サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

フィルムコート 初めてのご利用で100ポイントプレゼントキャンペーン ~7/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 文学論の通販
  5. 岩波書店の通販
  6. 21世紀文学の創造 7 男女という制度の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.11
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:20cm/303p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-026707-8

紙の本

21世紀文学の創造 7 男女という制度

著者 斎藤 美奈子 (編)

21世紀文学の創造 7 男女という制度

税込 2,420 22pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

21世紀文学の創造 10巻セット

  • 税込価格:25,630233pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

性と批評が出会うとき 斎藤美奈子 著 1-24
「あたし」という恋愛的体質論 川上弘美 著 25-46
文学は美醜をどう描いてきたか 大塚ひかり 著 47-80

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「男女」は制度であると認識したそのさき。

2002/02/13 13:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:森亜夫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 帯に「男女(問題)」? 現実はここまでおもしろくなっているのです。…と書かれた本書。タイトルからして、「男女」は「制度である」というラディカルさである。九人の個性溢れる論者が展開するのは、これまた「男女問題」である。
 個性溢れるというのは得てして皮肉に使われる言い方でもあるのだが、これは皮肉ではない。編者斎藤美奈子の慧眼というべきか。特に、「現役小説家」の前半の配置などは、普通はしないだろうし、「佐々木由香」さんというネカマの評論も、目端が効いている。

 ただ、平凡な読者としては、後半の読みごたえと前半が釣り合いが取れないような感想を持った。後半はオーソドックスといえばオーソドックスな評論である。しかし、形はオーソドックスでも、述べられている内容は「ラディカル」である。特に最後の三者、横川寿美子、ひこ・田中、金井景子には、改めて眼を開かされた。ジェンダーフリーという言い方がなされて久しいが、それがどのように「現実」とクロスしていくのか。

 「男女」は制度だと言うのは易しい。では、それらが「制度だ」と見抜かれた先に何があるのか。横川寿美子、ひこ・田中、金井景子に共通する視点は、「子ども」と世界である。ここに、もっとも先鋭的に、先の問いの答えがあるのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/06/29 21:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/22 23:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/14 13:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。