サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

※12時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0925-26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.9
  • 出版社: 翰林書房
  • サイズ:20cm/278p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-87737-133-8
  • 国内送料無料

紙の本

評伝広津和郎 真正リベラリストの生涯

著者 坂本 育雄 (著)

大正リベラリストの良心を現代に生かし、社会的行動に進み出た稀有な作家・広津和郎の評伝。彼はどうして松川裁判の批判にその晩年を捧げたのか。その由って来る道筋を、出生の時期ま...

もっと見る

評伝広津和郎 真正リベラリストの生涯

税込 3,080 28pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

大正リベラリストの良心を現代に生かし、社会的行動に進み出た稀有な作家・広津和郎の評伝。彼はどうして松川裁判の批判にその晩年を捧げたのか。その由って来る道筋を、出生の時期まで「後戻りして」探る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

坂本 育雄

略歴
〈坂本育雄〉1928年東京生まれ。慶応義塾大学文学部卒業。高校教諭、鶴見大学文学部教授等を務めた。著書に「広津和郎論考」「夏目漱石」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

卓抜な批判精神でリベラルな生涯を貫いた廣津和郎のみごとな七十年

2001/11/06 22:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:近藤富枝 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 子供の時から私は廣津和郎の名を知っていた。なぜなら叔母が本郷菊富士ホテルに嫁いでいて、いつも下宿人の廣津和郎のことを話していたからである。彼は前後九年にわたりホテルを仕事場として使っていて、ホテルからは家族同様に思われていた。
 叔父叔母をはじめホテルの人たちは廣津さんを尊敬し大切にしていたけれど、一つだけ困った廣津さんのくせを言っていた。それは女性関係にだらしのないことで、かなりさまざまのトラブルがあり、彼がホテルを去ったのもそれが原因と聞かされている。

 私は『本郷菊富士ホテル』を書くときに、廣津和郎の松川裁判における真実追求へのあの努力の尊さと、女性関係の複雑さと矛盾なく受け入れることができず苦しんだ。そして今でもその疑問は消えていない。本書こそそのことへの解答を与えてくれるものと予感してひもといたのである。

 廣津の文筆活動は翻訳からはじまるのだが、若き日の彼の選んだ作品がすでに松川裁判批判に赴く萌芽を持っていたという著者の指摘は鋭い。なかでもチェホフの『六号室』を廣津は特に重視していたという。裁判の間違い、裁判官や警察官や医師への不信、個人の人格は認められず、無罪潔白な人間が市民権を奪われたり、罪人にされたりする…という『六号室』の問題提起はそのまま松川事件をはじめ当時多発した再審事件につながるものである。さらにこれは現代の世相の問題点と酷似しているではないか。
 若き日の『六号室』などの翻訳、その後の評論や私小説などを通して、廣津の貫いたリベラリストとしての姿勢を著者は細述している。と同時に宇野浩二、芥川龍之介、志賀直哉との友情を描くことも忘れない。
 本書により日本の近代にさらなる汚点を加えさせなかった廣津のあまりに見事な生涯を再認識することができた。青春の日の恋の彷徨はリベラリストとしての彼の一面と理解しなければなるまい。 (bk1ブックナビゲーター:近藤富枝/作家 2001.11.07)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。