サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 三国志 5の巻 八魁の星

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

三国志 5の巻 八魁の星(ハルキ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 41件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.10
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • レーベル: ハルキ文庫
  • サイズ:16cm/303p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89456-896-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

三国志 5の巻 八魁の星 (ハルキ文庫 時代小説文庫)

著者 北方 謙三 (著)

三国志 5の巻 八魁の星 (ハルキ文庫 時代小説文庫)

617(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー41件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

勢力図の大勢が定まり始める

2002/07/19 13:49

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しょいかごねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この巻は全体の流れからすると、曹操と袁紹は官渡の戦いを引きずり、劉備が荊州北部に居を構え、次の巻での諸葛亮の登場の前振りと、どちらかというと前半と中盤の繋ぎの感がある。
袁紹が弱体化し曹操が巨大化していく勢力図変化がウェイトとしては大きいのだろうが、印象に残ったのは張飛と奥さんの話かな。これは全く北方さんのオリジナル挿話だと思うのだけれど、なかなかいい味出しています。
あとは徐庶先生ですね。思うに、これまでは「軍師」という言葉、というか概念はあまり出てこなかったように思う。曹操側にはそれらしい立場の武将はいたかもしれないけど、劉備軍にはいなかったし。その意味で、徐庶の登場と、それに気付いて曹操がにわかに劉備を警戒し始める様子は、「これからは軍師と軍略の時代だ」ということを象徴しているように感じる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

とてもスリリングだ

2001/12/24 22:11

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タツー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この巻をゴルフで言えば、メンバー四人。午前中のコースのパーファイブ。その中で一番長いコースをプレーしている具合だろうか。数多くの勇者が登場し、北方独自の表現がなされる。それぞれの勇者のカラーが北方レンズを通されることで、独特の強弱と歪みが付けられ、物語化した話に引き込まれる。漫画家で言うと、本宮ひろしに似ているか。劇画タッチに話が進められる。とてもスリリングだ。この巻では、劉備にとって最初の軍師とでも言うべき、徐庶が登場する。この巻の最後で、この徐庶により次の軍師が紹介される。このスポットライトのような紹介が、また次の巻も読んでみようと思わせることになる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/08/25 15:05

投稿元:ブクログ

強大な袁紹軍を官渡の戦いで退けた曹操は、ついに河北四州の制圧に乗り出した。軍勢を立て直した袁紹との再戦にも勝利し、曹操軍は敵の本陣である黎陽を目指す。袁紹の死、さらには袁家の内紛が、曹操に追い風となる。暗殺された孫策の遺志を継ぎ、周瑜とともに江夏を攻める決意をする孫権。張飛との戦いに敗れ、飛躍を目指し放浪を続ける張衛。そして荊州の劉備は、放浪の軍師・徐庶と出会い、曹操軍の精鋭と対峙する。北方<三国志>待望の第五巻。

2008/10/25 20:59

投稿元:ブクログ

2008年10月23日読了。

間がずいぶんあいてしまいましたが、5巻目読み終わりました。
間があいても、基本の物語は頭に入っているので、すぐに物語に入り込めた。
この巻は張飛ががんばってましたね。張飛かっこよすぎ。嫁もかっこいいですが・・・
張飛かっこよく書きすぎてませんか????

個人的に好きな関羽や張遼があんまり出てこないのでちょっと、欲求不満?でも面白いです。
ビジュアルに訴えてくる文体ですね。

2006/07/30 12:55

投稿元:ブクログ

実は、こんな本も読んでます(しかも、かなりハマりました)

きっかけは思い出せないほど偶然に、読み始めたのですが、
途中で、止めるなんて無理でした

北方謙三氏の才能によって、歴史小説なんて域を超えてます

通勤の満員電車の中で読んでいて、涙が止まらなくなることも
しばしば・・・

十三巻という大作ですが、ぜひ一度!

2007/12/13 00:08

投稿元:ブクログ

でかくなる曹操。孫権も次第にでかくなっていく。ただ劉備のみいまだに小さい。関羽や張飛と出会って20年以上。劉備に成り上がる機会は訪れるのか?

5巻目にしてとうとう諸葛亮の名が!

2012/02/04 21:27

投稿元:ブクログ

曹操が河北四州を制圧。軍師・徐庶が劉備と出会う。

張郃がまともなのが意外。
周瑜が孫権と孫策について語ったり、思い返したりするところが呉の話としては楽しみ。

2012/04/23 18:19

投稿元:ブクログ

袁紹の死。ってか必ず誰か死んどるな。
悲しいけどこれって戦争なのよね。
徐庶が魏に引っ張られたり。
郭嘉が頭角を現してきたり。

2008/12/19 16:09

投稿元:ブクログ

「なにもかも、放り出せる。たった一ひとつのことを除けば」
「なんです、そのひとつのこととは?」
「志」

2009/08/22 21:00

投稿元:ブクログ

己が手に天運を掴み阿修羅が駆ける!ついに乱世に屹立した曹操。行く手を阻む者たちの影が、ようやく動き出す。志、野望、そして誇り。男たちは何を賭けて闘うのか。曹操の覇道、いまだ遙かなり。

2014/06/11 02:40

投稿元:ブクログ

最後まで好きになれなかった袁紹がとうとう。。これで大きく流れが変わっていってこれから面白くなりそう。最後の最後で孔明の名前が出てきて、かなりテンション上がりました。劉備軍の活躍がやっと見られるかな。

2009/10/09 04:40

投稿元:ブクログ

2009年10月9日読了。
相変わらずキャラクターが濃い。
曹操の鮮やかな判断と有能な臣下たちの仕事っぷりに惚れた。
劉備たちの絆の強さに胸が熱くなる。男の友情や繋がりって憧れる。
孫家は思わず応援したくなる脆さがある。多分、孫権が他の武将や大将に比べて若いからだと。
後世にまで名を残しているあの奇才もいよいよ乱世に姿を現すみたいだし、次巻に期待期待!

2009/05/03 17:18

投稿元:ブクログ

曹操による、官渡の戦い後の河北4州平定がメインとして描かれます。
過酷な戦地にも、自ら先陣をきって赴く曹操がかっこいい。

http://ameblo.jp/eisin/entry-10252993563.html

2010/11/05 00:10

投稿元:ブクログ

 張飛がかっこいい。
 まさかのロマンス展開。ぜんぜんロマンスじゃないんだけど、そもそも色恋沙汰がないから輝いて見える。

 今更ですが、4巻では関羽が格好よかったです。

2010/01/27 14:38

投稿元:ブクログ

官渡の戦いで袁紹軍を退けた曹操は、河北四州の制圧に乗り出す。袁紹との再戦にも勝利した。そして、袁紹が死に孫策は暗殺される。