サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 「知識ゼロからの」日本酒入門

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「知識ゼロからの」日本酒入門
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.10
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:21cm/234p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-344-90017-0
  • 国内送料無料

紙の本

「知識ゼロからの」日本酒入門

著者 尾瀬 あきら (著)

燗に向く酒向かない酒、吟醸酒も燗酒にしたっていいんだ、おちょこは2種類用意しよう、失敗しない燗のつけ方、ひれ酒・骨酒・イカどっくり等々、日本酒についての疑問に、漫画とエッ...

もっと見る

「知識ゼロからの」日本酒入門

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

燗に向く酒向かない酒、吟醸酒も燗酒にしたっていいんだ、おちょこは2種類用意しよう、失敗しない燗のつけ方、ひれ酒・骨酒・イカどっくり等々、日本酒についての疑問に、漫画とエッセイで答える楽しい一冊。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

尾瀬 あきら

略歴
〈尾瀬あきら〉1947年京都生まれ。漫画家。71年「初恋スキャンダル」「とべ!人類2」で小学館漫画賞を受賞。ほかの作品に「夏子の酒」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日本酒の仕組みを丁寧にまとめた勉強に最高の本。

2016/04/10 09:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

学生時代は日本酒が苦手だった。必ず二日酔いになるし酔いざめも悪い。
アルコール度数が高くて安上がりという人もいたが、飲み会でしかお酒を
口にしない私には相性が悪かった。

合コンが流行っていて、飲み放題一辺倒だった貧乏学生。
ウイスキー・バーボンはさらに苦手、焼酎はサワーとして薄く割りジュースの
ようにして飲んでいた。かろうじて飲めたのがビールとワイン。
飲み会という場は好きなので参加していたが、お酒は得意ではなかった。

会社でスキーに行くようになり、皆が宿に持ち込むお酒を味見してから、
徐々に考えが変わってきた。スキーは新潟に行く機会が多かった。
越乃寒梅は知っていて同期の結婚式で戴いて飲みやすいと思った。
八海山・久保田は有名だよと教えてもらった。まあこんなものかという感想。
すっきりして飲みやすいよと上善如水を持ってきた人がいて満足した。

転機は緑川だ。なんて危険なお酒なんだと初めて日本酒にきちんと目を向けた。
どうやら私はツンと鼻にくる本格派が苦手で、さらりとした味わいが好きらしい。
最近ようやく気がついた。そんなところも酒飲みとは言えない部分だ。
大切な出会いもあった。お酒が好きな人と職場が一緒になった時、純米酒を
教えてもらった。

いま地酒が手に入りやすい環境になった。
せっかくだからと、たまに試し飲みをしている。
四合瓶という一升瓶よりひと回り小さいサイズが丁度いい。
とりあえず純米酒を冷酒でと決めているが、興味を持つと言葉の意味を
知りたくなる。
普通酒・本醸造・純米酒・吟醸酒・大吟醸酒・生酒・原酒。
いっぱいあって分からないので、この本を手に取るきっかけとなった。

読んでいくうちに、なぜ日本酒が苦手だったのか、なぜ最近楽しめるのかが
明確に分かった。

玄米1kgで作られる酒の量と何を原料に使っているかがまとめてある。
戦前はアルコール添加(アル添と呼ぶらしい)はなく、日本酒は米・米麹・
水だけで作られていた。
ところが戦後復興期、物資不足が激しく米が確保できない。
その時に編み出された手法がアル添だったそうだ。

アル添と呼ばれるものでは、醸造アルコールを飲みやすさの限界まで入れ
られるのが普通酒。
アルコール添加量がさらに増えると辛くなるので、甘みも足しちゃえと開発
されたのが三倍増醸酒。パック酒は、この三倍増のものが目につく。
ここまで他の原料を加えると、発酵して作られた日本酒部分の方が少ない
ので、日本酒風飲料と呼ぶのがふさわしくなる。

この本が素晴らしいのは、そんな三倍増を否定しないのだ。
お酒を安く飲めるからお世話になったんだよと。
ただ、そろそろ引退してもらってもいいかなとは書いてある。
のん兵衛じゃない私には必要ないカテゴリーで、おそらくこれが悪酔いの
原因だったと思う。純米酒は悪酔いしないとは本当である。

一方で純米酒の話をした時に、アル添だってちゃんとした酒用のアル
コールだからいいんだと言う人もいた。
確かに本醸造レベルであれば好みの問題だし、普通酒でもおいしいお酒は
いっぱいある。三倍増は調味液アルコールまで混ぜるので、やり過ぎという
だけかなと思う。

難点は、2001年発行なので最近のお酒の情報がないことだ。
それはネットと酒屋さんで調べればよい。
そもそもお酒の好みは千差万別で、値段や人気は参考程度ではないかと思う。
自分の実感である。まあまあなんて書いた新潟のお酒も、酒好きの人からは
間違いなく怒られる大人気の銘柄だ。
そんな宝探し的感覚があるのも、日本酒にはまっている理由の一つだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/05/05 01:06

投稿元:ブクログ

日本酒の造り方や飲み方に関する初心者向けの本です。
著者は燗が好きなようで、燗を進めていたりはしますが。
専門用語(山廃やら精米歩合)の説明もしっかり書いてあるので、参考になります。
日本酒がまずいものって思ってたりするなら、この本を読むと目から鱗が落ちると思います。
おいしそうな日本酒を見分けるのにもこの知識は重要かと思います。
最後のほうはお勧めのお酒が蔵元別に記載されています。
勉強になりました。

2010/02/25 19:52

投稿元:ブクログ

「夏子の酒」の作者による日本酒の入門書。温めて飲む日本酒・燗酒について、純米酒について、そして酒造りについてなど、文字通り日本酒について何も知らない人向けの本。

(感想)
これは卒業論文で日本酒のイベントについて執筆するにも関わらず、日本酒について何も知らないのはどうか…と思い借りてきましたが、良い本でした。日本酒の奥深さや、お酒の選び方などについて知ることが出来、一度ちゃんと自分で選んで飲んでみようかな、と思わせられました。近年はワインがブームですが、日本酒もお料理に上手く合わせておしゃれに演出すれば、今後ブームになるんじゃないかな…。例えば日本酒にも、スパークリングワインのような炭酸系のものがあるそうです。食前酒としてその活性純米酒とよばれる日本酒を、綺麗なシャンパングラスで演出…素敵だと思います。この本で紹介されている神亀酒造や刈穂酒造の活性純米酒はいつか飲んでみたいです。本当に何も知らなくても、読みやすい本だったので、ちょっと知識として日本酒について知ろう、と思っている人にはお勧め。

2010/12/22 21:56

投稿元:ブクログ

漫画「夏子の酒」の著者が日本酒をわかりやすく紹介している入門書です。製造の仕方から楽しみ方、各地の酒蔵紹介など充実しています。
読み易くておすすめです。

2009/06/13 00:58

投稿元:ブクログ

6月12日読了。「夏子の酒」の作者による、日本酒の魅力を初心者にも分かるように紹介する本。いつでも安定した味を楽しめるビールや蒸留酒と違い、日本酒は冷で飲むか・熱燗で飲むか、どの食べ物と合わせるか、など楽しみ方の幅が広く好きになればなるほど楽しめることが分かる。科学の粋を駆使した「蔵」での醸造と、昔ながらの力作業と、熟練した杜氏の巧みの技が融合した製造過程も、大変興味深い。知識ばかり身に付けてもしょうがないが、お酒を楽しく飲むために、知っておいたほうがいいことはいろいろあるもんだな。

2013/03/03 20:28

投稿元:ブクログ

燗酒の会を催すにあたり購入。まずはじめに燗について書いてあったので手に取ったのだが、その他の部分もわかりやすくポイントを押さえてあって、今までよく理解してなかったことが「なるほど!」ってなった。良い本。

2011/02/27 18:10

投稿元:ブクログ

日本酒に興味があり、購入
日本酒専門店に行ってチンプンカンプンだったことが理解出来ました
純米酒と純米大吟醸の違い
荒走りや中取りがの違い等

これで今までより、もっと美味しく日本酒が飲めますね

2011/04/24 20:17

投稿元:ブクログ

最近、日本酒が飲めるようになったので
一度しっかり勉強しようと読んでみた。
まんがかと思ったら、けっこうしっかりした本だった...
「知識ゼロからの...」と書いてあるわりに
第一章から純米、山廃、生酛などという言葉がでてきて
ちんぷんかんぷん...
でも、第二章にちゃんと説明がしてあった。
第二章を一章にしてくれれば分かりやすいのに。
ただ、内容はとても丁寧で分かりやすくて
初心者の間違えやすいところを丁寧に説明してあって
なるほど、なるほどと思いながら読めて、いい内容だった。
さすがに1回読んだだけでは覚えきれないので
何回か読みたい。

酒・ドリンク ランキング

酒・ドリンクのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む