サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネスの通販
  4. 経営・ビジネスの通販
  5. 日経BP社の通販
  6. ゆとりの法則 誰も書かなかったプロジェクト管理の誤解の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ゆとりの法則 誰も書かなかったプロジェクト管理の誤解
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 34件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.11
  • 出版社: 日経BP社
  • サイズ:21cm/229p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8222-8111-6

紙の本

ゆとりの法則 誰も書かなかったプロジェクト管理の誤解

著者 トム・デマルコ (著),伊豆原 弓 (訳)

効率だけを重視していては、新しいアイデアや変化に向けた柔軟な対応は出来ない。必要なのは「ゆとり」であるという話を、デマルコ流に面白く語る。【「TRC MARC」の商品解説...

もっと見る

ゆとりの法則 誰も書かなかったプロジェクト管理の誤解

2,376(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

効率だけを重視していては、新しいアイデアや変化に向けた柔軟な対応は出来ない。必要なのは「ゆとり」であるという話を、デマルコ流に面白く語る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

トム・デマルコ

略歴
〈トム・デマルコ〉コンサルタント会社アトランティック・システム・ギルド社の会長。生産性管理などに関する講演・執筆等を行う。著書に「デッドライン」「構造化分析とシステム仕様」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店岡山店

著者は有名なソフトウ...

ジュンク堂書店岡山店さん

著者は有名なソフトウェア開発者の方のようです。
そして、私はソフトウェア開発者ではありません。
ありませんが、タイトルの「ゆとりの法則」の「ゆとり」の言葉に惹かれて読んで見ました。

これには現代の職場組織において特に「知識労働者」と呼ばれる、
機械にできない「考え」を必要とする業務をしている人には「ゆとり」が失われているとされています。
そして、その「ゆとり」こそ生産物の品質を向上させる「効果」と「効率化」を与えるのだというのです。

冒頭でこれを、枠内に収まった数字の書かれたタイルをスライドさせて並び変え完成させるパズルで例えています。
パズルをスライドさせるには、最低1つの「空き」が必要です。
しかし、「極端な効率化」はこの「空き」を新しいタイルで埋めてしまうことになります。
そうするとタイルの数は1つ増えるものの、数字の並びは変えられません。
これが「ゆとり」を失った組織だと表現しています。
この「極端な効率化」を、目に見えない「プレッシャー」「恐怖」などに分け、心理的影響を踏まえて分析しています。
読み物として面白く読めました、おすすめです。
自然科学 下滝

みんなのレビュー34件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

いつも毎日忙しい日々を送っていると思っているサラリーマンにはお勧めの一冊

2002/06/22 00:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やんちゃ青 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ソフトウェア開発におけるプロジェクト管理を得意分野とする筆者のプロジェクト、組織における「ゆとり」の重要性を謳っている。一般に「ゆとり」という言葉からは生活的なシーンを想定するのですが、プロジェクト(仕事)にとってもゆとりというのは必要であり、この場合のゆとりは以下の観点が主なものになる。
・資源のゆとり →投資の重要性
・仕事の進め方のゆとり →適切な管理とは?
・アウトプット提供までのゆとり
 →適切な安全速度とリスクを考慮した計画、実践、対応
・アウトプット提供後のゆとり
 →お客さま満足のために人的・金銭的資源をいかに有効に使うか?

全般的に広くあまねく解説しているため一つ一つのトピックスについては要点と事例をあげるにレベルに留まっています。が、その分筆者が指示する法則について、自らの経験をもとに考察を加えてはじめて有効になる一冊のように思えます。

「ゆとりは一種の投資である。ゆとりを無駄と考えず投資と考えることが、ビジネスを理解している組織と、単に忙しいだけの組織の違いである」と示すように、人生にしてもビジネスにしても単に流されて忙しい日々を送るより、どこかにゆとりを設けて、頭を利活用し、自らのためにもやりがい、生きがいのある生き方をしたいものですね。

いつも毎日忙しい日々を送っていると思っているサラリーマンにはお勧めの一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日経ソフトウエア2002/02/01

2002/02/01 18:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日経ソフトウエア - この投稿者のレビュー一覧を見る

原題は「Slack」と一言。日本語にすれば,ゆるみ,たるみ,元気のない,怠慢な,ゆるめる,おこたるといった意味で(形容詞,副詞,名詞,動詞のいずれでもある),良いイメージの言葉ではまったくない。しかし著者はSlackこそが,企業や組織が変化に対応して生き残るカギであると説く。「急げと言うと遅くなる」「製品の品質は欠陥の有無とほとんど関係がない」「目標管理はやめろ」「内部の競争はすべて破滅的である」など,その内容は攻撃的だ。
 著者は「構造化分析とシステム仕様」「ピープルウエア」などの著書で知られ,情報システム開発プロジェクトをうまく進める方法を説き続けてきた人物だ。この本でも,彼の言っていることには説得力がある。組織で働いているすべての人に読んで欲しい。特に部下を持っている人は必読。
Copyright (c)1998-2001 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

書店向け新刊案内

2001/11/05 16:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bk1 - この投稿者のレビュー一覧を見る

■ソフト開発のカリスマ:トム・デマルコの『ピープルウエア』『デットライン』に次ぐ新作!

『ピープルウエア』『デットライン 〜ソフト開発を成功に導く101の法則〜』の著者トム・デマルコの最新作。効率だけを重視していては、新しいアイデアや変化に向けた柔軟な対応はできない。必要なのは「Slack(ゆとり)」であるといった話を、デマルコ一流のウィットに富んだ文章で面白く語る。

■「忙しければいいってもんではない!」知識労働は楽しんでこそ成長がある!

効率ばかりを重視した開発現場の弊害を説き、プロジェクトにおける「人」の重要性を説いてやまないデマルコ節は健在。『ピープルウエア』のテーマが開発プロジェクトであったのに対して、本書のテーマは「組織」。知識的な仕事にかかわる人(ソフトウェア・エンジニア)は複数の仕事を抱え、一つのプロジェクトに携わりながらも次の新しいプロジェクトへと関わっていく。そのために必要なのは「変化」のための組織づくりであることを力説。

第1部:ゆとり
第1章 斧を持った男
第2章 忙しさの意味
第3章 人材は代替可能か
第4章 「急げ」と言うと遅くなる
第5章 イブを管理する方法
第6章 ビジーネスよりビジネスを

第2部:本当に速く仕事をするには
第7章 プレッシャーの代償
第8章 強気なスケジュール
第9章 時間外労働
第10章 生産性計算のからくり
第11章 掃除機の意義
第12章 間違った管理の第二法則
第13章 恐怖の文化
第14章 訴訟
第15章 プロセスへの執着
第16章 品質管理
第17章 効率と効果
第18章 目標管理

第3部:変化と成長
第19章 ビジョン
第20章 リーダーシップの「リーダーシップ」
第21章 ディルパート再考
第22章 恐怖と安全
第23章 信頼関係を築くには
第24章 変化のタイミング
第25章 中間管理職の存在意義
第26章 学習はどこで起きるか
第27章 空白地帯の危険
第28章 変化の管理

第4部:リスクとリスク管理
第29章 常識の誤り
第30章 リスク管理の基本
第31章 猛スピードで働く
第32章 リスクとつきあう法

<あとがき>
第33章 干草の山から針を探す

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/06 10:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/02 13:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/10 22:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/08 14:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/06 10:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/28 19:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/26 07:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/23 09:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/27 23:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/29 18:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/18 20:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/14 09:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

経営実務 ランキング

経営実務のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。