サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

残響
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.11
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/313p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-602653-8
  • 国内送料無料

紙の本

残響 (新潮エンターテインメント倶楽部SS)

著者 柴田 よしき (著)

聞こえるはずのない残響が、今も私を苦しめる−。心の闇から溢れ出す「力」に傷つきながらも、懸命に生きる杏子が遭遇した様々な悪意を描く連作ミステリー。【「TRC MARC」の...

もっと見る

残響 (新潮エンターテインメント倶楽部SS)

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

聞こえるはずのない残響が、今も私を苦しめる−。心の闇から溢れ出す「力」に傷つきながらも、懸命に生きる杏子が遭遇した様々な悪意を描く連作ミステリー。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

柴田 よしき

略歴
〈柴田よしき〉東京生まれ。「RIKO−女神の永遠−」で第15回横溝正史賞を受賞、作家活動に入る。他に「少女達がいた街」「貴船菊の白」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

DVから立ち直ろうとする一人の女性のストーリー

2001/12/31 11:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かったん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 夫から暴力を振るわれ、夫と離婚してもその残映に苦しむ杏子。そんな杏子に「残響」という特殊能力がもたらされた。「残響」は、杏子に、空間に残された怒り、悲しみ、そして様々な思いを語らせる。様々な事件解決の糸口を提供することになった杏子。耳そして感覚を研ぎ澄ませ、「残響」を捉えようとする杏子に、DVによるトラウマから解き放たれる時が来た。
 夫、そして恋人から暴力を振るわれることは、身体だけでなく、愛する人から心に大きな傷を与えられる。その残酷さだけでなく、筆者は愛と、人間への信頼を込めて作られた物語である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

過去からの声

2001/12/27 20:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:亜美  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ドメスチック・バイオレンスをテーマにした作品という先入歓で読んでみましたが。それだけではなく、再生がテーマの作品です。
 私は、薔薇の花束の送り主はぜったい○○だと思ったのですが、実際はどうなんでしょうね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

夫の虐待がきっかけで身に付いた特殊能力を事件解決に生かすヒロイン

2002/01/30 22:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:千街晶之 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 異界の村で起きた殺人を描く『風精(ゼフィルス)の棲む場所』や吸血鬼居住区を舞台にした『Vヴィレッジの殺人』など、このところ幻想的設定の本格ミステリを意欲的に発表している柴田よしき。本書『残響』は、それらの作品の中でも群を抜く出来映えを誇る連作短篇集である。

 ヒロインの鳥居杏子は、かつて暴力団員・石神と結婚し、それなりに幸せな生活を送っていたが、彼の暴力がもとで流産してしまう。自分の子を殺した事実に耐えられなかった石神は、杏子に暴力をふるい、彼女に責任を押しつけることで罪の意識から逃れようとする。そんな日々を過ごすうち、杏子に過去に誰かが発した声を聴き取る能力が発生した。その能力によって、近所で起きた殺人事件を解決に導いた彼女は、やがて石神と離婚し、歌手として第二の人生を歩もうとする。しかし、そんな彼女の能力をどこからか聞きつけて、未解決事件の真相を暴いてもらおうとする人々があとを絶たない。しかも厄介なことに、彼女の能力は、石神と一緒にいるときにしか発動しないのだった……。

 特殊能力を持った探偵役は決して珍しくないけれども、自分を虐待した相手と一緒でなければ能力が発動しないため悩んでいる探偵役というのは、ちょっと他に例がない。しかし彼女は第一話「呟き」で、石神のいないところで一度だけ、過去からの声を聴き取った。独りでもこの特殊能力を発動させることは可能なのか、自己の可能性に挑んでみる杏子。そんな彼女のもとに、好むと好まざるとに関わらず舞い込んでくる事件の数々。ある事件が自分の特殊能力のせいで起きたことを知った彼女は、力を封印すべきではないかとまで悩むのだが……。
 果たして杏子は石神の呪縛から逃れられるのか、そして彼女の特殊能力はどうなるのか。読み進めるうちに、読者は彼女を応援せずにいられなくなるに違いない。

 第一話で杏子と知り合い、やがて彼女の友人となる警視庁の女性刑事・葵をはじめ、脇役の人物造形もきめ細やかで、読者の共感を呼ぶ。デビュー作『RIKO——女神(ヴィーナス)の永遠』以来、女性であることの喜びと苦しみを女性ならではの視座から描いてきた著者だが、本書はその独自のテーマ性と、ミステリとしての巧みな仕掛けが矛盾なく融合した秀作であり、彼女の新たな代表作と呼ぶに相応しいのではないだろうか。 (bk1ブックナビゲーター:千街晶之/ミステリ評論家)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

過去と向き合う杏子の未来は…

2002/01/07 21:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山村まひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 夫からのドメスティック・バイオレンスをきっかけにして、杏子に目覚めた力、それは、場に残された「残留思念」に共鳴して、過去に交わされた会話を再生してしまう特殊能力だった。
 クラブ歌手として生活しながらも、別れた夫・石神の影に脅える日々。そして「力」ゆえに、否応なく事件に引きずり込まれてしまう杏子が、過去の亡霊と向き合い、やがて自らの手で幸せを掴み取ってゆくまでを描いた、連作ミステリー。

 特殊な能力が事件解決の重要な手がかりになる、というお話なので、ミステリーという感じはあまりしません。けれど、杏子の力がつかわれてから事件が解決するまでに、真相が一転二転するし、なにより、杏子や彼女をとりまく人々の葛藤や、心のふれあいが丁寧に書かれていて、読後感がとても良いのです。

 未来に向かって羽ばたこうとしている杏子に拍手を…。

初出「うたたね通信社」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/24 15:01

投稿元:ブクログ

主人公が超能力をもっているという設定なので、謎解自体はあっさりしている。
が、その能力を持つことによる苦しみ、そしてそれを乗り越えていく姿をメインに描かれているので、主人公杏子と咲枝の関係の変化に注目
(2002.5.10)

2007/03/22 10:01

投稿元:ブクログ

不思議な力を持った女性。過去を乗り越えるまでのお話。面白かったです。柴田さんは刑事ものだけでなく、こうした超常現象を書くのも上手い。

2012/07/17 01:42

投稿元:ブクログ

犯罪現場で「過去の声を聞く」能力を持つ女性の連作ミステリー。
謎解きよりも主人公が自立していく様が中心のよう。
ラストは感動。
この作家さん、短編のほうがすっきりまとまっていいと思う。
(図書館)

2007/03/11 13:45

投稿元:ブクログ

過去の音が聞こえる女の話。
この人は、短編小説を書くのがうまいな、と感じた。
小説家に対してかなりえらそうだな(苦笑
素直に面白いと感じた。

2007/02/01 23:10

投稿元:ブクログ

内容(「BOOK」データベースより)
頭の中に反響する声…それは、過去から運ばれてきた聞こえるはずのない「声」。
ドメスティック・バイオレンスから逃れ新しい人生を歩きだした杏子の抱える闇が残留思念と共鳴したとき、
時間の底に眠っていた冷たい真実が浮かび上がる!特殊な能力を持つが故の苦悩を静謐なタッチで描いた連作ミステリー。

2013/10/07 02:16

投稿元:ブクログ

世の中には誰にも頼らずに自分の力だけでやっていかれる人間なんてそうそういやしない。上司の命令に何も考えずに聞いてその通りに行動している方が楽だといつも思っている。たとえそれが理不尽で朗かに間違っているように思えるような目例でも、それに従っているだけであれば自分の責任ではない、そう考えてしまうんです。

2010/01/14 22:31

投稿元:ブクログ

これはいい。良すぎ。「過去の声を聞く」ってのが面白い。サイコメトリックともまた違うんだよね。主人公の心情の変化も絡んできて、面白いし哀しいし切ない。
物語としては「気泡」が好きだけど。やっぱり一番いいのは表題作であり最終話でもある「残響」。このラストは絶対泣く。