サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 悩んだら本を開こう ポイント5倍キャンペーン  ~11/25

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.12
  • 出版社: 筑摩書房
  • サイズ:21cm/827p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-87733-9
  • 国内送料無料

紙の本

賃貸宇宙

著者 都築 響一 (写真・文),アルフレッド・バーンバウム (英訳)

廃墟を改造した部屋、服に埋もれた部屋、赤一色に染めた部屋、土足でないと危険な部屋。どうにもならない部屋を好きになる、50の秘密。関西と東京で撮影した300物件。英文併記。...

もっと見る

賃貸宇宙

税込 10,450 95pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

廃墟を改造した部屋、服に埋もれた部屋、赤一色に染めた部屋、土足でないと危険な部屋。どうにもならない部屋を好きになる、50の秘密。関西と東京で撮影した300物件。英文併記。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

都築 響一

略歴
〈都築〉1956年東京生まれ。現代美術、建築、写真、デザインなどの分野での執筆活動、書籍編集を行う。第23回木村伊兵衛賞受賞。著書に「Tokyo style」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

続・ヘヤヌード

2002/02/14 00:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひえろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 一般人をモデルに、彼or彼女の部屋を尋ねてヌード写真を撮るという企画が一時期話題になった著者の分厚い本。だが、300の部屋があって、300の暮らしぶりが有るこの本を買う理由は何か?
 「他人の暮らしが見たい!」それに尽きるでしょう。裸が見たいなら他の本買えばいいし(第一、今回は全住人が裸で映ってるわけじゃない)、インテリアの参考にしたいならインテリア関係の月刊誌でも定期購読した方がよっぽど参考になる(こんな部屋でホントに普通に暮らしてるのか? ってのも幾つもある)。単純に、垣根があれば覗いてみたい、そんな気分を満たしてくれる。

 他人んちって面白いよ。しかも、自分の周りには居ない種類の人たちの部屋も見られるからね。部屋を見て、友達になれそうな人たちをチェックするもよし。自分の部屋の整頓具合を見なおすもよし。

 それにしても、驚いたのが全て賃貸の物件にもかかわらず、手を加えてある部屋は恐ろしいほど手が加えてあるという事。釘一つ打つのにも気を使う借家暮らし、肝要な大家さんも居る所には居るんだね。持ち家じゃなければ理想の居住空間は望めないと思って、頑張って30年ローン組んで、ちんまい分譲住宅など買ってしまった人には衝撃の一冊?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読み進むにつれて、物質的なものではなく、精神的な広さを感じる。本書は重量があるので、腕が痩せるかも。

2002/02/12 22:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:片岡直子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 一人の部屋にほっとする。
 結婚が、16年になり、それが、重いのだろう。18歳から4年間の一人暮らしが懐かしい。本書に登場する部屋の住人の全てが独り暮らしというわけではないのだけれど。
「狭くて広い賃貸宇宙がここにある!」とカバーにある。
 読み進むにつれて、物質的なものではなく、精神的な広さを、感じるようになる。
「片づけないこと」の章。「片づけない部屋、それはさらけだされた自我そのものだ」。
 汚い部屋には茫然とするけれど、逆に潔いとも思う。キタナイ自慢の私でも負けてしまう部屋もある。綺麗な部屋からしか、何かが生まれないと思っている人もいるけれど、実は、そこらに転がっている物の、あるいは、その平積みの本のうちの、上から何番目かの本が、何かのオーラを送ってきて、きっかけを与えてくれることもある。雑然とした部屋は、整然とした部屋と同じだけ想像的であり、創造的だ。

 「片づけるなら、徹底的に片づけること」の章。「片づけること」は「考えることである」。「そして整理整頓と、収納上手とを決して混同しないこと」。このあたりが良い。私も、家事上手としての片づけの話になってしまったら、途端に興味を失うだろう。

 本書は重量があるので、あまりに面白くて、手に持って、ぐわっと開いて、ページの境目までを、じっくり見ていると、腕が痩せそう。ちなみに部屋人は写っていない方が良い。どんな人がこの空間を埋めるのか、想像するのが楽しい。
 昼間の騒音を避けて、一人で借りている仕事部屋を、私の頭の中と同じにしたら、どうなるのだろう。余裕も無く、雑然と、物質的な広さと静けさだけを求めて日々を過ごしていたけれど、それだけじゃつまらないと、本書を読んで思うようになった。 (bk1ブックナビゲーター:片岡直子/詩人 2002.02.13)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/07/13 23:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/15 17:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/13 23:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/03 06:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/19 12:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/25 20:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。