サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

【宅本便】ブックオフキャンペーン2019年 4/9-5/8(期間延長)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 芸術・アートの通販
  4. 絵画・版画の通販
  5. 福音館書店の通販
  6. ぼくらのなまえはぐりとぐら 絵本「ぐりとぐら」のすべて。の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ぼくらのなまえはぐりとぐら 絵本「ぐりとぐら」のすべて。
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.10
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:22cm/238p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8340-1777-X

紙の本

ぼくらのなまえはぐりとぐら 絵本「ぐりとぐら」のすべて。

著者 福音館書店母の友編集部 (編)

「ぐりとぐら」シリーズを様々な角度から楽しむ本。制作の舞台裏、Q&A、作品論から物語にちなんだ料理、手芸まで「ぐりとぐら」の楽しさがギッシリ。付属CDには英・中・韓の3カ...

もっと見る

ぼくらのなまえはぐりとぐら 絵本「ぐりとぐら」のすべて。

税込 1,836 17pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「ぐりとぐら」シリーズを様々な角度から楽しむ本。制作の舞台裏、Q&A、作品論から物語にちなんだ料理、手芸まで「ぐりとぐら」の楽しさがギッシリ。付属CDには英・中・韓の3カ国語の全文朗読やぐりとぐらの歌等を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (9件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

へえ、ぐりぐらのモデルはミイラにされたネズミの標本だったんだぁ!名前の由来もわかり、付録CDでふたりのテーマソングのメロディーもわかる、ごきげんなガイドブックの登場。

2001/10/21 20:11

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ(JPIC読書アドバイザー) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 40に乗ってしまっている私は、不幸にして『ぐりとぐら』をくぐることなく大人になってしまったのだけれど、本文にオープンにされている驚異的な総部数は、2001年8月10日現在で、
  『ぐりとぐら』450万部
  『ぐりとぐらのおきゃくさま』190万部
  『ぐりとぐらのかいすいよく』131万部
  『ぐりとぐらのえんそく』104万部
  『ぐりとぐらとくるりくら』48万部
  『ぐりとぐらとすみれちゃん』39万部
  『ぐりとぐらの1ねんかん』33万部
ということ。
 どれだけ多くの人たちが、どれだけ多くの機会、この小さな人気者たちと楽しい時間をくぐってきたのだろうと考えると、くらくら目まいがしてしまう。

 前の晩に眠るとき読み聞かせてもらった絵本が、翌日再び幼稚園や保育園で登場なんてこともあるだろう。1冊を何人かの友だちで楽しんだ経験を考えれば、これらの絵本に触れた人の総数は、部数としてカウントされている数の何倍かにふくらむ。
 しかも、この部数には、<こどものとも>というペーパーバック時代の数は含まれていないという(ただし、すみれちゃんの本はまだペーパーバックだけの出版)。
「ぐりぐら」の偉大さをいつまでも数字的に追っているだけじゃ仕方ないが、いやはやそれだけでも国民的、歴史的絵本という証しではないだろうか。

 それに、ファンが多いからこそ、このガイドブックは成り立ったのだ。糸井重里、小林ケンタロウ、南美希子ほか有名人たちの手になるぐりぐらに寄せる思いのエッセイ、読者から寄せられたぐりぐらのコスチュームや折り紙、人形の作り方などが本文に盛り込まれている。
 絵本から受け取った楽しみを、皆がそれぞれに振幅させて別の楽しみに広げている様子がわかって、とても興味深い。
 なかでも私が一番うれしかったのは、付録のCDである。
  「ぼくらのなまえは ぐりとぐら
   このよで いちばん すきなのは
   おりょうりすること たべること
   ぐり ぐら ぐり ぐら」
 このふたりのテーマソングに、自分なりの妙な節をつけながら読み聞かせをしてきたのだけれど、ほかのお母さんや先生などは一体どんな感じで歌っているのだろうかと考えていた。
 全国の読者から応募があったたくさんの譜面が本文に掲載された上、10編がCDに録音されている。弾むようなメロディーの数々に、なるほどねえと感心させられる。

 このテーマソングのメロディーとともに、ファンとしての大きな喜びは、ぐりぐらのスケッチモデルや名前の由来など、創作秘話が明かされた作家・画家姉妹コンビの対談である。

 好きなものがいっぱい出来て数えられるのって、何より幸せなことだと思う。その幸せを周りの人たちと分かち合うのに役立つ話題や情報でいっぱいなのだ、この本は。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ぐりとぐら

2015/10/20 18:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

いままでのぐりとぐらに出てきたキャラクター紹介や、食べ物のレシピも載ってて、大満足な一冊。大人になって読みたい本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

歌うものだったのね…。

2002/01/14 08:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まーしゃ@B◎◎KRACK - この投稿者のレビュー一覧を見る

 うっふっふっふ。でましたよ、ぐりぐら本。昨年の「母の友」12月号で、ぐりとぐらの歌が、どんなふうに歌われているか、という特集がありました。

ぼくらの なまえは ぐりと ぐら
このよで いちばん すきなのは
おりょうりすること たべること
ぐり ぐら ぐり ぐら

ってやつです。わたしはふつうに読むだけだったので、みんな歌っているんだーとびっくりしたのを覚えています。この応募がたくさんあったことが元になって、今回、ぐりぐら本が出版されることになったそうなのですが、10種類の歌の他、9カ国語で朗読されるぐりとぐらのCDもついてるこの本は、手にとっただけで笑みがこぼれるほどの、愛しい本です。作者である中川李枝子さん、山脇百合子さんのお話はもちろん、いろいろなかたのぐりぐら話、あの「カステラ」のつくりかた、ぐりぐら変身スーツ(?)のつくりかたも載ってます。

 小物好きのわたしのお気に入りは、ぐりぐらのファッションや登場人物の解説“「ぐりとぐら」の世界をのぞいてみれば。”です。『ぐりとぐら』より、どちらかといえば『いやいやえん』ファンのわたしとしては、ついつい「やまのこぐ」や「おおかみ」をチェックしてしまうのでした。

 どこから読んでもにっこりしてしまうかわいい本です。「ぐりとぐら」中国語朗読は、芸として身につけようかと思います。

【B◎◎KRACK】 No.106●ちょっとおおきな本棚 2001/10/31発行

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やっぱりカステラ作ってしまうでしょ

2002/04/13 20:48

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しなもんR - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ぐりぐらファンにはたまらない一冊! なんといってもあのカステラやクリスマスケーキの作り方が、おいしいそうな写真と一緒に載っています! 「ぐりとぐら」「いやいやえん」他数々の本にでてきたキャラクター達の関係? や紹介も見逃せない。作者のお二人がどんな気持ちでどんな風に「ぐりとぐら」を誕生させたのか、その背景を知るとまたひと味違います。小さい頃読んでもらった記憶をよみがえらせて、息子とカステラ作ってみようかな。指人形もすぐ作ってみたくなるかわいさです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/11/12 21:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/07 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/08 00:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/12 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/10 17:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/25 20:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/11 20:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/06 20:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/14 23:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/06 00:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/14 10:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。