サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 「夜を読む本、夜に読む本」 ポイント5倍キャンペーン  ~3/5

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネスの通販
  4. 産業の通販
  5. 広済堂出版の通販
  6. 死体ばかり見ていた。 めぐみの葬儀屋日記の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

死体ばかり見ていた。 めぐみの葬儀屋日記
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.2
  • 出版社: 広済堂出版
  • サイズ:19cm/215p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-331-50846-3

紙の本

死体ばかり見ていた。 めぐみの葬儀屋日記

著者 めぐみ (著)

“死体大好き少女”めぐみの葬儀屋日記。趣味が昻じて葬儀屋で働くうちに、少女は次第に人の死の意味を考えはじめ、成長していった。美術評論家布施英利との異色対談あり。『GON!...

もっと見る

死体ばかり見ていた。 めぐみの葬儀屋日記

税込 1,430 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

“死体大好き少女”めぐみの葬儀屋日記。趣味が昻じて葬儀屋で働くうちに、少女は次第に人の死の意味を考えはじめ、成長していった。美術評論家布施英利との異色対談あり。『GON!』の連載に大幅に訂正加筆した単行本。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

めぐみ

略歴
〈めぐみ〉1978年東京都生まれ。バンタンデザイン研究所ライフマーケット学部卒業。フリーライター。高校在学中から都内某葬儀社にてバイトをはじめる。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

死体好き女子高生が明かす死体の秘密

2002/04/09 22:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:大高智子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 美術系の女子高生、ペンネームめぐみさんは、なんと死体大好き。それが高じて葬儀屋でバイトを始めた。それは、高校卒業、専門学校、そしてプータロー時代とつづき、タイに死体取材旅行に出かけ、日本人とタイ人の死生観の違いを知ったりする。
 “マジ”という言葉は使わないオバサンの私も、「マジカヨ」と呟きたくなる。
「めぐみが一番お気に入りなのは、交通事故死の死体。生きているときには想像もつかないような、人間の原形をとどめていない姿かたち、そしてなんともいえない表情…。血まみれで肉とかパックリいってて、目とかもスゴイ方向向いてたりして! めぐみ、死体のそんな肢体が超ーキレイって思うんだ!」
 ホラー映画もまともに見られない私には、信じられない感性だ。まあ、同世代の、変わった子の多い美術系学生の中でも、かなり変わっている子のようではある。
 なぜ死体が好きなのかというと、「人間なのに人間でなく、モノなのにモノでないところ」とめぐみさん。葬儀の人目を盗んでは「ご遺体チェ〜ック」。怖い死に顔の人の式はシラケてたりして、「イイ人生送った人はキレイに死ねる」というのは本当だそうだ。とても真っ当な子なのである。
 最後で、美術評論家、布施英利さんとの対談は、本書の読み方を深めさせてくれる。布施さんは、養老孟司さんの解剖学教室で死体に接し、死体についての著作もある。「死体を好きだ」とか「美しい」ということはどういうことなのか、一連の殺人事件を起こしたサカキバラなどとめぐみがどう違うのか。——不覚にも私も、「興味津々」と「意外と真っ当」という認識の中でしか読んでいなかったと気づかされた。
 本書は、若い子の扱いに悩むオバサンオジサン管理職や、エログロや殺しに関心を示す子どもにどう対処したらいいか悩むお母さん、お父さんにもお薦めである。 (bk1ブックナビゲーター:大高智子/福祉ライター)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/03/18 01:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/14 15:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

商業 ランキング

商業のランキングをご紹介します商業 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。