サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.1
  • 出版社: 青林工芸舎
  • サイズ:21cm/486p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-88379-099-1
コミック

紙の本

心の悲しみ

著者 西岡兄妹 (著)

心の悲しみ

税込 1,430 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店仙台ロフト店

「わかる」 「わか...

ジュンク堂書店仙台ロフト店さん

「わかる」
「わからない」

そういうものではなく。
言葉。雰囲気。

「この感じ」が、好きです。

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

不思議な世界に浸りたい。

2007/09/29 23:02

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hachi - この投稿者のレビュー一覧を見る

内容の難しい本には2種類あると思う。
一つはいずれは理解できるもの。
もう一つは、考えれば考えるほど理解できないもの。
この作品は後者にあたる作品だと思う。

「心が壊れてしまった」などの独特の表現を使い、
時には世の中を皮肉ったり、斜めの目線から見てみたり
しながらストーリーは進んで行く。
画面も「漫画」というよりも、「イラスト」もしくは
「絵本」といったところで、ストーリーにさらに
不思議な世界観が築かれている。

内容は理解できなくて良いだろう。
下手に理解しようとすると、かえって疲れるのではないだろうか。
それよりも、ただぼーっと世界観に浸っている方が、
輪郭はなくぼんやりと、作者の意図が見えてくると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これは「違い」ます

2002/07/05 19:15

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:reh - この投稿者のレビュー一覧を見る

兄の原作と妹の作画による短編12編を収める。これ以前に出版された「地獄」の作品群に比べ、より寓話的に形が整えられ、絵柄もより繊細になっている。もちろん寓意が簡単に読み取れるという意味ではなく、より普遍性を獲得したというような意味で寓話的なのだ。そして500ページ近い容量にもかかわらず、すらっと読めてしまい、それでいて一つ一つの作品が忘れられない印象を読み手に残す。何か「違う」マンガが読みたいのなら、私はこの本を強く薦める。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/24 10:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/04 02:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/23 03:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/03 14:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/30 21:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/03 11:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/24 14:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/20 12:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。