サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

アウトレットポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

マリアンヌの夢(岩波少年文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2001.11
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波少年文庫
  • サイズ:18cm/341p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-00-114095-0
文庫

紙の本

マリアンヌの夢 (岩波少年文庫)

著者 キャサリン・ストー (作),猪熊 葉子 (訳)

病気になったマリアンヌは、自分が描いた絵の通りに夢の中の世界が動いていることに気づきます。夢で出会った少年と一緒に、怖い夢を克服していきますが…。不安と恐怖をテーマに、子...

もっと見る

マリアンヌの夢 (岩波少年文庫)

778(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

病気になったマリアンヌは、自分が描いた絵の通りに夢の中の世界が動いていることに気づきます。夢で出会った少年と一緒に、怖い夢を克服していきますが…。不安と恐怖をテーマに、子供の心理を描いた異色ファンタジー。再刊。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

キャサリン・ストー

略歴
〈ストー〉1913年ロンドン生まれ。作家、精神分析医。50年代に幼年向きの本を出版。その後、子供の内なる世界への興味と関心を軸とした異色の作品を発表する作家として注目されている。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

これは怖い。言葉もなくジリジリと迫りくるものたちが本当に怖い

2006/02/05 22:10

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栗太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 病気になって、しばらく寝たきりでいなければならないマリアンヌは、祖母の残した不思議な鉛筆を見つけます。その鉛筆で描いた絵の通りに、夢の中の世界が動くのです。マリアンヌと、夢で出会った少年マークには、闇の中から迫り来る恐怖の存在が……
 何が怖いって、闇の中ジリジリと迫ってくる「あいつら」が、本当に怖いのです。正体も目的もはっきりとわからないけれど、圧倒的な不安と恐怖の象徴として描かれる「あいつら」。何よりも恐怖は、それらは、マリアンヌが自分の手で生み出してしまったものだということです。現実世界でまだ会ったことのないマークに嫉妬し、かんしゃくを起したマリアンヌは、マークが閉じ込められている屋敷の窓に格子を描き、屋敷を高い柵で囲い、さらに監視役として目を持つ石を描いたのです。それが自分たちを脅かす恐怖の存在になるとは、少しも思わずに。
 マリアンヌの鉛筆は、ある意味で万能の武器であり、世界を操ることさえできます。(実際には絵が下手だと具現化が今ひとつということも)けれど2人の子どもたちは、その武器を使って、「あいつら」をやっつける存在を作り出すという結論は選びませんでした。知恵と勇気をふりしぼり、自分たちの力で、閉じ込められた屋敷から脱出を試みます。子どもの頃に読んだ時は、ただ「あいつら」の不気味さや、魔法の鉛筆への憧れだけが心に残ったのですが、改めて読んでみると、恐怖や不安、自分の弱さに立ち向かい、それを克服していく、子どもたちの心の変化が、鮮やかに伝わってきました。
 夜のシーンが多く、全体の印象も爽やかさ・明るさとは遠い作品ですが、子どもたちに読んで欲しい1冊です。テレビのニュースや、フィクションの世界で、残酷さやグロテスクさを売り物にした「しょせん人ごとの」恐怖に慣れきった子どもたちには、特に。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

夢の中で成長する子どもたち

2002/10/14 14:18

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:由良 - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者は精神分析医だとか。子どもの内面をよく描いている。病気になって6週間は寝たきりでいなければならないマリアンヌ。小児マヒで動けない少年。二人が夢の中で出会い,共通の敵と戦い,逃げ出すために自分の弱さを克服しようとするところが無理なく読み進める。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/07/11 14:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/14 02:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/03/18 23:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/21 15:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/31 13:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/05 03:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/11 21:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/13 22:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/19 23:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/07 23:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/08 11:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/22 16:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国の作品 ランキング

外国の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。