サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

六枚のとんかつ(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 120件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.1
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/442p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-273127-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

六枚のとんかつ (講談社文庫)

著者 蘇部 健一 (著)

【メフィスト賞(第3回)】【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

六枚のとんかつ

税込 660 6pt

六枚のとんかつ

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.7MB 無制限
Android EPUB 4.7MB 無制限
Win EPUB 4.7MB 無制限
Mac EPUB 4.7MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー120件

みんなの評価3.0

評価内訳

紙の本

アホバカトリックというものは、それだけで価値がある気がする。

2008/03/31 14:37

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ばー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 葉山響(with海路友)の解説から抜粋。

 【「たんなるゴミである」(笠井潔)】
 【「作者はバカミスを逃げ口上にしているだけ」(村上貴史)】

 以上のように、この作品は、メフィスト賞を受賞すると共に空前の批判に曝されることになった。正面きって「ゴミである」と言い切るにはそれ相応の内容でなくてはならない。
 くだらないとは前々から聞いていたが、今回の読書は少しいろいろと期待していた部分があった。もしもくだらないのであれば「どのようにくだらないのか?」、批判をするには、理想がなければならない。という事は、この本の逆が「理想のミステリ」の逆を示しているということだろう。私はミステリには疎いので、そういう意味でもこの本は一つの指針なのだ、私にとって。(あと、メフィスト賞の懐の大きさも分かるだろう。話題取りかもしれないが)

 私が読んだのは文庫版。講談社ノベルス版に比べいくつか削除された物があるが、その分、文庫版だけの特典として、「オナニー同盟」、「五枚のとんかつ」が加えられている。

 トリックそのものをここで話すわけにはいかないが、そのトリックは幼稚で、脱力系で、一言で言えば「く、くだらねぇ!」だ(下ネタもある)。他の推理小説をベースにしたトリック、などのようにパロディものもある。自分の作品のトリック(「六枚のとんかつ」)を基にした作品もある(「五枚のとんかつ」)。言うてしまえば、「誰も思いつかない」、「もし思いついてもやらないであろう」ネタの数々である。
 短編の(バカ)ミスで構成されている一冊。主人公は保険調査員の「私」。その私の所に舞い込んで来る保険金絡みの事件が描かれている。時には自分で解決することもあるが、その多くは知人で売り出し中の新進作家・古藤に解いてもらう。同僚の早乙女と一緒に解く事件もある。だが、トリックがトリックであるのに関わらず、そう簡単に解けない。見当違いのシロウトっぽい推理の数々。探偵役は古藤であるが、アドバイザーであるので、いつもその後始末(「トリックはこれ!だから犯人はあんただ!」役)をする「私」は恥をかいてばかり。古藤や早乙女との(見当違いな)かけあいはもちろん、明かされるくだらなすぎる真相は絶対笑える(か、脱力する)。古藤達の推理よりくだらない真相って…。

 笑った笑った。
 
 ミステリに美学を感じていない(愛は多少はあるけれど)私にとっては、十分面白かったけどなあ。真面目にミステリやってる人は良いとは思わないかもしれない。また、その「超くだらないミステリ」っていうのが、存在する「真面目なミステリ」への反抗になっているのかも。「なに真面目にやってんだよ、ふん!ミステリってこんなもんじゃん」って感じで著者は書いたのかもしれない(し、書いてないのかもしれない)。

 究極のアホバカミステリ。くだらないけど、そのくだらなさが、秀逸!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

愛すべきお馬鹿

2018/06/10 13:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あかすり - この投稿者のレビュー一覧を見る

とにかくくだらないミステリー短編集です。表題作のほか国内外の有名推理小説のパロディが多く、下ネタも多いですが嫌悪感はなくクスッときます。本腰を入れて読む感じではないですが、満員電車での通勤などあまり読書に体力を消耗したくないときにサラッと読むのに最適だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

第三回メフィスト賞とやらを受賞、歴史に残る名作(言うのはタダ)

2008/11/25 22:41

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鳥居くろーん - この投稿者のレビュー一覧を見る

うーわ、くだらね。このくだらなさが好きだけど。
 
推理小説ファンには申し訳ないが、はっきりいって推理モノってシチュエーションが不自然すぎて、どうも馴染まんもんでね……こんぐらい茶化してくれると自然に受け入れられる。
しっかし、笑う以外どうしようもないねえ、コレは。下品なネタも満載で女性にはすすめられないし。
 
「空前絶後のアホバカトリック」の売り文句がダテではないことだけは保証しておく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

くっだらない話しかない(笑)

2019/04/30 00:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つきたまご - この投稿者のレビュー一覧を見る

アホバカの代表と聞いていたので、読んでみたいと思っていました。まさか、ここまでとは(笑)

全ては、保険金の話です。保険会社の社員が、謎解きをするストーリーです。
主人公は1人ですが、だいたい2パターンの話があります。1つは、探偵の友人が謎を解いてくれる話。もう1つは、デブの後輩とともに、自分で謎を解く話です。ミステリとしては、ちゃんと謎を解くし、あり得ないトリックとかでは無い感じです。まぁ、こっちに謎を解かせる気は皆無な気もしますし、全てが納得できる解決とは限らないかもしれませんが。
ただ、下品(笑)
本当に、だいたい下品です。必要下品(何だそれは)なのかもしれませんが、ただただ下品です(笑)

ネタとしての話みたいのもあって、「この人達、本当にアホだな」と思う瞬間もあります。

個人的には、主人公が自分で謎解きする話より、探偵の友人が出てくる話の方が好きでした。

とりあえず、下ネタが苦手な人と、ミステリが読みたい人は、読まない方が良いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

この手の分野の成熟を期待させてくれる

2002/05/25 16:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:がんりょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

賛否両論あるこの作品だが,ミステリのパスティーシュと捉えればそんなにヒドイ作品ではない。
ただ傑作と呼べるような域には達しているとは言えないのが残念だ。私としてはこういう方向は大好きなので,この作品を先駆として,この分野が成熟していくと嬉しいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

頭の疲れないアホバカトリック

2002/03/07 00:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kenji - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は下らない内容のミステリーが盛り沢山である。多分、本格派ミステリーの愛読者が読んだら腹を立てることだろう。しかし自分は、不思議なことに笑えた。また、何作かはミステリーとしてなかなかのものではないだろうか? 一括りにアホバカトリックとはいえないかもしれない(まぁ、総じて下らないイカがわしさ溢れる作風ではあるが)。

 帰宅中の電車の中で読んだのだが、頭を使わずスイスイ読めた。本格派ミステリーではこうはいかない。さしずめ、ミステリー版『裸の銃を持つ男』といったところか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

微温湯のごときギャグミステリ

2003/06/18 10:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:PNU - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネタはともかく変人たちが面白い愉快な本である。トリックの8割強が、読んでいて設定時点で割れてしまうのが難点だが、下ネタ炸裂のテンポよい短編集となっている。このテンションのまま、謎をもう少しひねった続編があったら大好きになるのだけど。主人公のボンヤリさ加減になごむ癒(嫌?)し系ミステリといえよう。
 「そんなわけねーだろ!」とアホ推理が外れたとき、迷探偵が力なくつぶやく言葉「ですよね」が脱力できていいカンジ。肩の力をぬきたい人にピッタリである。下ネタたっぷりの真相に、自分の推理がどこまで肉薄できるかによって読者のお下劣度もはかれてしまう楽しい本だ(私、けっこうわかってしまった…)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

わたし的にはバカバカしいミステリーでいいと思う。

2017/05/15 08:03

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

バカミスの代表的作品。
ばかばかしいミステリーの略だが、Wiki先生によると、否定的な
意味ではなく、「そんなバカな」という賞賛を含んだものらしい。
まあ、そういう説もあるということ。 

目に留まる作品というのは、好意的・否定的な両方の
受けとめ方がある。文庫版のあとがきによると、単行本発売時に
商品のレベルに達していないなどの多くの批判を受けたとのこと。
一方で、批判されるほどのエネルギーがあるのならば、作品が
何かの力を持っている場合もあるため、試しに読んでみる
ことにした。

結論。
本来ならば書評を書く気が起こらない本だが、これ以上本好きの
方の被害者が増えないように記録化することとした。

この本の想定読者は、何年ぶりかに本を読むとか、ラノベしか
読んだことのない小中学生ではないかと思う。
小学生の頃、トリッククイズみたいな、問題1ページ・回答
1ページの合計百問みたいな本を読んだことがあれば、
まさにそのイメージである。

小説というには少々抵抗を感じるレベルではないかと思う。
それくらいつまらない。一話三十ページほど、合計十五話が
収録されている。

特に前半の六話目までがいけない。
裏表紙には必ず順番に読めとあるが、とんでもない。
どうしても本書を手にしたい方は、せめて七話目のオナニー
連盟から読まれることをお薦めする。

クイズ本と書いた通り、登場人物たちの織りなす話の核が
ないことが致命的だ。ひたすらトリックと答えを繰り返している。
もちろん、種明かしを考えることが好きな人もいるであろう。
ところが話によっては、みえみえのミスリードでさんざんもったい
ぶったあげく、予定調和を崩すタイプの話が入っている。
読者の気分をぶち壊すことはなはだしい。

トリック本なら、鮮やかさと意外性が命だろうに。
ぶち壊し系の話を楽しめるのは、果たしてどんな人なのか
見当がつかない。

そういう意味で、七話目以降から読み始めれば、ちゃんとした
トリック話もあるし、ばっかじゃねえなどと笑えるかもしれない
話もある。かもしれないですまないが。

ここまで書評をお読みいただき、ただ感謝するのみである。
被害者が拡大しないことを祈る。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

我慢の限界

2017/12/10 16:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Snowglobe - この投稿者のレビュー一覧を見る

頑張って半分以上は読みましたが我慢の限界です、匙を投げます。私はミステリ愛好家ではないので謎解きの構成については触れませんが(正直構成も読み苦しいものだと思いますが)、文章が酷い。もうちょっと何とかならなかったのでしょうか。購入した書籍は最後まで読む主義ですが、読み進めていくうちに不快指数がどんどん上がり、何故購入してしまったのかと激しい後悔の念が沸き上がってきました。私がどれだけ暇でもこの本を読む事は人生の時間を無駄にする事だと思いますので、デバイスから削除します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/07/03 06:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/21 16:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/22 22:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/21 22:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/07 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/18 21:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。