サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 社会思想・政治思想
  5. 新曜社
  6. 〈法〉から解放される権力 犯罪、狂気、貧困、そして大正デモクラシー

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

〈法〉から解放される権力 犯罪、狂気、貧困、そして大正デモクラシー
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発行年月:2001.9
  • 出版社: 新曜社
  • サイズ:20cm/284p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:4-7885-0775-7
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

〈法〉から解放される権力 犯罪、狂気、貧困、そして大正デモクラシー

著者 芹沢 一也 (著)

犯罪、狂気、貧困、政治の分野で共通して起きていた一見進歩的な言説の転換。「大正的な権力」はいかにして昭和のファシズム体制へと結びついていったか。大正デモクラシーとは何だっ...

もっと見る

〈法〉から解放される権力 犯罪、狂気、貧困、そして大正デモクラシー

3,024(税込)

ポイント :28pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

犯罪、狂気、貧困、政治の分野で共通して起きていた一見進歩的な言説の転換。「大正的な権力」はいかにして昭和のファシズム体制へと結びついていったか。大正デモクラシーとは何だったのか?【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

統治の再編成としての大正デモクラシー

2001/11/11 23:44

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:稲葉振一郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書はフーコー権力論を日本近代史、具体的には大正デモクラシーに適用した成果である。こういう仕事は初めてではない(今では入手不可能となった榎並重行・三橋俊明『別冊宝島 思想の測量術』『細民窟と博覧会』他は、主に開化期を対象としていた)が、刑事政策、社会事業、精神医療、と「ミクロ政治学」をやるときのおきまりのコースの他、「天皇機関説」論争や吉野作造の民本主義論など「マクロ(普通の)政治学」の話もあり、と比較的目配りよくまとまりもよいので、お勉強になるよい本。
 ただし、大正期を「近代」から「現代」への転換期とみなしていろいろほじくる研究は政治史に限らず、労働史とか農業史とかこれまでもたくさんあり、それなりの成果も上がっているはずなんだが、そうした先行研究とのつながりが門外漢たる私にはいまいちよくわからない。
 「大正デモクラシー」に潜在するやばさ=統治の対象としての「民衆」の発見、それが昭和ファシズム=「民衆」の動員への準備をなしていた、という指摘自体はそんなに独創的なものではないし、逆に昭和期をそう片づけること自体への批判(動員の中に潜在したオルタナティヴや抵抗の契機の存在の指摘)がたとえば米谷匡史「戦時期日本の社会思想」(『思想』97年10月号)とか、あるいは坂野潤治『日本政治「失敗」の研究』(光芒社)によって提起されていたのでは、とかいろいろ考える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

社会思想・政治思想 ランキング

社会思想・政治思想のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む