サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー プレゼントにお困りですか?クリスマスに届けたい一冊 ポイント5倍キャンペーン(~12/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

死体は語る(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 65件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2001/10/01
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/243p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-765602-7
文庫

紙の本

死体は語る (文春文庫)

著者 上野 正彦 (著)

死体は語る (文春文庫)

572(税込)

死体は語る

530 (税込)

死体は語る

ポイント :4pt / 紙の本より42おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.8MB 無制限
Android EPUB 3.8MB 無制限
Win EPUB 3.8MB 無制限
Mac EPUB 3.8MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー65件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

死者への尊敬と愛情

2009/02/08 18:48

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Y_Akio - この投稿者のレビュー一覧を見る

不自然死の死体を検案,行政解剖することを職務とする監察医の著書である。
一見病死や事故死に見えても,死体をよく調べてその声に耳を傾ければ,死体は色々なことを専門家の観察者に語ってくれる。「私は事故で死んだのではありません。青酸カリで殺されたんです。」といった具合に。
大変面白い。やはり「事実は小説より奇なり」だ。推理小説のファンにとっても面白いだろうし,また刑事訴訟,民事訴訟に関心のある人にとっても面白い。
1989年の著作であるので,内容が古くなっている点があるのはしかたがない。たとえば,父子関係の確定に,今は血液型鑑定でなくDNA鑑定が使われている。また,過労などが原因となって脳出血や心筋梗塞などで急病死したような場合,従来,労働基準監督署は,業務内容と発症の因果関係が不明確との理由で労働災害の認定をしなかった。しかし,監察医らのアピールの積み重ねや裁判所の判決の積み重ねにより,行政もついに労災の認定基準を緩和したのであった。
本書に一貫して流れているのは,著者の死者に対する尊敬と愛情の念である。死因を明らかにすることによって,死者の人権を守っているのである。
それにしても,このように重要な役割を果たしている監察医の制度が,財政の関係で,東京,横浜,名古屋,大阪,神戸の5大都市にしかないというのには,あきれ果てる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

監察医の視点

2017/01/09 09:53

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kaya - この投稿者のレビュー一覧を見る

テレビで上野先生を知り、興味深いと思い購入した本です。
内容が内容だけにグロテスクな描写もあるのではと思いましたが、人間味あふれる温かな視点で書かれておりとても読みやすかったです。
(ひとえに上野先生のお人柄かしらと思いますが)
一人の人が亡くなるということ、故人の背景にある人生や思い……故人の声無き声を明らかにしてくれる上野先生の熱い思い。
胸を打たれて何度も泣きました。
知らない世界を知れる、貴重な本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

死体とは何か

2016/07/03 16:08

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:卯月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

初出はもう20年近く前のものなので、現在とは異なる点もあるが、とても興味深い内容。
物言わぬ死体が、どうして死に至ったかを 鋭い視線と暖かい眼差しで診察している。
死体を題材にした内容であるにもかかわらず、人間味溢れる著者の人柄が表れた文章で とても好感が持てた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

死人に口あり

2018/05/19 12:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:病身の孤独な読者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

法医学の専門家である上野先生のこれまで担当した検体の経験を述べた書籍である。「死人に口なし」ということわざがあるが、本書を読めば、死体から得られる情報は意外にも多くあることがわかる。その情報は些細な異変や報告書との小さな食い違い程度であるが、その小さな情報が「殺人」か「事故」かを決める大きな判決へとつながる。法医学に興味のない方でも、本書から学べることは多いと思われる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

興味深い本

2016/07/28 20:18

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

真実は小説よりも奇なりいう言葉がありますが、作家の創作である作品でも大なり小なり現実の出来事にインスパイアされているだろうなと思わせる本でした。

私たちが生きている間にお世話になる医者(臨床医)が命を守ってくださるように、監察医は死者の生前の人権を擁護しているのだという著者の主張は、スーッとのみ込めるものものでした。

単行本として世に出てから30年近く増刷され続けているだけの理由が分かる、興味深い本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/26 19:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/08 15:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/30 15:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/30 20:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/02 14:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/17 07:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/27 09:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/03 20:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/08 23:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/15 01:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る