サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

2/4~エントリー【HB施策】『DEATH NOTE』描き下ろし読み切り『ジャンプSQ. 2020年3月号』掲載記念プレゼント企画エントリーページ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

北朝鮮を知りすぎた医者国境からの報告
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.11
  • 出版社: 草思社
  • サイズ:20cm/221p 図版16p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7942-1090-6

紙の本

北朝鮮を知りすぎた医者国境からの報告 (Diary of a mad place)

著者 ノルベルト・フォラツェン (著),瀬木 碧 (訳)

熱血医師の活動は続く。傷つき病んだ北朝鮮難民を救うべく、中朝国境からバンコクへ。彼らから聞いた強制収容施設の恐るべき実態と、前著では語り尽くせなかった真実を明かす。「北朝...

もっと見る

北朝鮮を知りすぎた医者国境からの報告 (Diary of a mad place)

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

熱血医師の活動は続く。傷つき病んだ北朝鮮難民を救うべく、中朝国境からバンコクへ。彼らから聞いた強制収容施設の恐るべき実態と、前著では語り尽くせなかった真実を明かす。「北朝鮮を知りすぎた医者」の続編。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ノルベルト・フォラツェン

略歴
〈フォラツェン〉1958年旧西独デュッセルドルフ生まれ。デュッセルドルフ大学医学部卒業。99年ドイツ緊急医師団「カップ・アナムーア」に参加し北朝鮮で活動したが、翌年国外退去処分。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

朝鮮「民主主義人民共和」国の実態を知る第一級の史料だ。

2003/01/03 03:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:由良 博英 - この投稿者のレビュー一覧を見る

北朝鮮の惨状については類書で伝え聞くところはあったものの、実際にこの国に長く留まった著者自身の体験に基づく具体的な事実を本書で読み、改めて恐怖と怒りを覚えた。諸外国からの人道援助についても、物資は国民にゆきわたることなく「朝貢」と喧伝されているという。また、著者の母国ドイツの統合の例と照らしながら、韓国の「太陽政策」のいかがわしさも厳しく衝く。朝鮮「民主主義人民共和」国の実態を知る第一級の史料だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

統一は武力でなく情報公開から始まった歴史を忘れてはいけない

2002/07/19 17:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオトリさま - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドイツの緊急医療NGOとして閉ざされた国の内部まで入った熱血医師が、国外追放となるまでの18か月の体験を記した衝撃の手記「北朝鮮を知りすぎた医者」の続編。
2部構成になっていて、1部は同僚の身の安全に対する配慮から前著で削除せざるをえなかった部分の補足。2部は追放後の活動。特に中国朝鮮国境の難民の治療と援助に焦点があてられている。2002年6月世界に衝撃を走らせた藩陽領事館難民の親類チャン・キルス一家のことにも触れられています。
前著はやや翻訳がこなれていなくて、読みにくい部分もあったのでこれから読む人にはこちらの方がお勧め。
難民から聞いた強制収容所の信じられない惨状。東ドイツ出身の看護婦が「東を思い出していたたまれない。でも、ここは東ドイツよりひどい」と泣く場面。すぐ隣にこんな国があるとは信じられません。
フォラツェンさんは韓国政府にも苦言を呈します。同胞の惨状を訴えても韓国政府・マスコミは「友好メダル」の報道しかしようとしない。韓国人は同じ兄弟国のはずなのに北の人の惨状に興味を示さない。アメリカや日本のマスコミの方が興味を示し、取り上げてくれた。2000年の南北会談によりノーベル平和賞を受賞した南の兄弟国の大統領は再統一の為には努力を惜しまないと言っているそうだが、ドイツが統一されたのは武力でなく情報の力だったことを知らないのだろうか?
フォラツェン医師の勇気はナチスの罪の為に責められ続けたドイツ人だからこそ同じ過ちを繰り返してはいけないという気持ちからきています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/07/09 14:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/22 13:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国の社会・文化 ランキング

外国の社会・文化のランキングをご紹介します外国の社会・文化 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。