サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 石川くん 啄木の短歌は、とんでもない!

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

石川くん 啄木の短歌は、とんでもない!
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.11
  • 出版社: 朝日出版社
  • サイズ:19cm/180p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-255-00123-5
  • 国内送料無料

紙の本

石川くん 啄木の短歌は、とんでもない! (ほぼ日ブックス)

著者 枡野 浩一 (著),朝倉 世界一 (画),糸井 重里 (監修)

友達が俺よりえらく見える日は/花を買ったり/妻といちゃいちゃ 石川啄木ってこんなやつだったのか?! インターネット上の「ほぼ日刊イトイ新聞」に連載されたコラムを1冊にまと...

もっと見る

石川くん 啄木の短歌は、とんでもない! (ほぼ日ブックス)

756(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

友達が俺よりえらく見える日は/花を買ったり/妻といちゃいちゃ 石川啄木ってこんなやつだったのか?! インターネット上の「ほぼ日刊イトイ新聞」に連載されたコラムを1冊にまとめたもの。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

枡野 浩一

略歴
〈枡野〉1968年生まれ。ライター。歌人。作品に短歌集「ますの」、詩集「ガムテープで風邪が治る」ほか多数。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.0

評価内訳

こんなんで良いんですか…?

2002/05/23 13:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やよ - この投稿者のレビュー一覧を見る

石川啄木なんて「短歌書いてた人でしょ?」って事くらいしか知らなかった。
短歌なんて全然興味の無かった私が短歌にはまりました。

昔の言葉を今の言葉におもしろおかしく
書き直しているので意味もわかりやすく、
教科書には書いていない石川君の素顔が見れて
ショックだったりおかしかったり…
国語の教科書がこんなのだったら皆喜んで勉強しますね。

余談ですが、この本を読んでいたら皆に
「何表紙に落書きしてんの?!?」と言われました(笑)
私が書いたわけじゃないのに…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

啄木ってすごかったんだ

2002/02/24 05:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きーよ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 啄木の短歌を初めて読んだのは学校の教科書であった。意味を教え込まれ、受験のためだけに覚えた。短歌を味わうではなく、「これは重要である」と先生が言うのでそのまま暗記したのである。意味も言葉も、どういうふうに「重要」なのかも考えぬまま。受験が終わると、なにもかも忘れた。
 しかし、本のタイトルどおり、啄木の短歌はとんでもなかった。この本に出会わなければ、わたしは啄木をすごい人とは思わずに一生をすごしたかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/12/10 00:09

投稿元:ブクログ

へぇ、石川くんて、意外にきちくなんだね……。
電車でおもわず吹いてしまった一冊です。
しかし友達に貸したら表紙はお前がやったのか、と誤解されました。ち、ちげーよ。

2006/10/06 03:29

投稿元:ブクログ

かねて「不来方のお城の草に寝転んで」の来ない方の城って何なの?と思っていました。不惑を超えて、やっと百年前の青春の謎が解けました。

2006/05/02 15:28

投稿元:ブクログ

石川啄木、石川くんが大好きになっちゃう本。
はたらけど
はたらけど猶わが生活楽にならざり
ぢっと手を見る
・・・ってあんた働いてないのに何抜かす==(笑)
と、つっこみながら石川くんの事を教えてくれます。
短歌が身近なものになる。

2006/09/22 23:13

投稿元:ブクログ

啄木の短歌の現代語読み替え・枡野浩一のコラムつき。石川啄木、けちょんけちょんにされてます(笑)が、これも枡野さんなりの愛情表現ということで。面白かった。

2007/06/16 11:27

投稿元:ブクログ

 これを枡野さんの最高傑作、と言っちゃったら歌人である枡野さんに失礼なんだろうか。

 いやあ、とにかく笑った。とことん石川くんのことを馬鹿にして、茶化して、石川啄木ファンはこれを読んだら怒るのかなあ。私、思わず国語の先生に勧めてしまったのだけれど。(読んでたら向かい側の席から表紙をちらりとみて「それって石川啄木?」と聞かれたのでした。さすが国語の先生!)

 でも石川啄木のこと全然知らなかったのに、これを読んだらなんだか石川くんのこと、かわいくみえてしまうのが不思議。確かにこんなおもしろい人、無邪気な人が近くにいたらほっとかないだろうなあ。手がつけられない感じもあるけれど。

 年譜も爆笑必至。

 まったく、こんなにおもしろい世界を石川くんが持ってることに驚いた。引き出してくれた枡野くんにも驚いた。

 文庫が出たらしいので買おうと思います。

2008/10/15 15:03

投稿元:ブクログ

 石川啄木の短歌を枡野浩一が現代語訳。
会社はよく休む。そんなだから、当然金はない。だから、函館においてきた奥さんと子供に一銭も仕送りしない。出社したと思ったら、お金を前借りしては、肉食って、泡の国。読みもしない洋書買って、あげくの果てに借金踏み倒す。たまに徹夜したと思えばエロ小説をローマ字でノートに書き写していた…。そんないい加減なことをしながらも、借りたお金の明細はきちんとノートに書きのこしていた。
そんな生活の中でしたためた短歌がこれ。

こころよき 疲れなるかな 息もつかず 仕事をしたる 後のこの疲れ

毎日セコセコ働いていた時の私なら、泡の国に行けなくなるまでつっこんでいたと思う。でも、今、この歌がすごくよくわかる。
 たまに働くと、すごく仕事をした気になる。毎日心の中でくすぶっているうしろめたさがふっとぶくらい気持ちいい。ああ、これが充実感!!と思う。
 これが刹那的な充実感なのもわかっているから、本当にその瞬間「こころよき」と素直に思える。この歌を口ずさんだ後、またいつもの生活が待っている。一瞬の逃避。自分をもてあます。ため息が出る。

 そんなことも考えながらも、やっぱり啄木、しっかりしろよ! んで私もな。
 枡野浩一も言っていた。

無駄だろう? 意味ないだろう? 馬鹿だろう? 今さらだろう? でもやるんだよ!

…ハイ。

2009/02/23 14:07

投稿元:ブクログ

なんとなく、清貧のイメージ漂う石川啄木。貧しくても頑張って働いて、親孝行して・・・って。教科書でもそう習ったやん。そんな常識が覆されるのが本書。自身も歌人である枡野浩一さんの解説により、石川啄木の本当の姿がセキララに語られるのであった。
・・・って、これ、むっちゃおもしろいです。人間的にほんとにサイテーな石川くん。頭でっかちのおチビのあの子が働く悪事の限りを暴く本書に、啄木のイメージが壊れるのと同時に親近感がムクムクと沸き起こり、作品理解もぐっと進みます。中高生にオススメ!といいたいところですが、風俗好きなところとか、ローマ字日記の内容とか、ちょっとススメられない内容もございますね。教科書なんかよりずっといいのに・・・。それもこれも石川くんの極悪ぶりのなせる業。しかし、それも石川くんの魅力。あんまり興味なかったのに、最近では釧路、函館、岩手・・・と石川くんゆかりの地を訪ねたりするほどの石川くんファンに。それにしても、こんな本を書いた枡野浩一はけっこうエライと思います。

2010/09/27 21:50

投稿元:ブクログ

石川くん…そんな人だとは思わなかった!

ということを踏まえたとしても

啄木のうたは好きです

2010/01/29 23:31

投稿元:ブクログ

学校で習った石川啄木のイメージが吹き飛びました。
きちくだったり、死にたがりだったり、すけべだったり、とんだ石川くんです。

2011/02/08 16:45

投稿元:ブクログ

石川くんっておもしろいなぁ。
国語きらいだったので名前しか知らなかったけど。
短歌ってのもおもしろいもんですね。

2013/08/31 23:52

投稿元:ブクログ

枡野さんの超現代訳とコラムで
色々と石川啄木のことを教えてくれますが
石川啄木のイメージが変わり過ぎの一冊です。
遠いところからやってきて、
働けど暮らしはラクにはならない苦労人だと思っていた、
というか知っている2句だけからの印象です。


娘が学校でもらってきた冊子「ナツイチ」
こういう本のお勧めもAKBなんだ…
http://bunko.shueisha.co.jp/natsuichi/member/

この中で、主人が気に止めたのが「石川くん」

> 啄木の短歌を枡野風に現代訳し、作者「石川くん」に語りかける……。サイテーだけど憎めない「石川くん」をユーモラスに描いた爆笑エッセイ集!

図書館で予約して、受け取りに行ったら
表紙が全然ちがっていてビックリ。

黄緑の背景に飛んでる石川くんのイラストをイメージしていたら
文庫でなくて、単行本を予約したみたいで、
その表紙が、写真にいたずら書きしたもの!

「これで間違いないですか?」とカウンターで言われ
しばし 
「…」

日本の詩 ランキング

日本の詩のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む