サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

会員555万人突破&8周年 ポイントUPキャンペーン

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

月の影影の海 下(講談社X文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 205件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発行年月:2001.3
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社X文庫
  • サイズ:15cm/255p
  • ISBN:978-4-06-255072-7
文庫

紙の本

月の影影の海 下 (講談社X文庫 White heart 十二国記)

著者 小野 不由美 (著)

月の影影の海 下 (講談社X文庫 White heart 十二国記)

税込 583 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

月の影影の海 (講談社X文庫 White heart) 全11巻完結セット

  • 税込価格:6,84262pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー205件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

ライトノベルじゃもったいない!陽子とともに泣いて、笑って下さい

2005/08/14 19:57

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゴン狐 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 訳も解らずケイキという不思議な青年に連れてこられた異国の地で、妖魔という怪物に襲われ瀕死の陽子を助けたのは人の言葉を話すネズミの楽俊。人間の母をもち人の姿にも獣の姿にもなれる半獣。楽俊と旅する陽子の経験と共に十二国の世界が徐々に明らかになってきますが、卵果(卵から人が生まれる!)と半獣の設定は秀逸です。
 人語を話す獣はありきたりに思えますが、半獣の楽俊を取り巻く環境は、いまだに差別に溢れる現代をも示すようで身につまされます。そんな境遇にもめげずに、飄々として自分を語る楽俊がかっこいい。 ただのお人好しからくる優しさや純粋な善意からだけではなく、陽子を助けて旅を共にする楽俊だけれど、その言葉の一つ一つに溢れる誠実さと強い意思に、陽子ならずとも頭が下がる想いです。
楽俊を見捨てて逃げた陽子が、後悔に苛まれ自分自身に問いかける言葉。自分を置き去りにした陽子に、再会した楽俊が言う言葉。日常の中でふと人間関係につまずきそうになった時、私はこの台詞を想いだします。小説の中でじっくり味わって欲しい。「楽俊はすごい」とつぶやく陽子の心情に共感しました。 延王尚隆の登場場面は颯爽としていて、血なまぐさい場面にも関わらず爽快です。延王尚隆・延麒六太の、五百年続く大国延の王と麒麟らしからぬ軽妙なやり取りがほっとさせ笑わせてくれます。ほんと好きです、この二人!人物設定の上手さを感じます。
 日本で普通の女子高生だったとは思えないほど、思慮深く成長していく陽子には多少違和感がありましたが、最後に選んだ道を思えば納得させられるかな。つい走り読みしたくなる展開ですが、登場人物の台詞をゆっくりかみ締めて読みたい。
 表紙の陽子が勇ましくてかっこいい。凛々しく戦う姿が浮かんできます。陽子を看病する楽俊とのツーショットも綺麗で、異邦人の心細さと猜疑心が現れていて、行間の陽子の気持ちを代弁するよう。優しくて人の良い楽俊が初お目見えのカットですが、陽子の額に乗せた小さな手(前足?)が可愛くて、気に入っているイラストです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「…おいらには三歩だ」

2019/03/11 09:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きん☆ぎん☆すなご - この投稿者のレビュー一覧を見る

長々と続いた苦しい旅が終わり、ここからやっと本題が始まります。陽子の正体が判明する場面は爽快です。楽俊とのやりとりもいい。アニメも面白かったが、暗い話が長すぎました。こちらには塙王と塙麟の話は出て来ないし、延麒が延王を捜し出す話もここでは書かれてません。次巻が延王と延麒の話なんでしょうか、あとがきにあった陽子の話の前に書かれたのは「魔性の子」かなぁ、このシリーズでは出てないようです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

楽俊と出会い救われた

2017/09/26 20:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「私を異界へ喚んだのは、誰!?」上巻で過酷なサバイバルを強いられて、誰も信じてはいけない、頼りになるのは自分のみと言う心境に陥った陽子が、初めて信頼出来る仲間と出会ったのが半獣の楽俊。その後は怒涛の展開で、「王」を詐称した勢力を征伐して、監禁されていた自分の臣下と再会。ラストの陽子は慶王とて迎えられるときの達成感はよかった。卵から人が生まれる設定にはびっくりしたな

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

陽子の真実

2002/06/13 16:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

十二国記シリーズ、最初の上下巻の下巻がこの本です。上巻がブルーな終わりかただっただけに、上巻を読んだら、速攻下巻のこの本を読みたくなしましたし、読んで良かったと心底思えました。

やはり、上下巻とは、2つ読んで完成されるもの。上巻を読んで面白かったけれど、でもかなり内容的にはブルーだし、終わり方も沈みに拍車をかけるし。謎が謎を呼ぶ一方だし、陽子は裏切られっぱなしだし…。結構散々だったので、この本も心して読み始めたのですが、読んで本当によかったです。下巻は謎解き編、解決編といって差し支えがないほど、満ち満ちた内容。上巻でフシギに思ったことは、この巻を読めばどれも納得できます。一人きりだった陽子に、楽俊という友ができたのも、嬉しい限り。おまけに、楽俊はいつもは半獣なのでネズミみたいな姿だけど、なななんと…これは読んでからのお楽しみ♪ 嬉しい設定で、ほくそえんじゃいました(笑)。陽子の意識も、暗い底からかなり浮上してきてます。その分、読みやすかった。

内容もオドロキの連続で、でももしやそうだと嬉しいってところを的確に突いてきたような展開で、夢中になりました。とても面白かったし、読んで良かったです。少なくとも、上巻を読んだ方は、この下巻は必ず読んで欲しい内容でした!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

上巻のキツさからやっと解放

2015/03/26 17:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

上巻のキツさからやっと解放。今からしてみればあれも下巻をよむために 乗り越えなければならなかった壁というわけか。楽俊がいなければどうなっていたことやら....ところでこのシリーズどうなっていくのかな?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/17 21:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/01 22:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/20 13:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/19 13:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/01/10 09:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/03 10:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/12 14:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/23 06:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/28 10:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/03 01:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

女性向け ランキング

女性向けのランキングをご紹介します女性向け ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。