サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

赤ちゃんと僕(白泉社文庫) 10巻セット(白泉社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

赤ちゃんと僕(白泉社文庫) 10巻セット

著者 羅川 真里茂 (著)

赤ちゃんと僕(白泉社文庫) 10巻セット

7,090(税込)

ポイント :65pt

紙の本をカートに入れる

ほしい本に追加

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

成長

2004/06/13 18:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SASA - この投稿者のレビュー一覧を見る

羅川真里茂さんの代表作である「赤ちゃんと僕」。
全体的にほんわかした優しさ溢れるマンガですが、主人公たちの成長とともに、考えさせられる話やジーンとくる話もあり、楽しんで読ませてもらいました。
赤ちゃんの弟のわがままっぷりが可愛くもあり憎らしくもある兄。
家族や兄弟、友達など、誰もが一度は経験したことがるようなエピソードが出てくるのがいいですね。時折、笑いも交えて個性的なキャラクターなども出てきたりして面白かったです。
男女、年齢関係なく読めるマンガだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

社会的視点から見た、小さい人達の温かい物語

2002/05/13 00:18

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ニシ - この投稿者のレビュー一覧を見る

全編通してほのぼのして笑って泣いて楽しく読める漫画。だけれど、そんな単純な感想に留まらない、ちっぽけで不器用で弱い人達への温かい眼差しが、この作品からはどこからともなく感じられる。

 お母さんを亡くした父子家庭。ボケかけた老人。捨て犬。家庭にも会社にも落ち着く場所のないお局様。社会からはじかれ、日本から逃げようとする銀行強盗。生徒が自殺した担任。夢精に戸惑う少年。etc.
 「赤ちゃんと僕」には、弱く、社会の隅っこでこっそり頑張っているような人が妙に多く出てくる。その事に気づいた時、その人は「赤ちゃんと僕」の見方が少しだけ変わってくるだろうと思う。

 一例、主人公のお父さん(春美ちゃん)の会社にいるお局様の話の回。会社では若い社員に「固すぎる」と疎まれ、家では夫に「仕事と家事が両立できないのならさっさと辞めろ」と突き放され、誰にも認められず無力感に襲われたお局様はとうとう辞表を提出する。失意のまま彼女が会社を出る際に、春美ちゃんが彼女にこういう言葉を贈る。
 「忘れないで下さいよ あなたは、この会社になくてはならない存在だったんです 必要な人でした」
 すると、いつも頑なに無表情を通していたお局様は泣き出してしまう。「誰かに ずっと そう言って欲しかったんです…」。

 大きい悩みも小さい悩みもみんなそれぞれに一生懸命考えている。それらが導くものが明るいオチでも悲しい結末でも、みんな頑張って生きてる。そして、誰もが自分を「ここ」に必要とされたがっていて、それはつまり、誰もが誰かを必要としているという事だ。


 作者、羅川真里茂はこの連載の後「ニューヨーク・ニューヨーク」というゲイカップルが主人公の話を書いているが、私はその作品を読んで、ゲイの社会問題を正面きって取り扱い且つエンターテインメントとして仕上げている、作者の作品の取り組み方に感動し、そして確信した。羅川真里茂は社会の視点から物語を紡ぐ希有な少女漫画家であり、「赤ちゃんと僕」も「ニューヨーク・ニューヨーク」と何ら変わりないスタンスで描かれている「社会のストーリー」だという事を。

 「赤ちゃんと僕」にメッセージ性は全くない。押し付けがましい問題提起もない。それでもこれは、作者のリアルな社会的視線から人の生活の一片を切り取り描いた「社会の物語」であり、そこから私たちが受け取れるのは「それでもみんな頑張って生きてる」という、分かっているはずなのについ誰もが忘れてしまう、ごくごく当たり前の事なのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

とにかくキャラが可愛くて…

2004/05/04 02:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ネコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

設定は父子家庭。そこにはカッコイイお父さん、優しくて可愛い長男の拓也君、そして超甘えん坊の実ちゃん(まだ赤ちゃん?)がいます。その3人が家族の中や周囲との人間関係の中で「優しさ」「嫉妬」「怒り」「喜び」などの感情を描いていて「こんなに我慢しなくていいのに」「私が近くにいれば」など感情移入しちゃいます。とにかく拓也君と実ちゃんの怒ったり、泣いたりの表情が実に可愛いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。