サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  よりよい人間関係のために ー学び直しと悩み解決のヒントー ~2/16

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 国家の通販
  5. 日本評論社の通販
  6. 宗教に揺れるアメリカ 民主政治の背後にあるものの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.2
  • 出版社: 日本評論社
  • サイズ:20cm/369p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-535-58319-6

紙の本

宗教に揺れるアメリカ 民主政治の背後にあるもの

著者 蓮見 博昭 (著)

米国政治を背後で揺さぶるキリスト教・ユダヤ教。これら宗教と政治との関係を正しく認識しないかぎり米国を理解したことにはならない。9・11同時多発テロ後の米国の動きを読む上で...

もっと見る

宗教に揺れるアメリカ 民主政治の背後にあるもの

税込 2,970 27pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

米国政治を背後で揺さぶるキリスト教・ユダヤ教。これら宗教と政治との関係を正しく認識しないかぎり米国を理解したことにはならない。9・11同時多発テロ後の米国の動きを読む上でも不可欠なこの論点を深く掘り下げる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

蓮見 博昭

略歴
〈蓮見博昭〉東京外国語大学(欧米第一課程)卒業後、時事通信社を経て、恵泉女学園大学英米文化学科教授(アメリカ政治担当)、日本国際問題研究所研究委員。共著に「日米情報摩擦」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

 アメリカという国を...

ジュンク堂

 アメリカという国をひとことで形容せよと言われたら、どのような答が返ってくるだろうか? 自由の国、民主主義の国、軍事大国……。しかし、対テロ戦争を現代の十字軍だと口走ってしまう国から見えてくるものは、「危ない」宗教大国アメリカである。

 本書は9・11後、急速に台頭したキリスト教原理主義についても第III部「戦争と宗教」でふれている。このパートでは、聖書の戦争解釈が詳説されており、興味深い。だが本書の真骨頂は、アメリカ建国以降、政治と宗教とがさまざまな論争を経ながらどう折り合いを付けてきたのかを過去から現在にいたるまで系統的に考察している点にこそある。各宗派と宗教政治団体の動きにも詳しい。

 イラク政情、米大統領選挙の行方を読み解くためにも、アメリカの宗教勢力に関する知識は欠かせない。本書はそれらを丸ごと提供する。著者は時事通信ニューヨーク特派員、解説委員の経験をもち、キング牧師『汝の敵を愛せよ』の訳者でもある。アメリカ政治と宗教、そして日本との関係を語らせるうえで、最適任者である。

出版ダイジェスト:2004年9月
テーマ『未知の帝国アメリカ』より

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

アメリカの宗教性

2003/06/16 02:13

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:濱本 昇 - この投稿者のレビュー一覧を見る

アメリカと国家の性格を宗教の面を切り口として解説した良書であった。建国の思想から始り、政教関係、憲法への宗教の関与、政治への宗教の関与、宗教の戦争への関与、妊娠中絶、同性愛、教育、大統領不祥事の捕らえ方等を宗教の面から解説している。
 アメリカ大統領の就任式の時、掌を聖書の上の置き新大統領は宣誓する。これが、アメリカの宗教に対する姿勢を象徴していると思う。すなわち、政教分離を憲法で謳っておりながら、その内実は政治に大きく宗教が関与しているのである。憲法における政教分離の規定は日米で大きく記述が異なっているらしい。日本では、宗教教育への国の関与等具体的な禁止事項が明記されているにもかかわらず、米国のそれには、具体的記述は無いのである。そういう意味で米国の方が宗教と政治の関係禁止は、緩いと言えるのではないだろうか? それにしても、米国における政治への宗教の関与と言えば、そんなに罪悪感が生じないのに、我が国において、宗教が政治へ関与したという事は、罪悪感が伴うのは何故であろうか? 本書を読みながらそんな事を感じた。やはり、先の大戦への罪悪感が関与しているのであろうか? 私は、それだけでは無いと思った。日米の人間の相違、米国には「個」が存在し、善悪を「個」が判断出来るが、我が国では、そうでなく誰かの思想に自分の思想が左右される。それならまだ理解出来るが、大勢の方へ意見が流れるという危険な面を我が国は有しているという事に根拠を置くのではないかと思った。
 米国における歴史は、正に宗教感の歴史である事を改めて理解した。まず、建国がヨーロッパにおいて迫害されたピューリタンによるものである。プロテスタントの国であったアメリカは、その後移民が進むにつれ、カトリックも多くなる。また、米国で発生した諸キリスト教派も多く発生する。ムスリムも増えて行くと正に民族モザイクと同様、宗教モザイク化していくのである。一貫しているのは、アメリカ選民思想である。旧約聖書で言う所の「ユダヤ選民思想」とアメリカを重ね合わせているのである。こういう根底思想からアメリカのイスラム政策をおぼろげながらも理解出来たような気がする。
 宗教意識を持つという事は、素晴らしい事だと私は思っている。しかし、それが、政治への圧力団体となったり、大勢の思想の方向性を付けたり(これは、宗教の持つ本質的な事だから私の意図する事の表現は難しいが)する事は私の思う宗教の尊厳に反する。本書は、アメリカが、この私の思う宗教の尊厳を破棄しながら、又は尊重しながら発展、超大国となった事を理解させてくれた。大変興味深く、面白く読めた一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/05/17 22:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/24 17:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/27 13:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。