サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

戦争とプロパガンダ 1
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.2
  • 出版社: みすず書房
  • サイズ:20cm/121p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-622-03681-9
  • 国内送料無料

紙の本

戦争とプロパガンダ 1

著者 E.W.サイード (著),中野 真紀子 (共訳),早尾 貴紀 (共訳)

9.11のテロ爆破事件と「新しい戦争」を、わたしたちはどう考えたらいいのか。ニューヨーカーとして、アラブとして、知識人として、事の真相に迫った注目のメッセージ集。【「TR...

もっと見る

戦争とプロパガンダ 1

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

9.11のテロ爆破事件と「新しい戦争」を、わたしたちはどう考えたらいいのか。ニューヨーカーとして、アラブとして、知識人として、事の真相に迫った注目のメッセージ集。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

E.W.サイード

略歴
〈E.W.サイード〉1935年エルサレム生まれ。プリンストン、ハーヴァード大学で学位を取得。現在、コロンビア大学英文学・比較文化教授。著書に「オリエンタリズム」「イスラム報道」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

パレスチナ人でアメリカで活躍するサイードが、「2001年9月11日」以後を解読する待望の論集

2002/03/25 18:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:宇波彰 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 2001年9月11日の事件について、またその後の状況についてエドワード・サイードがどのような発言をするのかを、多くの人が待っていた。本書はその期待に応える論集である。あの事件のあと、アメリカはテロリストに対する「報復」のためにアフガニスタンに軍事介入を行った。それに「便乗」するかたちで、パレスチナ人による反イスラエルの行動は「テロリズム」の枠に入れられてしまった。
 「過去数ヶ月のあいだイスラエルが世界に対してうまく証明しようとしてきたのは、イスラエルこそが、パレスチナ人の暴力とテロによる無実の犠牲者」であるということであった。イスラエルのこのような主張は、アメリカのマスメディアが繰り返して発信してきたことであり、多くのアメリカ人もそのように考えているのである。これは、アメリカとイスラエルの「プロパガンダ」の勝利であるとサイードは指摘する。
 アメリカ、イスラエルのプロパガンダは、たえず強力になされてきたのであり、その結果アメリカ人は、「パレスチナ人にも苦しみや追放の物語があることに微塵も気づくことがなくなった」のである。イスラエルが「情報戦」に巨額の資金を使っているのに対して、アラブ世界は、それに対抗するような情報活動をしてこなかったのであり、サイードはそうした状況の打破を求める。
 サイードがパレスチナ人に対するイスラエルの不当な弾圧をきびしく批判するのは当然のことである。しかし、サイードはそれと同時に、パレスチナとアラブ世界の指導者たちに力が不足していることにも批判的である。本書を読むと、歴史と現実をよく見定め、多くの情報を集め、的確な判断をしていくサイードの姿が見えてくる。固い内容の書物でありながら、評者は一種の感動をもって本書を読んだ。 (bk1ブックナビゲーター:宇波彰/札幌大学教授 2002.03.26)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

出版社コメント

2002/08/26 19:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みすず書房営業部 田崎洋幸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「9.11」とその後の合衆国のアフガン侵攻を、イスラエルのパレスチナ侵攻と関係づけながら描いた本書は、メディアと権力の関係、戦争とメディアのあり方、そして冷戦構造の解体以降、アメリカが世界中に張りめぐらせた地政学を理解するために、欠かせない。情報を正確に知りつつそれを疑う目を養うこと、つまり真に思考することの大切さを本書は教えてくれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/01 02:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/22 12:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/23 10:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/22 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/12 17:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/25 21:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/19 03:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/04 15:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/16 14:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/20 20:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

西洋哲学 ランキング

西洋哲学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む