サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 三国志 5の巻 八魁の星

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

三国志 5の巻 八魁の星(ハルキ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 41件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.10
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • レーベル: ハルキ文庫
  • サイズ:16cm/303p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89456-896-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

三国志 5の巻 八魁の星 (ハルキ文庫 時代小説文庫)

著者 北方 謙三 (著)

三国志 5の巻 八魁の星 (ハルキ文庫 時代小説文庫)

617(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー41件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

勢力図の大勢が定まり始める

2002/07/19 13:49

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しょいかごねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この巻は全体の流れからすると、曹操と袁紹は官渡の戦いを引きずり、劉備が荊州北部に居を構え、次の巻での諸葛亮の登場の前振りと、どちらかというと前半と中盤の繋ぎの感がある。
袁紹が弱体化し曹操が巨大化していく勢力図変化がウェイトとしては大きいのだろうが、印象に残ったのは張飛と奥さんの話かな。これは全く北方さんのオリジナル挿話だと思うのだけれど、なかなかいい味出しています。
あとは徐庶先生ですね。思うに、これまでは「軍師」という言葉、というか概念はあまり出てこなかったように思う。曹操側にはそれらしい立場の武将はいたかもしれないけど、劉備軍にはいなかったし。その意味で、徐庶の登場と、それに気付いて曹操がにわかに劉備を警戒し始める様子は、「これからは軍師と軍略の時代だ」ということを象徴しているように感じる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

とてもスリリングだ

2001/12/24 22:11

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タツー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この巻をゴルフで言えば、メンバー四人。午前中のコースのパーファイブ。その中で一番長いコースをプレーしている具合だろうか。数多くの勇者が登場し、北方独自の表現がなされる。それぞれの勇者のカラーが北方レンズを通されることで、独特の強弱と歪みが付けられ、物語化した話に引き込まれる。漫画家で言うと、本宮ひろしに似ているか。劇画タッチに話が進められる。とてもスリリングだ。この巻では、劉備にとって最初の軍師とでも言うべき、徐庶が登場する。この巻の最後で、この徐庶により次の軍師が紹介される。このスポットライトのような紹介が、また次の巻も読んでみようと思わせることになる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/08/25 15:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/25 20:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/30 12:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/13 00:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/04 21:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/23 18:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/19 16:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/22 21:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/11 02:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/09 04:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/03 17:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/05 00:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/27 14:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る