サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生 中学生
  • 発行年月:2001.11
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:20cm/299p
  • 利用対象:小学生 中学生
  • ISBN:4-00-115599-0

紙の本

カニグズバーグ作品集 9 13歳の沈黙

著者 カニグズバーグ (著),小島 希里 (訳)

カニグズバーグ作品集 9 13歳の沈黙

税込 2,750 25pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

カニグズバーグ作品集 10巻セット

  • 税込価格:29,260266pt
  • 発送可能日:購入できません

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ふたつの家族の物語

2018/09/30 09:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

赤ん坊の妹を落としてから、話さなくなったブランウェルとその親友コナー 2人の13歳の少年 そしてその2つの家族の物語。
赤ん坊の容態やブランウェルのことがやはり気になった。
ここの大人たちと自分は同じかもな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

カニグズバーグの最新作。緊急通報の瞬間から言葉を話せなくなってしまった、13歳の少年の沈黙の意味は?

2002/04/23 14:26

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エーミール - この投稿者のレビュー一覧を見る

 カニグズバーグの最新作2000年の作品というこの本は、始まり方からしてもういかにもカニグズバーグなのだ。甘さのない理知的な文章。工夫をこらした構成。その大胆でありながら緻密な構成力は見事なものだと思う。その上その中に描きこむ人間模様の視点の確かさにも驚かされる。本当に大事なものは何かがよくわかっている人なのだろう。70歳を過ぎてなお、現代の子供を見つめ大人も見つめ、家族や友情や人生を考える作品を書き続けているのには驚いてしまう。しかもその目が曇っていないのだから。

 巻末にある、訳者小島希里さんの解説が、とてもいい。ホントにそう、といいたくなることが書かれている。 
 主人公は二人いると解説では言う。ブランウェルと親友コナー、二人とも13歳の少年だ。ブランウェルは沈黙の主になってしまうわけだから、物語はコナーが語っていくことになっている。その設定が心憎い。わからないことだらけの中から、少しずつ少しずつ事実と真実とが見つけ出されていくのを、コナーの目から見たかたちで語らせていくのだ。
 大人が大人でない時代になってしまった今、子供たちが生きていくのは大変だ。自分の欲のために手段を選ばないで、子供の前でむしろそれを得意げに見せる大人がどれほど増えているか。不正に対して怒らずに見てみぬふりをしている大人がどんなに多いか。
 子供と大人の境めの年齢に目を向けてそうした様々な問題を折込みながらも、カニグズバーグは、その問題をより良い方向にむけていこうとするかしこくもユーモアのある人物を登場させて、前向きに取り組ませる。こんなに頭がよくて信頼できる友達や知り合いがいたらどんなに面白いだろうかと思える人物だ。それは、ある意味で、カニグズバーグの分身といえるのだろう。
 いつも新鮮な驚きを与えてくれる作品を書きつづける作家の、期待にたがわない作品だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2002/04/23 00:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/01 14:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/24 11:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/15 10:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/04 18:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/09 11:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/29 15:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/16 19:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/12/23 18:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/05/25 09:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/06/19 18:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/11/01 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/05/03 17:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。