を味わってみてほしい。
「ダイエット狂想曲」のオフィス清掃員の女の子キリコは、設定・キャラクターともに面白く、軽快さが重たいテーマとのバランスを取っている。
「魔女狩り」は警察小説ではあまり出てこない部署が舞台で、彼らの地道な活動を描いているのが興味深い。
 これだけ幅広いと、初めて出会うシリーズや今まで読まなかったジャンルの作品もあるだろう。新たなるお気に入りシリーズを見つけるのに格好の短篇集ではないだろうか。

 なお「旅と街をめぐる傑作編」として『M列車(ミステリー・トレイン)で行こう』も発売中である。(bk1ブックナビゲーター:橋根未彩/ライター)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/08 02:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/16 12:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/24 09:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る