サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. ライトノベルの通販
  4. 男性向けの通販
  5. メディアワークスの通販
  6. 電撃文庫の通販
  7. 新フォーチュン・クエスト外伝 1 パステルの旅立ちの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発売日:2001/10/10
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/261p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:4-8402-1950-8
文庫

紙の本

新フォーチュン・クエスト外伝 1 パステルの旅立ち (電撃文庫)

著者 深沢 美潮 (著)

新フォーチュン・クエスト外伝 1 パステルの旅立ち (電撃文庫)

税込 627 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

おニブな、お嬢

2004/06/09 15:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カビタ・オジギリ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「ファンタジーなのに妙に現実くさい」それがこのシリーズの特徴ではありましょう。
しかしその世界観に溺れない個性の強烈(!)なキャラクターたち。美形から「だめ男」まで各種取り揃えております。
 そんな中こう言っては著者に失礼かもしれませんが(著書のあとがき等からお察しください!)この主人公パステルという娘、なんと言いましょうかとてつもなく鈍感と申しましょうか。
気の毒に思えてならないのは、使用人という立場上これ以上無いというくらい精一杯の気遣いとアイラブユーを「退職金」の一言で玉砕轟沈されてしまった彼のこと。確かこのFQのシリーズ中に「ジョシュア」なる人物はこの外伝1の初章のほうにしか登場しないと思われます(探してみてください! ふるさとの回想シーンなんかに名前だけ、なんてことも)。
しかしそれでも彼の彼女に対する貢献はこの後も延々と続いていくであろう所に涙せずにはいられないでしょう(私だけか?)。
まだアる。登場人物によっても指摘されている通り、後のパーティのリーダーになる少年とあれほど劇的(?)な出会いをしたにもかかわらず寝食共にしながら生活にうずもれて、ときめくことさえ微塵も無い。
 そう感じられるだけで実際には両親を失ったというショック状態から立ち直っていないだけかもしれないのですが。
そんな彼女も傷つくことだってある。女の子なんですねェ。しかし「母性」に目覚めてしまったことが彼女を強く(?、かつ鈍感に)変貌させてしまったのかもしれません。
なにしろ町に着いたあたりからは悲壮感のかけらも感じられないのですから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/08/02 23:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/05 11:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/06/13 19:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/02 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/19 15:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/21 22:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/02/28 12:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。