サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【店舗】初めての“店舗お受け取り”ご利用で50ポイントプレゼントキャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 哲学・思想・宗教・心理の通販
  4. 宗教の通販
  5. 吉夏社の通販
  6. ヴードゥー教の世界 ハイチの歴史と神々の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ヴードゥー教の世界 ハイチの歴史と神々
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.10
  • 出版社: 吉夏社
  • サイズ:19cm/190p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-907758-08-1

紙の本

ヴードゥー教の世界 ハイチの歴史と神々

著者 立野 淳也 (著)

カリブ海に浮かぶハイチの国民宗教であるヴードゥー教。多くの映画、小説、音楽などに素材を提供しながらも、その実態はほとんど知られていないといえるこの宗教の、起源と歴史、神体...

もっと見る

ヴードゥー教の世界 ハイチの歴史と神々

2,052(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

カリブ海に浮かぶハイチの国民宗教であるヴードゥー教。多くの映画、小説、音楽などに素材を提供しながらも、その実態はほとんど知られていないといえるこの宗教の、起源と歴史、神体系、儀礼までを通観する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

立野 淳也

略歴
〈立野淳也〉1964年福山市生まれ。国学院大学文学部卒業。著述家。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ハイチの民衆信仰の歴史が明かすクレオール文化の真実

2001/11/20 12:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:小林浩 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ヴードゥー教というと、赤ん坊を利用した残酷な呪術がまっさきに脳裏に浮かんでしまう世代は、70年代に氾濫したトンデモ本に親しんだ人たちだろう。もう少し「まっとうな」読書人ならば、ゾラ・ニール・ハーストンの『騾馬とひと』や『ヴードゥーの神々』などを読んで、その起源と習俗とについて多少は知っているかもしれない。本書は大冊ではないが、恐らく邦人が書いた研究書の中でははじめて体系的にヴードゥー教の歴史的背景と神話、儀礼的真実を扱った注目作である。カリブ海域のクレオール文化への関心の高まりという文脈においても必読文献である。

 前半部で著者は、ハイチにおけるスペイン人の植民地支配とアフリカ人奴隷の歴史から語り起こし、ハイチ革命前後の社会的背景を解説する。表向きはカトリック信仰を強要されていた奴隷たちは彼らの土着的な習わしを棄てず、カリブ海のその他の地域と同じように、異なる宗教を微妙なバランスで融合させていく。後半部では、海を越えた西アフリカ起源の民間信仰の神話体系と祭儀が説明され、その特異な秘密結社的集団の内実や舞踏・音楽文化が記述される。ヴードゥー教の多様な世界への招待となろう。

※見逃せない関連書→「蛇と虹」「ゾンビ伝説」「アフリカの魂を求めて」「アフリカン・アメリカン文化の誕生」「アフロ-アメリカンの民話」「ニグロ・ダンス・抵抗」「ブラック・ジャコバン」「ブラック・ディアスポラ」「コロンブスからカストロまで」

→人文・社会・ノンフィクションレジ前コーナー(11/19分)より

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/07/16 04:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/09 22:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/16 14:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

宗教史 ランキング

宗教史のランキングをご紹介します一覧を見る