サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~11/30

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『縦横斜めから読む歴史~科学・食・感染症・失われたもの・偽物~』 ポイント5倍キャンペーン  ~1/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発売日:2002/02/10
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/325p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:4-8402-2027-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

悪魔のミカタ 1 魔法カメラ (電撃文庫)

著者 うえお 久光 (著)

悪魔のミカタ 1 魔法カメラ (電撃文庫)

税込 627 5pt

悪魔のミカタ 魔法カメラ

税込 627 5pt

悪魔のミカタ 魔法カメラ

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 15.5MB
Android EPUB 15.5MB
Win EPUB 15.5MB
Mac EPUB 15.5MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

思いもよらない隙をつかれて

2004/03/15 00:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さくら姫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

大人気ファンタジー・ミステリー(ミステリー・ファンタジー)小説。ホラーの要素も十分に持っています。従来のSF・ミステリー・ファンタジー・ホラー、どの要素も持っているがゆえにどれにもあてはまらない、ジャンル分けがとても難しい小説です。強いて言うならティーンズ小説?でしょうか?
ミステリーで言う「仕掛け」の部分に甘さがあるなど賛否両論はあるにしても、私はこれを「おもしろい」小説だと思います。全く思いもよらない隙をつかれた種明かしにあっけにとられ、結末でさらに唖然としました。大人のミステリ・ファンは「変な設定」に目をつぶっても、この作品を読んでみる価値あると思います。種明かしの快感がエラリー・クイーンの初期作品を彷彿とさせます(私の独断と偏見に満ちた意見かもしれませんが)。
シリーズの面白さが凝縮された1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「俺はこれからも泣かない」

2003/06/05 22:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:成瀬 洋一郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

悪魔と名乗る少女の訪問を受けた堂島コウは、ガールフレンドの冬月日奈とともに不可解な死を遂げた体育教師の謎を追求するが…。

 このシリーズで最初に読んだのは、ずーっと後(それでも1年そこそこ)に刊行された番外編であり、メインキャラクターのうち2人の小学生時代の話だった。それでまあ、続きが気になって「その後の物語」に手を出したのだけれど、最初に読んだのがこの巻だったら、正直いってここで終わっていたかもしれない。面白いけれど、主人公にさほど魅力があるとは思えないし、登場人物の数は多いのだけれど、宣伝されるほど個性的とか変り者には見えない(普通人と言い張るには妙だけど)。
 ただ、番外編から入ってきたので、「そうかあ、あいつらがコンナんなっちゃったのかあ…」などと思いふけるうちに、あれがこーしてあーなってしまう展開に愕然とし、そして気がつけば2巻3巻と続きを追い求めてしまっていたのだ。つまりキャラクター性の弱さを自分の中で補って、一気に「壁」を突破してしまったのだ。あとは余勢をかってどこまでも転がっていくのみ。

 これもミステリーなんだろう。少なくとも「ミステリー」「推理小説」を名乗っていても、これより謎解きの要素が少ないものは幾らでもある。大仕掛けなトリックこそ無いものの、特殊な前提条件を読者に提示し、その中でパズルゲームを楽しませるタイプの作品だ。それは別に前例が無いわけじゃなく、たとえばロボットが普通に存在する世界の殺人を扱ったアシモフの『裸の太陽』とか、たとえば探偵小説の怪人が現実に出現する新城カズマの『屍天使学院は水没せり』とかを思い起こしてもらえれば納得してもらえるだろう。悪魔や超能力者が登場する作品だって、他にないわけではない。ただ『裸の太陽』がミステリーにしてはSF色が強く、『屍天使学院は水没せり』がレトロな怪奇小説趣味に偏っているように、この作品はミステリーというには最近のライトファンタジーっぽいというにすぎないのだ。

 この作品はデビュー作なだけに荒削りだ。だから、これ1冊では誰にでもお勧めできるというわけにはいかない。せめて1巻と2巻、あるいは6巻7巻と読んで1巻、このセットで評価してもらえるなら、もうちょっと高い評価をしてもらえるシリーズだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新人の作品という感じはあるものの、それを越えた何かを感じる

2002/06/08 19:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:min - この投稿者のレビュー一覧を見る

第8回電撃ゲーム小説大賞『銀賞』受賞作。
ミステリー&ファンタジー要素を含んだような含んでいないような作品。作者本人がミステリじゃないとおっしゃっていましたが、私には、「ミステリとして成立するほどの完成度ではない」というふうに感じてしまいました。
話の展開としては面白いのですが、文体がまだつたない。しかし、これから自分だけの文体を磨き完成されたときの作品には期待できそうです。着想ユニークなので。キャラクターも面白いので、たくさん書いて早く成長してほしいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

限定特殊能力の知恵比べ

2002/05/07 12:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sfこと古谷俊一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

第8回電撃ゲーム小説大賞銀賞作品。

表紙や紹介では、ギャルゲー風の展開が想像されますが、中身は予想よりはきっちり。浮ついただけで ない「決断の重みと罠」がメインテーマとして、悪魔と願いを題材にする意味のある仕掛けに。書き方や 文章には微妙に難もあるけど、全体としては良くできてますね。

最初にミステリとして書きはじめたということもあってか、謎と仕掛けと組み立ては新人のライトノベ ルとしては上手く回ってると思います。特殊な力も限定されており、工夫をこらしあうところが良い点。

登場人物が話中で他人に言われるほど変には見えないとか、頭がいいというわりに抜けてるとこも散見 とか。組んだ構成を機能させること優先で、論理的演繹やあり得る可能性を潰すのが上手くできてないと いう難もありますけど。続編では多少改善されています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

うーむ

2002/06/06 19:13

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:十二番目の男 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 電撃ゲーム小説大賞で銀賞を受賞したときには『みークルズサジェスチョン「ポリッシュアップルズ」』というすさまじいタイトルだった一作。
 雑誌の、最終選考作品発表の欄で見かけて「なんかとんでもないのが残ったなぁ」と思っていた。
 そして今、私の手元にあるのは、「悪魔のミカタ 魔法カメラ」。その帯のところに書かれてあるうたい文句は「個性豊かな面々が謎を解く! 電撃的ファンタジックミステリー」という、分かるような分からないようなフレーズである。しかしこれがミステリー的要素を含んでいるということは、分かる。
 本作は電撃文庫には珍しいミステリー小説である。いや、綿密なトリックが交錯する本格的なミステリー小説かというと、そうではない。いきなり自称悪魔の少女が登場するという時点で、ある意味NGではある。
 これはミステリーのスタイルを持った学園小説、と思うのが正しいように、思う。
 人によってそれぞれだろうけれども、個人的にはあまり好きになれない小説だった。笑えないストーリーがコミカルな文体でつづられているのだけれども、それが中途半端に冷笑的に思えて、シャクにさわった。我ながら損な読み方をしてしまった、と思う。
 まあ、それは人それぞれだとしても、文章を読んでいて「これは一体なんだろう?」と思うことがいくつかあったことは、これは読者を選ぶことなくまずい点だと思う。
 うーむ。なんとなく、わかりにくい文章ではなかったか。読者の想像力を利用して、ということならこのくらいの方が効果的なのかもしれないが、うーむ。書き込まなくてはならないところはもっともっとあったのではないだろうか、と思ったりもして、うーむ。
 私にとっては「あまり読み返したくない一冊」になってしまったが、人によってはかなり熱中するようである。
 あなたはどう思います?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/17 04:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/09 21:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/13 02:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/04 12:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/03 04:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/31 03:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/11 05:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/10 01:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/27 10:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/30 17:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。