サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

わが闘争 完訳 改版 正上(角川文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 34件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.10
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/506p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-322401-X

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

わが闘争 完訳 改版 正上 (角川文庫)

著者 アドルフ・ヒトラー (著),平野 一郎 (訳),将積 茂 (訳)

わが闘争 完訳 改版 正上 (角川文庫)

864(税込)

わが闘争(上)

864 (税込)

わが闘争(上)

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

ジュンク堂書店新宿店

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー34件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

読むのに疲れる本

2010/05/22 17:15

8人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:萬寿生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 断片的にある一つ一つの文を読むと、至極真っ当なことを述べているところも多数ある。そして突然、民族主義、国家主義、軍国主義、人種差別主義、反ユダヤ主義、帝国主義、領土拡張主義の主張が現れ、めまいを覚える。前後の文脈との関連が読み取れない。たいした理由も根拠も示すことなく自己の感情、信条を表明しているだけである。知性の劣る大衆にたいしては、問題点を一つに絞り単純化して、繰り返し宣伝する、ということが力説されてもいる。論理に飛躍があっても、単純化された主張を、感情的にいろいろと繰り返されると、大衆説得力がでてくるようだ。
 第一次世界大戦敗戦直後の、人心や社会や政治の状況を観察し把握する能力は、勝れていたようだ。その点に関してはまともな分だけ、政治的天才であった分だけ、主義主張の扇動者として危険であったことは、後の歴史が示している。
 部分的な内容にとらわれるのではなく、全体的な論理を把握しないと、煽動されて同調してしまう可能性が今でもありそうで、反面教師となる。
 読むのに疲れる本である。
 訳者序から 
「戦争体験なき世代こそ、この書を読むべきではないだろうか。この書をくもりなき目で読み、客観的に判断することが、この世代にとって必要であり、戦後の教育を受けたものなら、十分な批判力をもって読むことができるのではないか。議会主義という近代民主政治の最低擁護線を確保し、ファシズム勢力の台頭を予防するためにこそ、ナチ勢力の伸長過程とナチの論理をつぶさに見ることが必要なのではないか。
 ヒトラーの論理ー極端な国家主義、なかんづくプロイセン=ドイツ軍国主義という大前提にささえられた、単純でしかもしばしば飛躍があるが、大衆説得力を持つ論理ーを見抜いて欲しい。とくにマルクシズム=西欧的議会制民主主義=ユダヤ主義と考える場合のヒトラーの大衆の心に火をつけるような煽動的言辞のなかの論理の飛躍に、注意して欲しい。
 『第三帝国を建設し、これを情け容赦なく、しかもしばしば非凡な抜け目なさで統治し、あのような目もくらむような高みと、あのような悲惨な最後に導いた人物は、邪悪であったが、疑いもなく天才であった。』
 かかる狂気の天才に活動の場を与えた国民大衆の側の責任、ヒトラーのことばの魔術に幻惑されるような政治的、あるいは精神的な幼稚さの責任について、他山の石として考えて欲しい。」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/12/25 23:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/06 21:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/11 14:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/28 18:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/28 19:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/16 08:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/03 13:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/13 23:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/30 22:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/10 07:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/06 02:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/21 17:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/05 00:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/10 16:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る