サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 医学
  4. 医学
  5. 窓社
  6. 「生きるに値しない命」とは誰のことか ナチス安楽死思想の原典を読む

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「生きるに値しない命」とは誰のことか ナチス安楽死思想の原典を読む
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.11
  • 出版社: 窓社
  • サイズ:20cm/183p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89625-036-2
  • 国内送料無料

紙の本

「生きるに値しない命」とは誰のことか ナチス安楽死思想の原典を読む

著者 カール=ビンディング (著),アルフレート=ホッヘ (著),森下 直貴 (訳著),佐野 誠 (訳著)

封印されてきた禁断の書、「生きるに値しない命を終わらせる行為の解禁」の完訳。それを巡るナチス安楽死政策との結びつきを立証した論究と、ナチズムだけでなく安楽死一般の価値観に...

もっと見る

「生きるに値しない命」とは誰のことか ナチス安楽死思想の原典を読む

1,944(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

封印されてきた禁断の書、「生きるに値しない命を終わらせる行為の解禁」の完訳。それを巡るナチス安楽死政策との結びつきを立証した論究と、ナチズムだけでなく安楽死一般の価値観に対峙する視点を探った考察を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

法律家の見解 カール=ビンディング 著 7-62
医師による論評 アルフレート=ホッヘ 著 63-106
それはいかにして生まれ、利用されたか 佐野誠 著 107-130

著者紹介

カール=ビンディング

略歴
〈ビンディング〉1841〜1920年。哲学・法学博士。著書に「ドイツ刑法手引書」他。
〈ホッヘ〉1865〜1943年。医学博士。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ナチスドイツの障害者安楽死計画に大きな影響を与えたと言われる本

2002/07/10 17:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:森岡正博 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 第一次世界大戦終了後のドイツで、『生きるに値しない命を終わらせる行為の解禁』と名付けられた一冊の書物が出版された。著者は、刑法学者のビンディングと、精神科医のホッヘ。「生きるに値しない命」を終わらせることに、何の問題もないと断言するこの本は、後に、ナチスドイツの障害者安楽死計画に大きな影響を与えたと言われている。
 歴史的にとても重要な書物なのだが、これまで日本語で読むことができなかった。かつて米本昌平が『遺伝子管理社会』のなかで、部分訳を行なっていたが、その本も現在は絶版だ。だから、今回の全訳の登場は画期的なことだと思う。訳者たちの本格的な解説も付いていて、本書が書かれた時代背景などもよく理解できる。
 ビンディングとホッヘは、殺害することを解禁してもかまわないような生命が二種類あると言う。ひとつは、治療不可能なガン患者のように、自分が置かれた状況を本人が知っていて、死を切に望んでいる人々。彼らを安楽死させても問題はないと彼らは主張する。
 そして、もうひとつのケースが、治療不可能な知的障害者たちである。彼らは生きようとする意志もなければ、死のうとする意志もない。そればかりか、知的障害者たちは、家族にとっても、社会にとっても、とてつもない重荷となっている。知的障害者を介護することは、絶対的に生きている価値がない命を何年も何十年も生かし続けることにほかならない。
 だから、知的障害者たちを殺害してはならないという理由は、いささかも見いだせないと、ビンディングとホッヘは結論する。「生きたい」と思っている人を殺してはならないのだが、知的障害者たちは「生きたい」とも「生きたくない」とも思っていないのだから、彼らを殺しても、彼らの「生存意思」を侵害したことにはならないと言うのだ。
 これを読んで、現代の多くの読者たちは、眉をひそめるであろう。だが、このような考え方は、いまでもなお脈々と生き続けているのだ。重度の障害をもった赤ちゃんを中絶してかまわないと考える人々の心の中にあるものこそが、この種の思想なのである。

初出:信濃毎日新聞

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/05/10 07:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/05 07:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

医学全般 ランキング

医学全般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む