サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アイ・アム(祥伝社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.11
  • 出版社: 祥伝社
  • レーベル: 祥伝社文庫
  • サイズ:16cm/154p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-396-32885-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

アイ・アム (祥伝社文庫)

著者 菅 浩江 (著)

アイ・アム (祥伝社文庫)

411(税込)

アイ・アム I am.

324(税込)

アイ・アム I am.

ポイント :3pt / 紙の本より87おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

優しく、深く、人間とは何かを問いかける

2002/12/18 13:30

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しょいかごねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

また泣いてしまいました。よりによって新幹線の中で。この本は薄くて字も大きくて、文章も簡単で、あっという間に読んでしまいそうで、出張鞄に放り込むにはちょうどよかったのですが、それにしても中身の密度がこれほど高いとは。
舞台はホスピス棟が併設された病院。看護ロボットとして目覚めた主人公が、自分は誰なのだろうとかと、入院患者とのふれあいを通じながら自問自答していきます。ゆっくりと、じっくりと、人間とは何か、生きているとは何かについて問いかけを繰り返す主人公。物話は平易な文章で、そして穏やかに進められていきます。そして最後に、優しく静かな回答が与えられます。
菅浩江さんの本は最近の著作ばかりこれで5冊ほど読みましたが、独特の感動を与えてくれるものばかりです。本書は文庫で安いし(この感動で400円!)、菅浩江入門としてもお薦めしたい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

心の琴線が振るえる

2003/09/26 23:59

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

1度読んでしまえば結末が判っているので読み返す気になれず手放すことが多いのですが、この本は手放し難くてずっと持っています。
読む度に印象が変わるのは自分が変化していたり、その時の気分だったりするのでしょうが、ただ静かに、でも確かに響いてくるものがある物語です。「心の琴線が振るえる」という言葉を目にしたことがあって、どんなだか判らなかったのですが、私にとってこの本を読んだ時の感じがそれなんじゃないかと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

この分量でこの読みごたえ!同じテーマで、いつか長編で読んでみたい。

2004/05/11 05:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:風(kaze) - この投稿者のレビュー一覧を見る

文庫で150頁あまりの中編。ラストには胸が熱くなったのと同時に、できれば長編で読んでみたかった、とも思いました。話に引き込まれて、さあこれからというところで、もうラストが来てしまったみたいな。うーん、なんかもったいないなあと。

目覚めたら機械のボディになっていたミキが、病院で患者の介護にあたりながら、「自分は何者なの? 人間? ロボット? いったい何?」と問いかけていく話。生きることと死ぬことが身近に感じられる環境の中で、自分は一体何者なのだろうと問いかけるミキ。彼女が必死に記憶を探り、答えを見つけようと思い悩む姿は、見ていて胸が締めつけられました。

それと、菅さんの文章、擬音の使い方がとても上手ですね。そう感じた箇所を、本書の最初のほうからいくつか抜き出してみます。
> > >
擬音語を使って、あるイメージをさっと掴まえて表現しているところ。うまいもんだなあと感心させられました。

また、ロボットの持つ意識とか心の在処(ありか)といったことも、この作品のひとつのキーワードになっていたみたい。それでなんでしょう、読み終えて、ロボットが忘れられない作品を久しぶりに読んでみたくなりました。手塚治虫の『火の鳥 復活編』とか、アシモフの中編「バイセンテニアル・マン」(『聖者の行進』所収)とか。

とまれ、菅 浩江さんの『アイ・アム』。読みごたえがありました。
「より良く生きること」とか、「人間らしさ」とか、「ロボットの存在と役割」とか……。色々と考えさせられる作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おいしい一冊

2002/04/14 22:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かけだし読書レビュアー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 長くもなく短くもない中篇。といっても実際に本を手にした時は薄いし、字はデカイし、値段は安いけど中身はあるのか? と疑ってましたが、なかなか良かったです。

 突如、目が覚めたら不恰好な看護用ロボットになっていて、病室で難病と向き合う患者さんの介護をする、といった物語。時に我が子の病状について嘆く親を励ましたりしながら、頭に横切るのは、遠い記憶と自分に対しての疑問。一体、私は誰なんだろう? 本当にロボットなのだろうか?

 目の前で死と向き合う者、またそれを見守る者、全てを受け入れて生きる者など、テーマが割と深いので頁数はさほど気になりませんでした。印象的な言葉なども結構あったな。「たとえそれがすぐに失われる幸せであっても、幸せだった記憶は、残ります。小さい時に覚えた歌が、いつまでも心に残るように」や、ホスピス練での主人公の問いかけに対する院長の返答(これが鋭いのよ)など。

 でもって、ラストが泣かせるんだわ。こういったオチは弱いんだよなぁ。一応主人公はロボットだけれど、あまりSFって感じでもないし、さくさくっと読めるし、万人向けの非常にオトクな作品。おいしい一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

機械の看護婦が問う自らの存在

2002/03/22 22:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あすか - この投稿者のレビュー一覧を見る

 彼女の名はミキ。苗字とも名前とも取れる名を持つ彼女は、病院で看護をするために生み出された。機械であるがゆえに、人は彼女に遠慮せず用事を頼める。機械であるがゆえに、彼女はミスをしない。
 しかし人が感情をともなってミキに相対するとき、双方が人間同士では感じることのない微妙な違和感を覚えることになる。死に行く家族は、なぜ自分の子が? とつぶやかずにはいられない。ミキが返す答えにも、なぜ機械にこんなことを言われねばならないか、と叫ばずにはいられない。繰言を発する女性は、機械にこんなことを言うなんて、でも同じことを言うのだから機械に言うぐらいでいいのかも…と自問する。そして、人々の生々しい感情に触れるとき、ミキは自分がなにものなのか、と問わずにはいられない。
 中篇ながら、機械と自我、人間を人間たらしめるものは何か、という問いと、物語を巧みに織り込んだ佳篇です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

原点回帰の幸福

2002/03/07 21:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:3307 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ——ちょうどいい長さの物語。帰宅時の通勤電車で一気読みしました。重厚長大路線にも魅力はありますが一息に読むのに適した長さもあるのだと改めて痛感させられた一冊。

 作品の質が高く、枚数が短いと「切れ味」の良さが際だちます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/06/15 21:41

投稿元:ブクログ

 目が覚めると、目の前には江成一信院長と、江成瑞枝総看護士長がいた。ここは病院で、自分が介護をするためのロボットであることを知る。「ミキ」と名付けられ、病棟で様々な患者と接することになるが、次第にミキは自分の中の不思議な感覚が気になってくる。これは記憶?”私”は一体何だったのだろう?ただのロボットではないのだろうか?

 オチはまぁ、それしかないだろうな~という感じだったので特に驚きもなく。ここまでの技術は今の世の中でも発展していないけれど、介護の世界にロボットが進出してくることは間違いないのではないのだろうか。ミキのように人間と同じく反応してくれる方がいいのか、もっとあえて機械的な方が介護を頼む側からしても気楽な面があったりするのではと思わなくもない。

2006/05/16 19:36

投稿元:ブクログ

ホスピス病院で目覚めた「ミキ」は金属のボディにラバーの腕をもち、プログラミングされた高度な専門知識と技術で難病の子供たちや末期癌の患者をケアする仕事を与えられる。
彼女は最新の介護ロボットとして患者や家族と相対するたびに、命のない存在でありながら彼らの苦しみを感じ取り、苦しみ迷う。
何故迷うのか?生まれてもいないし死ぬこともない存在であるはずの自分が、何故死と隣り合わせの彼らの気持ちがわかる気がするのか?
その答えは自分でみつけるしかない・・・ミキは仕事をしながら自分探しをする。

ああ、生きているというのは有り難い事であるなぁ、としみじみ思いつつ読了。短いながらも必要十分、といった短編でした

2011/03/31 14:48

投稿元:ブクログ

自分は何者であるのか。この、人類が存在する限り、決してなくなることのない究極の問い。人の一生はこの問いの答えを探す旅のようなものであるような気がする。その答えは一つではなく、正解もない。自分で見つけたものだけが、自分にとっての正解と為りうる。

介護ロボットのミキは目覚めた時から必要なことは全部知っていた。介護の知識も、病院の地図も、自分自身の構成図すら与えられていた。それでも、一番最初の彼女の質問は「私は、誰ですか。」という言葉だった。その問いの真の答えを求める思いは、病院の人々との触れ合いを通して、ますます大きくなっていく。
身体のほとんどを機械に助けられ、それでも生きていることを実感しようと必死で生きている男性。産まれた時からの難病で、生命の限界をみつめながら生きている子ども。ホスピスに入っても遠慮がちで介護を頼めないでいる老婦人。病院にはむき出しの命と向き合っている人々が暮らしている。
少しずつ明らかになるミキの謎。そのBGMのようにさりげなく描かれている命の記録。それらが優しい、そして少し哀しいSFの世界を作る。
謎は大がかりではなく、読み慣れた読者ならば想像の範囲内の結末だと思うが、それでもこの優しい世界に触れることに、きっと意味がある。そう思う。 (2002-04-10)

2011/05/28 22:48

投稿元:ブクログ

SF。
 看護用ロボット、ミキ(三番目の機械)の自分探し。
 外科・小児・ホスピスと、ミキは体験していくにつれて自分とは何かを気にし始める。ロボットゆえに差別され、ロボットゆえに頼りにされて、でも……、ロボットであることを諦めてしまう自分に気がついて、何を諦めるのか自問自答するのだ。

 ラストで、不覚にも涙ぐんでしまった。
「裸眼で見たかったの  お父さんとお母さんの顔」
 そこから、思い出の部分で。
 なんで哀しいのか、説明できませんが。
 哀しいのです。
 自分が猿だと忘れさせられて、ロボットだと思い込んだジミーの哀れさも。
 自分がロボットだと思い込まされて、それでもホスピス(終身医療)という過酷な生命の現場で、女の子の得る哀しさも。

 それにしても、この設定は凄い。
 究極の医療介護。自己介護。ロボットを自分で操って、自分で介護する。
 文句のつけようもない。だって、自分がやっているのだから。
 こんな時代が来るのだろうか。
 そうしたら、人は今より少し、寝たきりになるのが楽かもしれない。心情的にね。

2009/02/08 10:55

投稿元:ブクログ

終末医療を行う総合病院にミキという看護ロボットが目覚めた。
看護、介護するなかで感情の揺れやなぜか存在する記憶を思い出し、私とははなんなのかを問うていく。

短い本なのですぐに読めるし、話もわかりやすいのでおすすめ。
この手の話は幸せな方向に自分探しが進むのがほとんどだけど、ミキのようにロボットとなるという救いがなかったらどうだったんだとは思わずにいられなかった。
結末としてはこれが良いに決まってるけど…

2010/08/03 02:12

投稿元:ブクログ

自身の内の自我に気づいた医療用介護ロボット<ミキ>が、「自分とは」「生きるとは」を問いかける。面白かったけど、できれば長編で読みたかったかな。

2014/07/22 15:59

投稿元:ブクログ

SFとは言っても少し物足りなさが残ります。ちょっと薄過ぎるせいでしょうか!?できれば長編で読みたかった。ソフトなSFってところでしょうか。

2014/01/14 22:09

投稿元:ブクログ

良かった

 平成13年の薄い本。2時間もあれば読みきれる。筋も、ものの 10分で読みきれる。ロボット・ナース。

 雑だ。流れるような美しさはない。もっとていねいにこのテーマを扱ってほしいと思うほど。

 アプローチは瀬名作品とは異なる。ロボットに人格はない。でも、でも、とても感動する。単にアバターがほしいわけではない。アバターを通じて命を学ぶ。ラストのキレは、マッドサイエンティストのそれ。自分が居なくなっても困らないように。そうか、だからナースなのか。素晴らしい。

 心に閉じ込められた姑問題。安楽死。さらっと語る現実と、新生児は人間未満、老害は人間崩壊と言い切る愛。そして、ラストの親の愛。雑でも短くても、すばらしさは損なわれていない。いいなぁ。ここテーマ、もっと書いてほしい。

2012/09/08 00:52

投稿元:ブクログ

私は“幸せの貯金”が出来ているだろうか。
総看護士長が言うように、満額で死ねたら幸せだ。
けど、どれ位の人がそんな風に死ねるんだろう。

院長夫婦のした事は、やっぱり偽善だと思う。
本人達も、それを承知の上でした事だから余計つらい。
それでも…、それでもって思ってしまうんだろうな。

祥伝社文庫 ランキング

祥伝社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む