サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~5/31

honto9周年 ポータルページ ~6/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 41件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 発売日:2002/01/31
  • 出版社: フレーベル館
  • サイズ:29cm/1冊
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:4-577-02357-1
絵本

紙の本

ぜったいたべないからね (チャーリーとローラのおはなし)

著者 ローレン・チャイルド (作),木坂 涼 (訳)

【ケイト・グリーナウェイ賞】お兄ちゃんのチャーリーは、ときどき妹のめんどうをみなければならない。好き嫌いの激しい妹のローラに、どうにかして食べさせようとする兄のほほえまし...

もっと見る

ぜったいたべないからね (チャーリーとローラのおはなし)

税込 1,430 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【ケイト・グリーナウェイ賞】お兄ちゃんのチャーリーは、ときどき妹のめんどうをみなければならない。好き嫌いの激しい妹のローラに、どうにかして食べさせようとする兄のほほえましい奮闘ぶりが最高! 2001年度ケート・グリーナウェイ賞受賞作。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ローレン・チャイルド

略歴
〈ローレン・チャイルド〉イングランド南部ウィルトシャー生まれ。99年はじめて手がけた絵本でスマーティーズ賞受賞。「ぜったいたべないからね」で2001年ケート・グリーナウェイ賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー41件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

食べる

2020/05/09 07:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なま - この投稿者のレビュー一覧を見る

好き嫌いが激しく、ぜったいたべないからね!と言う妹のローラになんとか食べさせようとする兄のアイデアがすごいです。孫に読んであげたら、にっこりしていたので気に入ってくれたようです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素晴らしい!

2019/01/05 20:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ウッドチャック - この投稿者のレビュー一覧を見る

すごいアイディアのお兄ちゃん!
好き嫌いが多い妹に、なんとかして嫌いなものを食べさせようとするお兄ちゃん。
お兄ちゃんのアイディア勝ちで、愉快なお話でした。
ところどころ、絵ではなく写真を使っていて、楽しい絵本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

食わず嫌いの妹ローラの面倒をみる兄チャーリー。ことばのマジックが素敵です。愉快なレイアウト、アンバランスさも魅力あり!な楽しい絵本

2006/08/06 22:53

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆうたのーと - この投稿者のレビュー一覧を見る

お兄ちゃんのチャーリーが好き嫌いのはげしい妹ローラののめんどうをみてあげるお話。奮闘ぶりがみものです。
マンガチックな絵と食べ物の写真のコラージュがとても愉快。壁や床、テーブルには本物?の壁紙が使われています。アンバランスな配置も効果的。文字のレイアウトにも楽しい工夫が施されていて、ページをめくるたびにドキドキするくらい。
「妹のめんどうをちゃんとみてあげてね」「ごはんを食べさせておいてね」なんて簡単に言って出かけちゃったパパとママ。
ローラは夕食のテーブルにつくと、あれもいや、これもいや、これだってダメ!と大演説。
ここからがチャーリーの腕の見せ所。といっても料理するわけじゃなく、巧みなことばが素敵なんです。
「はるばる木星からとどいたえだみかん」
「あめだまみどり」
「山のてっぺんでとれるくもぐちゃらん」
「人魚が毎日食べてるころもうみ」
…これ、いったいなんの食べ物のことを言っているかわかるでしょうか?(想像してみて!)
ことばのマジックで、ローラは食べてみる気になってしまうのです。すると…
「なかなかいけるかも」
最後には「ぜーったい、たべないからね」と言っていたトマトを自分からリクエスト。
ローラいわく、これは「まんげつぶちゅっと」なんですって。
我が家ではローラなみの「食わず嫌い」長男と三男よりも二男がこの絵本にハマってしまいました。二男は食欲No1、寝起きであろうと、初めてのものであろうと「いただきまーす!」という食いしん坊なんです。
ミニトマト(本文では「トマト」ですが写真では「ミニトマト」)はもちろん!「まんげつぶちゅっと」と呼び、保育園で苗から育てていたのが実をつけて、クラスの子たちで順番に食べるのをそれはそれは楽しみにしていました。お味は「とーってもあまかった!」ですって。
食わず嫌いの子に無理やり食べさせようったってぜーったいにうまくいかない。
その気にさせるのには技が必要になります。チャーリーはあっぱれでした。
最後は妹の口達者ぶりのほうがまさったかもしれないけど、ね。
【月乃春水 ツキノ・ハルミ 本のことあれこれ】

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

兄妹

2016/02/27 23:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ぜったいたべないからね!と言う妹になんとか食べさせようとがんばる兄がいいですね。
わたしだったら親に頼まれても面倒なので放っておきそうです。
2歳の子に読みましたが、けっこう気に入ったみたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おもしろい

2016/03/16 05:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

チャーリーの奮闘ぶりが面白くユーモアのある言葉の数々に大人の親のほうがハマってしましました。オススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

好き嫌いのはげしい妹に、お兄ちゃんはどうやってごはんを食べさせるのだろう?

2002/02/19 15:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:バムセ - この投稿者のレビュー一覧を見る

2001年度のケート・グリーナウェイ賞受賞。好き嫌いのはげしい妹に、お兄ちゃんはどうやってごはんを食べさせるのだろう?

 パパとママは、かんたんに「いもうとのめんどうをちゃんとみてあげて、ごはんも食べさせておいてね。」って言うけれど、これがとても大変。妹は、好き嫌いがはげしいんだ。でも、そこでお兄ちゃんは考えた。無理やりに食べさせるなんて、下手なことはしない。たとえば、にんじん。妹のローラに言わせれば、にんじんはうさぎのえさなんだって。目の前にあるにんじんを見て、ローラは「あたしぜったいたべない!にんじんなんか。」と言い出す始末。すると、お兄ちゃんは「ああ、それはね、にんじんじゃないよ。にんじんにみえるかもしれないけど にんじんじゃない。それははるばるもくせいからとどいたえだみかんだよ」と言った。えだみかんを手にした妹のローラは、「ひとくちかじってみようかな」って言ったんだ!ほかにも妹のきらいなものはたくさんある。まめにじゃがいも、さかなのフライ、トマトも、ブロッコリーも・・・。でも、お兄ちゃんの手にかかるとそれらをひとくち食べてみたくなる。とってもわがままな妹なのに、お兄ちゃんは決して怒ったり、あきらめたりしない。こんなお兄ちゃんがいたら、お母さんは大助かり、なんて思ってしまった。そして、これが兄弟のいいところなんだろうなと思った。この絵本を読み終わるときには、食べ物の新しい名前をいくつも言えるようになっているのではないだろうか。子どもといっしょに、いろんな名前を考えてみるのもおもしろそうだ。
 本書は、2001年度のケート・グリーナウェイ賞を受賞した。絵と写真をあわせたポップなかんじの仕上がりになっている。姉妹本として「ぜったいねないからね。」も同時に出版された。この本では、題名から予想されるようにお兄ちゃんが妹をねかせるのに再び大変な思いをする話だ。けれども、やはり兄は妹のわがままに最後までつきあってくれるやさしい兄だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/05/31 14:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/26 11:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/14 00:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/23 09:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/06 10:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/05 11:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/08 17:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/29 15:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/03 00:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。