サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネスの通販
  4. 産業の通販
  5. 朝倉書店の通販
  6. 複雑現象を量る 紙リサイクル社会の調査の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発行年月:2001.9
  • 出版社: 朝倉書店
  • サイズ:21cm/163p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:4-254-12727-8
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

複雑現象を量る 紙リサイクル社会の調査 (シリーズ〈データの科学〉)

著者 羽生 和紀 (著),岸野 洋久 (著)

複雑なシステムのデータはどうやって集め、分析すればよいのか? 様々なアプローチを用いて生のデータを収集・分析・解釈していく方法とその結果を、紙リサイクル社会システムを研究...

もっと見る

複雑現象を量る 紙リサイクル社会の調査 (シリーズ〈データの科学〉)

税込 3,080 28pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

複雑なシステムのデータはどうやって集め、分析すればよいのか? 様々なアプローチを用いて生のデータを収集・分析・解釈していく方法とその結果を、紙リサイクル社会システムを研究対象として具体的かつ実践的に解説。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

羽生 和紀

略歴
〈羽生〉1965年東京都生まれ。日本大学文理学部心理学科助教授。
〈岸野〉1955年福岡県生まれ。東京大学大学院農学生命科学研究科教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

複雑な社会現象を複雑なまま理解しようとすること

2003/09/14 23:59

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:拾得 - この投稿者のレビュー一覧を見る



複雑現象を量る

 「複雑現象を量る」などという分かりにくいタイトルで、本書(と読者)は随分と損をしている。実は、このタイトルが言わんとしていることは、実は極めてシンプルで当り前のことだ。「世の中のことは、そうそう単純なモノサシ(だけ)では理解できない」ということだ。本書では「リサイクル」という現代社会の抱える課題について、「紙のリサイクル」という具体的な現場を対象に、インタビュー調査から業界紙の分析、質問紙調査まで、多様な手法でもって貪欲なまでの分析を試みている。そして、モノとしての(古)紙、リサイクルシステム、消費者と生産者の意識のミスマッチ、国際比較といった多様な次元から、その抱える問題点やありうべき対処について考察している。
 現在の学問は、モノサシを限ることにより現象を抽象化(単純化)して見ていくことで発展してきた。自然科学とくに物理学がその好例だが、社会科学もそうした自然科学に倣ってきた。しかし、「社会」とは限られたモノサシで理解したり、対象が明かにされるほど単純ではないことも皆知っている。だからこそ、「学際」的協力の必要性といったことも叫ばれる。ところが、個々の学者にしてみれば、「学際」に乗り出して自らの学者生命を危うくするよりも、単一のモノサシを使うことにこだわった方がやはり安全なのである。
 もちろん、こうした単純化は否定されるべきことではない。しかし、研究対象が抽象概念ではなく、具体物ましてや「社会」となってくるとそれだけでは済まない。単一のモノサシによる量りだけで事足れり、とはいかない。どこまでとことん対象と付き合えるか、そんな「知的誠実さ」と言うべきものが、現代に生きる研究者には求められているのではないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。