サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

12/3~ <honto限定!電子おまけ>「ぼぎわんが、来る」映画化記念キャンペーン(~1/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ツチケンモモコラーゲン
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 29件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.10
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:19cm/203p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-775294-1

紙の本

ツチケンモモコラーゲン

著者 さくら ももこ (著),土屋 賢二 (著)

さくらももことお茶の水女子大学教授の対談集。意外にして絶妙な二人が、健康、恋愛、性格など、日常のあらゆることを語り合う。笑って、ためになって、元気がでる話がいっぱい。オリ...

もっと見る

ツチケンモモコラーゲン

1,296(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

さくらももことお茶の水女子大学教授の対談集。意外にして絶妙な二人が、健康、恋愛、性格など、日常のあらゆることを語り合う。笑って、ためになって、元気がでる話がいっぱい。オリジナルイラスト収録。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー29件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

ももこ節×ツチヤ節=爆笑

2002/01/29 18:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:楓   - この投稿者のレビュー一覧を見る

 一見、さくら氏が対談の主導権を握っているようで、本全体的には、なんとなくツチヤ色という感じがします。お笑い対談と言う感じで宣伝されていますが、正反対の性格を持つと思われるさくら氏とツチヤ氏の会話からは、人生について確固としたスタイルが見られて、面白いです。ツチヤ氏のファンには、相変わらずのツチヤ節に垂涎モノです! あ、一味も二味もあるさくら氏の新テイストなイラストも最高!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

この本を読んで、ますます「ちびまる子」や哲学が嫌いになってしまった。時間が勿体無いぞ

2004/12/06 20:08

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

《東大出でお茶大の哲学の教授土屋賢二と、離婚をしてますます元気に生きている漫画家サクラモモコの本音対談》

東大出で、お茶大の哲学の教授である土屋賢二と、離婚をしてますます元気「ちびまる子」の漫画家サクラモモコ。土屋が、ベストセラー作家さくらにあやかろうと企画したのか、出版社が企んだのか、一石二鳥を狙ったジョイント企画。果たして二兎得ることが出来たやら。

対談の話題はあくまで身近なこと。それが、さくらももこの本がよく読まれる所以だろう。それを良しとする土屋の姿勢も屈託が無い。小さいときから、さくらももこが世界をどう見てきたかが良く分かる。どうすれば人に気に入られるか、成績が良くなるか、それを理解した上で無視して生きてきたさくらと、のんびりとしかも優等生として生きてきた土屋が示す老人らしい驚き。

土屋はあくまでさくらの引き立て役に甘んじる。我が家に大学教授が来ると知ってオロオロするさくらの母と父親ヒロシの姿は、ちびまる子の世界そのもの。土屋が専門とする哲学を、どうやってさくらが料理するか、あるいは土屋が説明するかが楽しみだったが、空振り。土屋は、好々爺(まだ50代だから不適かもしれないが)然として、いかに世間が思い込んでいる東大を出た人間の姿と、自分が異なった存在であるかの説明に終始する。それは幼少期からのおっとりした生活にはじまり、現在の大学での生徒や助手たちの自分への扱いに及ぶ。

個人的な好き嫌いで全く読んでこなかったさくらももこだが、人気の所以が分かる。この本だけでは見えてこないところもあるが、あまりの強気には何か深い理由があるのだろう。ただし、私が我が家で「ちびまる子」を見せない方針には変わりは無い。その点は「クレヨンしんちゃん」とは違う。

さくらが哲学を料理するところを読みたかった私にとっては、毒にも薬にもならない暇つぶし本だったが、読み易いことは間違いない。群ようこの陰に対する、さくらももこの陽、人によっては、そう取る人がいるかもしれない。ただし、真面目にものを考えようとする人には、時間の無駄遣い。それを余裕とはいえないところがこの本の評価だろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

土屋氏は、しゃべりよりは文章の方がずっと面白い

2002/05/11 21:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:川原 いづみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

さくらももこと土屋賢二の対談&エッセイ集。エッセイの割合は土屋氏の方が多いですね。
対談部分では土屋氏が聞き手に回り、こちらは結構マトモな受け答え。さくらももこの色が強い。パワーがある。この方、『ちびまる子ちゃん』を見てるとのほほーんとしてそうだけど、そうではないんですねぇ。考え方が凄くしっかりしていて。何をするにも自己管理が行き届いている、そんな感じ。
土屋氏は、しゃべりよりは文章の方がずっと面白いように思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

さくらももこはあらたなる教祖となるのか?

2001/12/28 17:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つる - この投稿者のレビュー一覧を見る

 さくらももこは彼女なりの哲学を、もううち立てている気がする。だらしない、努力嫌い、そんな一見マイナスの言葉だが、彼女にかかると、なんか人生好きなことしてるほうがいいもんね、別に努力なんてねーくだらないよねー、という気になるから不思議だ。
 土屋賢二もけっこうおもしろい。さくらももこの方が偉そうなところも笑える。こういう対談形式の本にありがちな、誉めあいとか謙遜ごっことかがないのもいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

土屋ファンにはちと物足りない。

2002/05/21 00:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:淳一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

のっけから恐縮だが、土屋賢二は好きだがさくらももこ何それ? という人に
はお薦めできない。さくらももこファンなら納得するかな?

全体として「頭のイイ」さくらももこが土屋先生(!)に対して説教口調で臨ん
でいる、というペースで対談が進んでいる。しかし何となく素直に読めないと
いうか。説教でやり込められている土屋賢二が皮肉めいた言葉を返しているも
のの、それも不発に終わっている、ような感じですっきりとしない。

対談部分はさておき、途中で差し込まれているエッセイは相変わらずの土屋調
で楽しめた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

“ソフィーの世界”にはほど遠いけれど

2002/05/25 20:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ダブルディ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 検索でこのページにアクセスした方のほとんどが、
さくらももこの作品を探していてのことでしょう。

 その方達に、これをきっかけにして本書のもうひとりの著者
土屋賢二について知ってもらいたいです。

 2人の対談以外で、さくらももこと土屋賢二のエッセーが
掲載されていますが、土屋賢二のエッセーを少しでも面白いと
思った人は、彼の独特の文章の世界にはまる可能性大です。

 よろしければ、このページか前ページの土屋賢二のところを
クリックしてどんな作品があるか見てみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/24 14:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/18 11:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/18 08:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/20 20:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/18 23:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/28 00:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/01 13:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/22 08:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/10 16:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。