サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ハルーンとお話の海
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生 中学生
  • 発行年月:2002.1
  • 出版社: 国書刊行会
  • サイズ:22cm/245p
  • 利用対象:小学生 中学生
  • ISBN:4-336-03964-X

紙の本

ハルーンとお話の海

著者 サルマン・ラシュディ (著),青山 南 (訳)

ある日突然物語る力を失った父のために、ハルーンはお話の力を司る「オハナシー」の海へと旅立つ。死滅しつつあるその海をハルーンは救えるのか。死刑宣告を受けたラシュディが、悲痛...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ある日突然物語る力を失った父のために、ハルーンはお話の力を司る「オハナシー」の海へと旅立つ。死滅しつつあるその海をハルーンは救えるのか。死刑宣告を受けたラシュディが、悲痛な思いをこめたファンタジー。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

サルマン・ラシュディ

略歴
〈ラシュディ〉1947年生まれ。著書に「悪魔の詩」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

退屈そうに恐ろしいことが行われている。というメッセージ

2003/01/07 18:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヨウコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

あらすじは他の書評を見てもらうとして、私は この話を環境問題に置き換えて読みました。8年前くらいに原文で読んで、今パラパラっとこの訳を読んだので あやふやなのですが、単なるファンタジーを越えて考えさせられます。
お話の海を汚染されてしまったり、影の国では皆 沈黙したまま退屈そうに悪いことをしている。というシーンが印象深いです。
沈没する船から救命ボート(女性や子供用)もなく男性が飛び込むとき、アメリカ人へは「ヒーローになれる」、イギリス人へは「それがジェントルマンというものです」、ドイツ人へは「それがルールです」、日本人へは「みんながやってます」と言えばいいという笑い話がありますが、日本人は 誰かが悪いことをしていても声を上げずに 自分にとばっちりがこなければそれでいい、と考えているふしがあります。下手をすれば、沈黙を決め込み 黙々と退屈そうに(悪いと知りながら)それをやり続けそうな所が、影の国の人と重なってみえてしまいます。
お話の海の汚染を環境問題ととらえると、日本人はハルーンのようなヒーローもなく、黙々とダメな方向へ向かっていっているような気がします。ひとりひとりが自分で考えて行動すればいいだけの話なのですが。このお話は大人にも読んでもらいたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ストーリー展開の妙技とすっとぼけたユーモアが堪能できる、おもしろおかしい“お話”

2002/03/13 18:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:赤塚若樹 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ハルーン・カーリファの父ラシードは、人前で話をするのが仕事のストーリーテラー。ほら話や小話や珍妙な話など楽しい話ばかりをしていたために、「空想がいっぱいの海」とか「戯言の王」というあだ名をつけられている。そのラシード、仕事にかまけて、妻のソラーヤが隣人のセングプタに誘惑されていることにも気づかない。ある朝、ソラーヤはハルーンに靴下を探すようにいいつけた。ハルーンが部屋に行き、一生懸命に探しているあいだに、ソラーヤはセングプタとともにタクシーに乗ってどこかに消えてしまう。取り残されたラシードは、どうしよう、自分にできるのは話だけ、とみじめそうにいう。ハルーンはかっとなって、セングプタがラシードについていっていた悪口のひとつを口にする。「ほんとうでもないお話がなんの役にたつの?」ラシードはこのときから人前で口を開いても、話がまったく出てこなくなってしまう……。

 こんなふうにはじまる《お話》をめぐる「お話」。小説と呼ばれるジャンルには、それこそたくさんの種類と形式があるが、この作品がとくに、ごく一般的な意味での物語、つまりは“お話”を中心に据えたものであることはあきらかだ。しかも、これ、あの「むかしむかし」という、これをおいてほかにないといえるくらい《お話》的な決まり文句ではじまっている。そのうえ、カーリファ親子が暮らすのが、悲しみに押しつぶされて、名前もすっかり忘れてしまった悲しい町だというのも、まさに《お話》的な設定といえるかもしれない。

 ところで、読者のみなさん、ここでひとつ、《お話》の要件について考えてみよう。“お話”が《お話》になるにはいろいろ必要だろうが、《お話》は、なによりもまず読む者、そして聞く者の興味をかき立ててくれないといけない。たぶんこれが第一要件。そして、そんな“お話”のなかでも望ましいのは、悲しいものより愉快なもののほうだ。誰だって楽しくなれるほうがいいに決まっている。などなど、と考えていくと、わたしたちはひとつの真実に行き着くことになる。そう、《お話》はおもしろおかしくなければならない、というものだ。

 では、この『ハルーンとお話の海』という「お話」は《お話》と呼ぶにふさわしいものなのだろうか。答えは、もちろんイエス。そして結末も、愉快な《お話》らしくハッピーエンド。しかも、そのハッピーエンドはハルーンが「お話」のなかでもとめたものらしい。ソラーヤがまちがいに気づいて帰ってきて、また3人仲良く暮らしましたとさ、というなかば予想どおりのものだが、そのとき町は「しけた顔」ではなく「笑い」が似つかわしいところにかわっていて、住人たちは町の名前も思い出している。〈オハナシー〉というのがその名前。

 じつは、これ、この「お話」に出てくる〈地球のもうひとつの月〉の名前でもあり、何を隠そう、そこを舞台に展開するファンタジー・アドヴェンチャーこそがこの「お話」の中心にあるものなのだ。
 〈オハナシー〉には〈お話の海〉があり、ストーリーテラーのラシードはそこから〈お話の水〉をもらって〈お話の仕事〉をしていたのだった。ラシードが人前で話ができなくなってしまったのはさきほどみたとおりだが、そのうえさらに、〈お話の水〉の〈回路〉までも切断されそうになっていた。この事実を〈水の精〉の〈モシモ〉から聞き出したハルーンは、父親を助けるために、〈オハナシー〉の〈オシャベリ町〉の最高長官〈セイウチ〉に会いに行く。だが、〈オシャベリ〉は、世界の支配をもくろむ〈チンモク〉と戦争状態にあり、〈お話の海〉はその〈チンモク〉によって滅ぼされようとしていた……。さて、ハルーンはどうするのか。ストーリー展開の妙技とすっとぼけたユーモアが堪能できるこの《お話》、まぎれもなく一級品だ。 (bk1ブックナビゲーター:赤塚若樹/翻訳・芸術批評 2002.03.14)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/03/03 03:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/22 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

YA(ヤングアダルト)文学 ランキング

YA(ヤングアダルト)文学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。