サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~5/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  ~今読むべき~ ビジネスに効く教養 ポイント5倍キャンペーン ~6/23

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 27件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.10
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • サイズ:20cm/330p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-492-22205-7

紙の本

数学嫌いな人のための数学 数学原論

著者 小室 直樹 (著)

数学の本質は論理であるという著者が、数学の歴史的説明から、アリストテレスの形式論理学のエッセンス、方程式と恒等式の判別など、数学が弱い日本人のために、あらゆる数学の理論に...

もっと見る

数学嫌いな人のための数学 数学原論

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

数学の本質は論理であるという著者が、数学の歴史的説明から、アリストテレスの形式論理学のエッセンス、方程式と恒等式の判別など、数学が弱い日本人のために、あらゆる数学の理論について解説。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

小室 直樹

略歴
〈小室直樹〉1932年東京生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科修了。ミシガン大学、マサチューセッツ工科大学、ハーバード大学各大学院で研究生活を送る。著書に「小室直樹の資本主義原論」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー27件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

「数学書」とはちょっと違います。

2002/01/05 00:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たーさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 タイトルを見て、「数学再入門」のような内容を期待して読み始めた。ところがいきなり、古代イスラエルの宗教から話が始まる。正直言って面食らってしまった。以後、話題は数学のみならず、形式論理学、自然科学、物理学、経済学等々誠に多彩かつ、神出鬼没。
 こんな風に説明すると何のことやらわからないが、とにかくこの本を貫くテーマは、形式論理学を味方につけ最強の学問となった数学の効用。物事の真偽を本当に100%証明できるのは数学の方法だけであり、他分野においても現に採用され、強力な武器となっているのだ。
 数学教育の質を落とそうとする最近の流れに反対する著者の意見に賛成したい。受験以外に目的を見出せない現状をまず問題とすべきである。数学を学ぶことに大変な価値があることに気づかなければならない。
 なお、多種多様な内容を一気に読ませる著者の力量には感服させられる。時に、ちょっと短絡的ではないかと思わせる箇所もあるが…(限られた紙幅ではいたしかたないか?)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

小室直樹入門の1冊

2001/12/09 02:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:阿Q  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「数学原論」の名に相応しく、まさに数学の「根っこ」の部分について書かれていて結構面白い。特に、古代イスラエルの宗教〜キリスト教あるいは仏教といった宗教絡みのお話から、形式論理学、そして経済学のお話へと際限なく(でも散漫にならず)広がっていくところは、「さすが小室直樹」といった感じだ。これは、きっと小室ファンにはたまらない王道的な展開なんだろう。

 『数学嫌いな人のための数学』と銘打ってあるし、もしかしたら数学の苦手な高校生、大学生が買っちゃって、後悔するのかも。彼等が求めてるだろう安易な苦手克服法伝授本ではないし(笑)。でもそういう人が最後まで読みとおしたら、勉強の楽しさとかそういったものを感じられるようになるかもしれない。その意味では「引っ掛かってくれた方が…」と思わなくもない。

 ちょっと苦言を呈すなら、「同じようなネタで書き過ぎてないかい?」といったところか。そう考えると本書は比較的「小室直樹初心者向け」なのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

数学論の決定版!

2001/10/28 20:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:だり - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「数学原論」といっても、数学の教科書ではなく、小室ワールドそのものだ。
 小室直樹氏は、まさに「大先生」と呼ぶにふさわしい人物だ。経済学と社会学を中心に、あらゆる分野に精通している。ソ連の崩壊を早くから予測したことで知られている。日本人ばなれした論理的思考の人であり、「『自分が知らないこと』を知らない」というほどの人だ。しかし、氏の中核をなす分野は、やはり「歴史」だろう。特に最初の数十ページでは、数学の話はめったに出てこない。「数学は神の論理である」というテーマで、古代イスラエルでの論理、中国での論理などを、歴史を中心に延々と語り続けるという、小室ワールドが展開する。
 そして、読んでいるうちに目からウロコが落ちた気持になる。「数学嫌いな人のための数学」というとおり、数学になじめない人、というより論理的思考が苦手な人を啓蒙する本だ。なぜならば、日本の精神的な土壌の中に、「神の論理」というほどの絶対的なロジカル・シンキングは、やはり乏しいからだ。憂国の士である著者は、日本人を啓蒙したいという情熱に燃えている。だから、この本は、とことんわかりやすく書かれている。わかりやすさを徹底的に追求している。もちろん、それでも理解できないヒトもいるかもしれないが(笑)。
 それはともかく、できるだけ多くのヒトが読んで、数学(つまり論理)に強くなってほしいとおもう。ロジカル・シンキングに強くなれば、日本がさらに先進的な国になるのはまちがいない。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

数学とは神の論理なり

2001/12/16 17:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オリオン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 小室直樹の原論シリーズ──『国民のための経済原論1・2』(光文社)『小室直樹の資本主義原論』『日本人のための経済原論』(以上、東洋経済新報社)『日本人のための宗教原論』(徳間書店)──に数学が加わった。出版元を見れば明らかなように、最近のロジカル・シンキングや学習ブームに乗ったビジネスマンのための数学原論で、入門と銘打たないところに著者の真骨頂がある。

 つまり「数覚(数学的真理を感得する知覚)」などはどだいあるかないかの存在の問題であって、数学世界への門は万人に開かれているわけではない。だから西欧原産の数学の論理のエッセンスと、それが世界のOSとしていかに力を振るってきたか(いるか)を万人向けに、とりわけ「論理音痴の日本人」のために語ってきかせようというわけだろう。

 それでは西欧原産の数学の論理とは何か。例によってその基本は「世界史を動かす原動力は宗教と経済の相互作用である」とするマクス・ヴェーバーのテーゼで、宗教と経済を結ぶものこそ数学の論理、つまり形式論理と証明の技法である。

 数学とは神の論理なり、と著者は言う。ここでいう神は宗教の天才古代イスラエルの民が育んだ唯一絶対的人格神である。そして論理とは「神と人との論争」のための方法であった。この論理が古代ギリシャにおいて論証(証明)を旨とする数学と合体して(「これは世界史における画期的大事件である」)、アリストテレスの形式論理学に結実した。
 形式論理のエッセンスは自同律と矛盾律と排中律。この三原則を理解すれば、なぜ西欧社会に資本主義が生まれたかが分かる。資本主義の神髄は形式合理性=計算可能性であり、その根幹は私的所有権の絶対性と抽象性、すなわち観念化=論理化=数学化の確立にあったからだ。また、証明の技法のエッセンスは必要条件と十分条件。これだけを理解すれば必要十分なのだが、おそらく十万人に一人も分かっちゃいないだろう、必要条件や十分条件を滑らかに使いこなせるようになっていないと本当に理解したとは言えないのだと著者は言う。

 数学の論理の凄さは、たとえば方程式と恒等式の違いが分かればケインズのモデルが理解できることにある。ケインズのモデルというのは、最も単純化すれば「Y(国民生産,国民所得)=C(国民消費)+I(国民投資)」「C=aY,a:限界消費性向」「I:定数」で示される有効需要の原理をいうのだが、これを「Y≡C+I」と恒等式で表示するとセイの法則になる、等々。

 こうした表面的な事柄だけを抜き出してみても本書の凄みは伝わらない。語りおろし速成本(だと思う)特有の叙述の乱れや飛躍が散見されて、とても文章を噛みしめて味わうといった類の書物ではないのだけれど、執拗なまでに繰り返される中国人の論理や日本人の非論理、もう一つの社会のOSである法律の論理(嘘の効用)との比較、歴史の引用、科学や数学の方法と論理をめぐるかなり高度な議論(だと思う)など、なかなかどうして一筋縄ではいかない奥行きをもっているし、何よりも小室直樹という人が生きた論理とでもいうべき凄みをもって読み手の脳髄に直接ぐいぐい迫ってくるのである。ちょっと持ち上げすぎかもしれないが、読者の力量に応じていかようにでも読める本だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

タイトルとは違う内容

2002/05/18 10:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぶん - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルから、数学が苦手な人でも数学を理解できるようになり、数学の見方が変わっていくという内容を予想していたが、予想に反し、数学がいかに重要かということを繰り返し、繰り返し説く本だった。

読んでみて、数学の重要性は分かったが、その啓蒙は、このタイトルの本を読もうとする読者に対しては不要な気がする。なぜなら、数学が重要だと分かっていながら、できない・やりたくないと思っている人がこのタイトルに飛びつくはずだからだ。

この内容では、このタイトルは似つかわしくないと思う。タイトルはキャッチコピーの役割もあるが、一番の役割は内容を的確に表現することではないのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本の題名は内容に沿ったものに

2002/05/12 08:22

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:昔の蛍光灯 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本の題名で、数学が嫌いで好きになりたい一心で買わされた読者は、
この本の内容では、たまらないのではないだろうか。
すばらしい著書だったのだろうけど、
もう少し、読み手のことを考えて書いていただけたらと思う。

数学を啓蒙させる本という観点からは、難しすぎるのでは。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/03/05 18:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/09 09:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/23 15:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/02 14:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/20 07:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/17 09:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/07 04:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/03/18 11:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/10 20:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。