サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大切な人に贈る本 ポイント5倍キャンペーン(~1/9)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

銀河パトロール隊(創元SF文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 25件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.1
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元SF文庫
  • サイズ:15cm/411p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-60316-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

銀河パトロール隊 (創元SF文庫 レンズマン・シリーズ)

著者 E.E.スミス (著),小隅 黎 (訳)

銀河パトロール隊 (創元SF文庫 レンズマン・シリーズ)

907(税込)

銀河パトロール隊

702 (税込)

銀河パトロール隊

ポイント :6pt / 紙の本より205おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 8.5MB 無制限
Android EPUB 8.5MB 無制限
Win EPUB 8.5MB 無制限
Mac EPUB 8.5MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー25件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

壮大なスケール!圧倒的パワー!

2002/07/31 21:48

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トリフィド - この投稿者のレビュー一覧を見る

この稀有なシリーズを、どのように表現したらいいものか——時間
と空間と次元を越えた壮大なスケール。力と力の激烈なぶつかり合
い。知力の限りを尽くした心理戦。謎また謎——

今日でも、このシリーズを越えるパワー、スケール、迫力、勢いの
スペースオペラは存在しない。どれもこれもパワー不足か、あるい
は行き過ぎてバカSFになっているかだ。このシリーズはまことにもっ
て、稀有なバランスの上にある。

古い作品だが、回顧的な理由からではなく、まさにいま楽しむため
に読む価値が十分にある——いや、それどころか、読む *必要* が
あると断言させてもらおう。これを読まずしてスペースオペラを語
るなかれ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

伝説のスペースオペラ復活

2002/03/19 22:58

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sfこと古谷俊一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本が壊れるほど読み返した作品が、こうして復活するのは嬉しい限りです。新訳版では、細かい用語が(ルビ+漢字などで)スマートになっているほ か、躍動感が増しているように感じます。

 久しぶりに読むと、頭の良い、訓練された、無慈悲な敵を、出し抜いていく様が良いですね。主人公も色々工夫するわけですが二度は通じないし、きっちり敵も予測して正しく行動しているという感じです。

 三次元的な陣形や海戦の歴史的手法を踏まえた各種戦術(高速巡洋艦で捕捉し大艦 巨砲の主力艦で撃滅する戦術とか)、装甲宇宙服を着ている時の重い武器の有効性、携帯銃器より当然強力なセミポータブルや車両 移動式兵器、負荷により発光し崩壊していく防壁やバリヤーなどなど。現在の軽スペースオペラしか知 らないひとには新鮮だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

往年の名作が新訳で蘇った。又、色々な人に知ってもらいたい。

2008/01/05 11:18

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:朝光 - この投稿者のレビュー一覧を見る

数十年前に夢中で読んだSFですが、新訳が出た事を知り
思わず手にとって読みました。

面白くて面白くて、2日間の休み時間は全部この本に使いました。

物語のスケールの大きさ、次々に起こる危機を斬新な発想と
行動で切り抜けてゆく爽快さ、テンポの速さ、推理小説の様に
色々しこまれた伏線。

まさに、SF黄金期の熱気が感じられます。

新訳は、流れる様な文体ですばらしく、往年の読者にもぜひ読んで
いただきたい。又、この本を知らない若い世代にも知らせて
上げたい一冊です。

旧本の真鍋博さんの挿絵がないことが唯一の残念なところ。
とても未来的な挿絵で、ワクワクしたものでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

SF初心者でもオッケー。の良作

2002/03/12 17:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:疾風 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書の帯にはこう書いてある「スペースオペラの金字塔!」 なんとも大上段である、と思うのは、何を隠そう私自身がSF初心者だからであるわけで、昔からのSFファンの方にとっては、これは事実を述べたまでのことだということが、読了後わたしにもわかった。あとがきによれば、本書の最初の翻訳版が出たのは30年も前らしい。そのような作品が、時間を超えて再訳で出版されるということは、さぞかし名作と格付けされているのだろう。

 ということで私の感想を少々。ストーリーの書き込み度としては、やはり若干古いスタイルなのだろうか、事件のポイント・ポイントの間をつなぐ、移動シーンなどは思い切ってバッサリ省かれており、キニスンが活躍するシーンをふんだんに詰め込んでいる。そのおかげで各登場人物の書き分けや、生活感などの細かい描写は比較的省かれてしまっているが、その反面、スピード感は増しており物語の展開としては悪くない。この細かい描写の抑制と展開スピードを上げるバランスが絶妙で、とってつけたような展開になっていないのはすばらしい。このあたりがE.E.スミスの職人芸なのだろう。

 本書の「レンズマン」というネーミングは、日本人的な感覚ではいささかアレなのだが、子供向けではない。一言で特徴を言うならば「ヒーローもの」ということになるだろうが、そう言ってしまうとますますアレな感じがしてしまうが、「戦隊もの」とかそういうのではなく、むしろイメージ的には「スーパーマン」に近いだろう。というかスーパーマンが「レンズマン的」なのだということなのかもしれないが。

 レンズマンは確かに強いが無敵ではない。というあたりにヒーローもの的なところがあるわけだが、いったん読み始めてキニスンに感情移入してしまうと、逆にその強さっぷりが爽快感につながるのがおもしろい。ドロドロした恋愛小説を読んだ後や、上司にこってりしぼられて怒りのやり場がないような時は、本書を読んでスカッと爽快な気持ちになってみるのもいいだろう。

 SFの設定的には、私のようなSF初心者にはわかりにくい概念(有慣性と無慣性とか)が出て来るには出てくるが、そこは昔のSFゆえに理由付けがいささかぞんざいなので、「ふーん。そうなんだ」という感じで深く考えずに読むのが(SF初心者が)本書を楽しむコツだと私は思う。ギミックを楽しむSFももちろんあるのだろうが、本書はレンズマンのキニスンの暴れっぷりを楽しめばいいわけで、SFをあんまり読んだことがない人でもすんなり入っていけるだろう。

 実際の話として、本書を読み始めるとぐいぐい引き込まれて行き、どうにもページをめくる手が止められない。通勤電車の中で本書を読もうと思っている方は、乗り過ごさないよう気を付けていただきたいものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

疾風怒濤の展開

2002/03/28 19:40

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:死せる詩人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 レンズマン、とな。噂を聞くにSF——ことスペースオペラ——の古典として非常に強い影響力を持った作品らしいではないか。
 ふむ、書店で見てみると帯には「スペースオペラの金字塔」などと大仰なコピーが打たれているではないか。あたしゃSFについては門前の小僧なんで、詳しくは無い。でもそんなに凄い作品なら僕の様な末端のSFファンでも耳にしていても良さそうなものだ。にもかかわらず僕が知らなかったってことは、古きを愛するSFファンが衰退著しいSFの捲土重来を計って、大げさなに喧伝しているだけに違いない、などと思いながら読む本もないので手に取ってみた。

 確かに、もう3、40年も前の小説である。新訳になったとはいえど大時代的な表現やガジェット(正直に言うとレンズマンという単語もダサいと思う)が多いので「未来的なセンスオブワンダ」に溢れた作品ではないかもしれない。

 しかしながら、なかなかどうして面白いじゃないか。何故か?

 疾風怒濤の展開、息もつかせぬイベントの嵐、ページをめくったらもう別の惑星にいたりする。確かにスペースオペラの金字塔であるかもしれない、しかしこの作品はそれ以前に偉大な冒険小説なのだ。文武両道のヒーロー、狡猾で慎重な敵、未知の惑星、計り知れない超知的生物、次々に登場する新技術。ふむこれだけの作品が40年前にあったという事実は全く驚愕に値する。スカッと一発ホームランの様な気持ちいい物語を楽しみたいならオススメである。

 光速よりも早く移動している宇宙船がおかしい? エーテルなんて当の昔に否定されている? 君はハードSFを読みたいのか? 帯にスペースオペラと書いていなかったか? 些末な事は気にするな、面白い冒険小説があるんだぜ。黙って読めよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

昔の翻訳の方が良かった!

2016/09/18 16:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あんぱんまん - この投稿者のレビュー一覧を見る

綿心いとって、強烈な影響を与えたほんの一つです。もう40年近く前に読みました。今回は、電子書籍で読んだのですが、
クリスは、「わたし」はなく「わたくし」
メンターは、今回の翻訳では威厳が感じられない。
エッドアではないでしょう!エッドールです。

翻訳された表現に納得ができませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

編集部コメント

2003/03/03 18:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東京創元社編集部 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 野田昌宏さんが推薦!「この小隅訳には、私が初めてE・E・スミスと出会ったときの瑞々しい興奮が渦巻いている」

全銀河に出没する正体不明の宇宙海賊。これに敢然と立ち向かうのが銀河文明を守るパトロール隊とその精鋭、レンズマンである。新人レンズマンとなったキムボール・キニスン少尉は、海賊との決戦に赴くべく、新兵器“Q砲”を搭載する最新鋭艦を駆って出撃した! スペース・オペラの金字塔たる全7巻が新訳になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

堂々のオープニング

2002/02/15 20:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:猫   - この投稿者のレビュー一覧を見る

 SF史上に残る傑作シリーズである『レンズマン』全七巻が新訳によって再刊行される。シリーズ第一作においては、まだその壮大な設定の片鱗しか明らかにされないが、次々とくり出される新兵器の数々や多種多様な異星人の存在が面白く、続編に期待せずにいられない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/07 19:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/06 14:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/08 21:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/10 19:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/10 23:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/06 23:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/30 14:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

創元SF文庫 ランキング

創元SF文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。