サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【店舗】初めての“店舗お受け取り”ご利用で50ポイントプレゼントキャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 言語・語学・辞典の通販
  4. 英語の通販
  5. 毎日新聞社の通販
  6. とっておきの英語 第一線同時通訳者の秘蔵話の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

とっておきの英語 第一線同時通訳者の秘蔵話
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.1
  • 出版社: 毎日新聞社
  • サイズ:19cm/262p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-620-31549-4

紙の本

とっておきの英語 第一線同時通訳者の秘蔵話

著者 村松 増美 (著)

ケネディ、レーガン、クリントンから歴代の日本首相、有名スター、実業家など、現代史を創ってきたリーダーたちの知られざる素顔を、同時通訳の第一線で活躍した著者が、英語の博識と...

もっと見る

とっておきの英語 第一線同時通訳者の秘蔵話

1,728(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ケネディ、レーガン、クリントンから歴代の日本首相、有名スター、実業家など、現代史を創ってきたリーダーたちの知られざる素顔を、同時通訳の第一線で活躍した著者が、英語の博識とユーモアで語る。ウィットと名セリフ満載。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

村松 増美

略歴
〈村松増美〉1930年東京都生まれ。NPO「えむ・えむ国際交流協会」を設立。文筆、講演等でも活躍中。著書に「私の英語ウォッチング」「リーダーたちのユーモア」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

相手のあげた拳を下げさせ、武器をおろさせるユーモア

2006/06/22 14:48

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろこのすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は第一線の同時通訳者として歴代のアメリカ大統領や多くの国際会議で活躍してきた著者が、英語自体を勉強の最終目標とせず、英語を通じてユーモアという「英語の中の隠し味」を賞味すべく書かれたものです。
したがって、同時通訳のノウハウや英語の勉強法を期待する人向きの本ではありません。
(「神々もジョークを愛(め)で給う」と言ったのはギリシャの哲学者プラトンだった)。
神でさえもジョークを愛でるのであるから、煩悩だらけの人間には笑いは生きる上でのビタミン愛かもしれません。
では、ユーモアやジョークとは何でしょう?
本書の中でアイゼンハワー大統領は「ユーモア感覚は、人とつきあい、仕事をちゃんとやりとげるための、指導者(リーダーシップ)の技術の一部だ」と言っています。
またリンカーン大統領は「私のささやかなジョークでもなければ、(南北)戦争の重荷に私は耐えられなかったろう」との言葉を残しています。
緊張や恐怖もたった一言のジョークで気持ちがほぐれ、場がやわらぐのだからジョークは魔法の杖である。
今やどんなスピーチでもどこかに一つユーモアを交えるのが成功の秘訣と言われています。
ここで愉快なジョークを:
天国で5人のインテリが、人生で最も大切なものは何か議論をした。
モーゼは自分の頭をさし、「一番大切なのはここだ」と理性を強調。
するとイエス・キリストが胸をさし、いやここだと言いました。ハートつまり愛を強調。
次にマルクスが一番大切なのはそれより下だと胃袋をさした。食べ物。つまり物質主義。
そこにフロイトが来て「一番大切なのはそれよりまだ下だ」と言いました。
人間の行動・心理のすべてを性で説明した人です。そこへ現れたのがアインシュタイン。
「みんな、違うね。すべては相対性だよ」
さて、ユーモアの中でも「自分をくさすユーモア」はユーモアの中でも上質なものとされているという。
事故で右ひざの下で足を切断した英国人男性の話は本書の中でもひときわ余韻の残るものである。
彼は自分自身を「ブリキの足をつけた小太りの中年男」と笑いとばし、「私に足を返してくれると言ってもだめですよ。それは自分を小さくしてしまいますから」「障害があってもかまいません。実際には少ないことは多いことなのです」。
つまり足は一本減ったが(less)代わって多くの冒険を通じて偉大な人生を切り拓いたから(つまりmore)だと評した。
“Less is more”(少ないことは多いことです)
何と勇気を与えられる言葉でしょう!
こんな風に本書は英語好きにも、英語に縁がない人にもどこかでちょっと使ってみたい表現やジョークに満ちていて、「負け犬」だとか「勝ち組」だとか、とかく、ささくれだった価値観から鎧も兜も脱いでほっこりユーモアに包まれたくなる一冊です。
(議論に勝って友を失う愚をおかさないためにも、相手のあげた拳を下げさせ、武器を下げさせるユーモア)を持ちたいものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

著者コメント

2003/05/20 03:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えむ・えむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者としては愛着のある有名人(ケネディー大統領、エベレスト初登頂のヒラリー郷など)また有名ではなくても心をうたれた名言などを紹介、名言・名文に触れることによって、「おびんずる様効果」(rub-off effect) があることをお勧めすべく書いた本です。新聞社の本は、とかく書店で目立ちませんが、2003年になってから上梓した『ミスター同時通訳の「私も英語が話せなかった」』(講談社+α文庫)と『秘伝 英語で笑わせる ユーモア交渉術」』(日経ビジネス人文庫)の2冊の好評売れ行きに引っ張られて、「英語」と「ユーモア」に関心ある読者の目に触れて欲しいと願っています。村松増美

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

英語 ランキング

英語のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む