サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

コウルリッジ詩集 対訳(岩波文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.1
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波文庫
  • サイズ:15cm/342p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-322213-X
文庫

紙の本

コウルリッジ詩集 対訳 (岩波文庫 イギリス詩人選)

著者 コウルリッジ (著),上島 建吉 (編)

コウルリッジ詩集 対訳 (岩波文庫 イギリス詩人選)

972(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

次の思想へ

2014/07/12 13:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

岩波文庫で旧訳の「コウルリヂ詩選」と本書を並べて読みました。
いわゆる幻想詩「クーブラ・カーン」「古老の船乗り(老水夫行)」「クリスタベル」がやはり愁眉。「クリスタベル」は「詩選」の方が全訳で、この「対訳」では第一部のみ。
「クーブラ・カーン」は、つまりフビライ・ハンの作った都、ザナドゥの壮麗さを描いているが、その優雅さを感じるには原語で味わうのでないと分からないのかもしれない。そのための「対訳」なんでしょうが、そういう素養自体にまったく欠けているのは慚愧なこと。
「老水夫行」は、赤道も越えて南極まで漂流した船乗りの恐怖の体験の物語。さまざまな海の魔物に憑かれ、ただ一人の生き残りとなって故郷に帰り着く。そこで聖者によって呪いは解かれはするが、恐怖の記憶だけは消えること無く、彼を漂流の身としてしまう。これはヨーロッパをひとたび離れれば、彼らの信じている論理は一切通用せず、まったく別の価値観で構成されているのだという世界認識が現れている。「クーブラ・カーン」でも、根本的に異なる思想で構築された世界に詩情を見いだしているのと同様だが、ヨーロッパ文明の太刀打ちできない厳しい世界を「老水夫行」では見せている。
「クリスタベル」は、この草稿を読んで小説「ドラキュラ」が書かれたといういわく付きの作品。暗喩による表現が多く、特に旧訳は言葉の調子を重視しているので、何が書いてあるのか理解が難しい。中世風の古城を舞台に、得体の知れない怪異が忍び込んでくるのは、当時流行のゴシック小説さながら、というよりそのものだが、人々を破滅に追い込んでいくところまでには至らず、二人の美女の間に不信の影が差したところまでの情景を描いているのは、その先の悲劇は暗示するだけにとどめようとしているのだろうか。
この幻想詩3編以外にも、人生詩、政治詩、恋愛詩、田園詩、と分類されて収められている。ヨーロッパ文明の外側に向かっていた彼の意識は、またフランス革命に理想と失望を見いだし、新大陸への期待をかけたりもする。そして同時に、生まれ育った土地への愛着もひとしおであることも伝わる。
たぶん世の中の批判から絶望したり厭世的になったり、あるいは幻想に逃避したりしようというのでも、空想のユートピアに沈むのでもない。最初の恋人と、妻と、新しい恋人とに一心に愛を注いだように、ゴシック物語や外側の世界へけっして過去を否定しないが、世界の再構築するための新しい価値観を切望しているのが、この人なのではないだろうか。その夢見た世界像、新しい思想の実現を、ぜひたしかめてみたかったものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/07 14:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/12 21:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/10 18:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/18 06:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む