サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

2/4~エントリー【HB施策】『DEATH NOTE』描き下ろし読み切り『ジャンプSQ. 2020年3月号』掲載記念プレゼント企画エントリーページ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ジェイミーが消えた庭
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2002.1
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:19cm/202p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-19-861472-5

紙の本

ジェイミーが消えた庭

著者 キース・グレイ (作),野沢 佳織 (訳)

夜、ジェイミーとぼくはよその家の裏庭を次々に駆けぬける。兄貴もクラスの連中もクリアできなかった記録を目指して。もう少しでクリアできそうになったその時…。ガーディアン賞にノ...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

中・高生ベストYAセレクション 8巻セット

  • 税込価格:14,740134pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

夜、ジェイミーとぼくはよその家の裏庭を次々に駆けぬける。兄貴もクラスの連中もクリアできなかった記録を目指して。もう少しでクリアできそうになったその時…。ガーディアン賞にノミネートされた話題作。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

キース・グレイ

略歴
〈グレイ〉1972年イギリス生まれ。ロバート・ウェストールの作品に影響を受け、物語を書き始める。著書に「家出の日」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

あの頃近所のお兄さんお姉さんはちっとも恐くなかった

2003/12/31 10:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:星落秋風五丈原 - この投稿者のレビュー一覧を見る

成績もぱっとせず、スポーツ万能でもない、いわゆるどこにでもいる平均点タイプの男の子、「僕」。でもたった一つ自慢できる事がある。
1列に並んだ家々の裏庭を一気に駆け抜けるスリル満点の遊び
クリーピングだ。僕とジェイミーは最高のコンビだ。
そう、あの難ルートと呼ばれるダーウェント・ドライブに
挑むまでは…。

物語の後半部分では、「消えた」ジェイミーが再び現れる。
SFに詳しい人でなくても、現れた理由については早晩見当がつくだろうし、
物語もその部分を追求するのが主意ではない。主眼は、ジェイミーと
僕、そしてもう一組の少年少女の関係に置かれている。

二人ならば、平気なのだ。
かつてボコボコにされたいじめっ子への復讐や、再度の挑戦も。
二人だから、楽しいのだ。
クリーピングにせよ、何にせよ、
塀よりも遥か高い身長を持つ大人達から見れば、
「それが出来たからってどうした?」と
怪訝な顔を向けられる事も。
同じ背丈で物を見て、同じ目線で話せる親友どうしだった二人が、
平気じゃなかったのは、たった一つ。
永遠に喧嘩別れしたままでいること。
二人の思いはとても強かった。
とっても不可能だと思われた、一つの奇跡を起こせるほどに。
男の子っていいなぁ。羨ましい。女の子に対して、こういう冒険談がめっぽう多いから。
だから、ルースが羨ましくてならない。
ジェイミーと僕を応援する年長者達として登場する、年上の不良っぽい女の子ルースと、僕の「大きいおにいちゃん」カール。彼等は、ジェイミーと僕の成長した姿。まだ完全に大人になりきっていない、子供と大人の境界(マージナル)に立つ存在だからこそ、僕とジェイミーの試みを、「馬鹿な事」と一笑せず、サポートする。子供時代、ジェイミーのような、かけがえのない友達と、頼れるアニキやアネキ達が傍にいてくれれば、一度きりの子供時代を泳ぎきるのに、どんなに心強かっただろう。

小学校低学年の頃、私の面倒を見てくれたのは、近所の小学校高学年の少年少女だった。
少し年上の年長者の後をついてまわり、私は何でも真似をした。
遊んでいる最中に
「おやつよ。」
と呼ばれると、
「誰々ちゃんは?」
と必ず口にした。
「誰々ちゃんは別の家の子だから、おやつは別に食べるのよ。」 
と言われても、私は今ひとつ納得のいかない顔をしていた。
昔は、「近所のおにいちゃんとおねえちゃん」が、ちっとも恐くなかったし、親達も信頼していた。
事件での全く見ず知らずだった子供達の関係と、顔見知りだった私と近所の子達の
関係を、同じ目線で見る事には無理がある。
それはわかっているけれど、少子化が進み、以前よりも、近所のお姉さんお兄さん達と遊んでいる子を見かけなくなった事に気づくと、「私達の子供の頃とは、随分違って
しまったんだな。」と寂しく思う。
少年が幼児を突き落とす事件が起こるなんて、あの頃は予想もしていなかった。
再び、「近所のおにいちゃんとおねえちゃん」を信頼する時代が来るのだろうか。
いや、来るはずだ。そうでなくては。

デビュー作でガーディアン賞にノミネートされた作品。この時21才。どうりで、物語と文章に勢いがある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ぼくは、たしかに、あの難関ロードをジェイミーと完走したんだ!

2002/02/19 14:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:海青 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 数学の点がちょっとよいくらいで何の取り柄もなかったぼくの生活は、ジェイミーが転校してきて変わった。——
 裏庭から裏庭へと駆け抜けて、住人に見咎められずにどこまで行けるか競いあい、自分の運や力をためすクリーピング。ぼくのにいさんカールも伝説のクリーパーだった。ジェイミーとぼくはもう少しで、最難関ロードをやっつけるところだった。なのに、ぼくのヘマで、ジェイミーは警察に捕まり、怒ったジェイミーはパートナーを解消すると言う。ぼくは何とかして、ジェイミーの立場と機嫌をなおしたいと、ぼくなりに知恵をしぼる。それなのに、ジェイミーはぼくをおいて火事で死んでしまう。

 ゾクゾクハラハラする大人の知らない子どもだけの秘密の世界、を覗く気分。彼らと一緒にダッシュして『丸住』を避け、『カゲ』に入り込み『犬のルール4番』を使って運動場までかけぬける——

 兄カールの弟(過ぎ去りし自分)へのやさしさ、ちょっと不良少女のルース、そして悪たれ達、登場人物もピタっ。
 ロバート・ウェストールの作品に出会い作家を目指した作者21歳の作品。友情と喪失のせつなさを駆け抜ける思春期のモニュメント!
 あの夜、ジェイミーは本当にぼくと走ってくれたんだ。———

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/03/03 16:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/13 00:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/17 12:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/30 01:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/28 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/16 00:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/02 21:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/10 16:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/07 09:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国の作品 ランキング

外国の作品のランキングをご紹介します外国の作品 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。