サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

会員600万人突破 大感謝祭  ~1/11

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発行年月:2001.10
  • 出版社: 春秋社
  • サイズ:22cm/300p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:4-393-93015-0
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

音楽論 全訳と手引き

著者 ヨハンネス・デ・グロケイオ (著),皆川 達夫 (監修),金沢 正剛 (監修),高野 紀子 (監修),中世ルネサンス音楽史研究会 (訳)

ヨーロッパ音楽の理論的基礎を形成した13世紀の画期的かつ貴重な文献であるグロケイオの音楽論の全訳と、研究者による論考を収載。アリストテレス哲学に依拠する経験主義的な視点か...

もっと見る

音楽論 全訳と手引き

税込 5,280 48pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ヨーロッパ音楽の理論的基礎を形成した13世紀の画期的かつ貴重な文献であるグロケイオの音楽論の全訳と、研究者による論考を収載。アリストテレス哲学に依拠する経験主義的な視点から、中世世俗音楽の実像に迫った音楽論。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

音楽論 17-134
グロケイオとその時代 正木光江 著 137-152
中世の音楽理論 樋口隆一 著 153-164

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

神学、天文学、数学とひとつだったころの音楽理論

2001/10/29 12:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:小林浩 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ヨハンネス・ティンクトリスの『音楽用語定義集』(1979年、シンフォニア)の邦訳に続く、中世ルネサンス音楽史研究会による地道な研鑚の大きな成果が刊行された。13世紀末の人グロケイオのヨハンネスは、当時スコラ哲学最盛期のパリ大学で教鞭を執っていた聖職者だったとされており、中世における音楽理論の重要文献のひとつである本書『音楽論』を著した。音楽史でいうところのアルス・アンティクァ(旧技法)からアルス・ノヴァ(新技法)への移行期、高度な多声音楽が展開していく時代に成立したと推察される本書は、プラトンの『ティマイオス』や、アリストテレスの『自然学』、ピュタゴラス派の「調和」論への言及から出発して、音楽の原理としての「協和音」について語り、続いて音楽を三つ(世俗音楽、計量音楽、教会音楽)に分類し、解説する。古代ギリシアにおいて天文学や数学とひとつのものだった音楽学は、中世において神学のもとに受け継がれていく。原典の邦訳と詳しい注に加え、六篇の周到な解説論文が、西洋音楽の源流を浮かび上がらせる。貴重な本だ。

※音楽と人間精神のつながりを読み解く新刊→「ベートーヴェンの日記」「音楽のエゾテリスム」

→人文・社会・ノンフィクションレジ前コーナー(10/29分)より

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。