サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネスの通販
  4. 経営・ビジネスの通販
  5. 白揚社の通販
  6. 意識する心 脳と精神の根本理論を求めての通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.12
  • 出版社: 白揚社
  • サイズ:20cm/508p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8269-0106-2
  • 国内送料無料

紙の本

意識する心 脳と精神の根本理論を求めて

著者 デイヴィッド・J.チャーマーズ (著),林 一 (訳)

意識とは何か。理論らしい理論と呼べるようなもののない分野に挑み、一種の二元論である意識の理論を大胆に主張する。彗星のように現れた心脳問題の旗手が、世界中の脳科学・哲学・認...

もっと見る

意識する心 脳と精神の根本理論を求めて

税込 5,280 48pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

意識とは何か。理論らしい理論と呼べるようなもののない分野に挑み、一種の二元論である意識の理論を大胆に主張する。彗星のように現れた心脳問題の旗手が、世界中の脳科学・哲学・認知科学者を震撼させた渾身の論考。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

デイヴィッド・J.チャーマーズ

略歴
〈チャーマーズ〉1966年生まれ。オクスフォード大学で数学を専攻。インディアナ大学で哲学・認知科学の博士号を取得。現在、アリゾナ大学哲学教授、同大学意識研究センター副所長。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

心脳問題の最終的な決着は?(目次・帯コピーより)

2001/12/30 12:10

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bk1 - この投稿者のレビュー一覧を見る

心脳問題の最終的な決着は?(帯コピーより)

彗星のように現れた心脳問題の旗手が世界中の脳科学・哲学・認知科学者を震撼させた渾身の論考。

◆『皇帝の新しい心』のロジャー・ペンローズは——
「意識をめぐる謎の究極的な理解に大きく貢献する、価値ある議論。」
◆『ゲーデル、エッシャー、バッハ』のダグラス・ホフスタッターは——
「意識をめぐる探求の旅に乗り出す私たちにとって、彼こそは間違いなく最良のガイド。」
◆『言語を生み出す本能』のスティーブン・ピンカーは——
「意識を理解するうえでとてつもなく大きな役割を果たす……完璧な明快さと厳密さ。」

【目次】

序——意識にまともに取り組もう

PART ONE★FOUNDATIONS まずは基礎固め
1 心の二つの概念
 1 意識とは何か?
 2 心に関する現象的な概念と心理学的な概念
 3 心的用語の二重の生
 4 二つの心身問題
 5 意識についての二つの概念

2 付随性と説明づけ
 1 付随性
 2 還元による説明
 3 論理的付随性と還元による説明
 4 概念としての真と必然的な真
 5 ほとんど何もかもが物理的なものに論理的に付随している

PART TWO★THE IRREDUCIBILITY OF CONSCIOUSNESS 意識が還元できないこと
3 意識は還元によって説明できるか?
 1 意識は物理的なものに論理的に付随しているか?
 2 還元による説明がうまくいっていないところ
 3 認知モデル化
 4 神経生物学による説明
 5 新種の物理学に力を借りる
 6 進化による説明
 7 還元による説明は何を目指す?

4 自然主義的な二元論
 1 唯物論に対する反論
 2 アポステリオリな必然性という観点からの異議
 3 二元論を支持するその他の論証
 4 これは随伴現象説なのか?
 5 論点が論理的に占めている位置
 6 自然主義的二元論に関する考察

5 現象判断のパラドックス
 1 意識と認知
 2 現象判断のパラドックス
 3 現象判断を説明することについて
 4 説明に絡まないということへの反証
 5 自己認識にもとづく立論
 6 記憶による反論
 7 指示による反論

PART THREE★TOWARD A THEORY OF CONSIOUSNESS 意識の理論に向けて
6 意識と認知のコヒーレンス
 1 非還元的理論に向けて
 2 コヒーレンスの原則
 3 さらに気づきの概念について
 4 コヒーレンスの原則が説明に果たす役割
 5 精神物理法則としてのコヒーレンス

7 不在のクオリア、ぼやけていくクオリア、そして跳ね踊るクオリア
 1 構成不変の原則
 2 不在のクオリア
 3 ぼやけていくクオリア
 4 反転したクオリア
 5 跳ね踊るクオリア
 6 還元によらない機能主義

8 意識と情報——ある考察
 1 根本理論に向けて
 2 情報の諸相
 3 これを裏書きするいくつかの論拠
 4 経験はいたる所に存在するか?
 5 情報の形而上学
 6 答えが出ないままになっている問い

PART FOUR★APPLICATIONS 応用
9 強い人工知能
 1 機械意識
 2 計算のインプリメンテーションについて
 3 強いAIを擁護して
 4 中国語の部屋とその他の反論
 5 外的な反論
 6 結論

10 量子力学の解釈
 1 二つのミステリー
 2 量子力学の枠組み
 3 量子力学を解釈する
 4 エヴェレット解釈
 5 エヴェレット解釈への反対意見
 6 結論

謝辞
訳者あとがき

文献
事項索引
人名索引

■★【科学・技術・医学・建築サイトへ】

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/11/14 19:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/08 21:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。