サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

軽いめまい(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.2
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/200p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-273376-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

軽いめまい (講談社文庫)

著者 金井 美恵子 (著)

軽いめまい (講談社文庫)

576(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.3

評価内訳

微細な、あまりにも微細な

2002/03/23 16:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けんいち - この投稿者のレビュー一覧を見る

 言葉の芸術というのはこういうのを云うんだろう。
 さしあたり、目に付くことは、とにかく文章が長いということである。もちろんこうした方法論的な洗練は金井氏の小説の読者にはおなじみのことだろうが、これがとにかく心地よい。そこに書き付けられていくのは物語などでは決してなく、日常の細々とした細部。しかし、忘れがたい細部。そもそも、日常とは細部から成り立っており、われわれにせよ、特にドラマチックななにごとかがなくとも、そうした細部に一喜一憂することで生を紡いでいるのだと云うことを改めて思い起こさせてくれる。
 こうした実験的色彩の強い小説に文庫本でであえるのはそれ自体非常に幸福なことだし、しかしだからと云って小難しいことが書いてあるわけでもない。まずは、その息の長い美しい文章に触れてみることをおすすめする。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/08/23 22:09

投稿元:ブクログ

日常なんて、つまるところは、まだるっこしい既視感で淀んでいる。けれどもそれがなんだろう。
雑誌のページをめくればそこにあるような、華やかで口あたりはいいけれど 結局はありきたりなイメージや修飾をまとって、新鮮さや 素敵っぽさや こぎれいさをよそおっても、お見通し。
とどのつまり人は、たいていひとしく愚かで 卑小で 救いがたく凡庸だ。
「かならず奇跡は起こる、夢はかなう、可能性は無限、愛は永遠」、馬鹿野郎。
めまいはこうしてつづく。

2014/02/08 11:05

投稿元:ブクログ

専業主婦の日常的な日々のぼやき
それがダラダラ綴られている

ダラダラ感を出す為だとは思うが
一文が非常に長く、とても読みにくかった。
まぁ、なんつーか、専業主婦も大変だ。

ねちねちという擬音を使いたくなるほどに毒のある、ほとんど神業に近い「小言」の持続で成り立っている本書

2009/02/01 23:44

投稿元:ブクログ

「だってそういう幸福って、どこでも似たりよったりの、
 退屈なものなのよ。でも、退屈のどこが悪いんだか、
 あたしにはわかんないけどね。
 退屈というのは、まあ、できるうちが花なのよ、
 退屈しているひまもなくなったら、あんた、疲れちゃうよ。」

2010/03/29 12:13

投稿元:ブクログ

テーマはとてもおもしろいと思ったし、興味を持って読もうとしたけれどだめでした。

2,3ページ普通に続く文章(時には10ページ以上)が、
専業主婦の息苦しさみたいなのを表現してるのだろうけど、
読んでるとイライラしてきます。

こういう小説は短編でいいんじゃないかなって思いました。

2012/02/09 02:48

投稿元:ブクログ

なかなか手にとって読み始められなかった、金井美恵子。

手に取ってみました。
つ い に!
どんなかなぁと思っておりましたが、面白かった。

ストーリーはほとんどない上、現代文で出されるような主題的なものもなにもなく、ということはこの小説が教科書に採用される可能性は現段階においてはほとんど皆無ということになるが、少し前に問題にされた「ゆとり教育」や、定期的に話題になるなんていう名前かをすぐには思い出せないのだけど、確か頭文字か何かとにかくアルファベット数文字を並べた名前の国際的なテストの結果とかを気にしている近年の教育熱、もちろん熱といってもそれが学力を上げるのに効果的に働きかける熱さ、いわば熱量を具えているかといったらそれは甚だ疑問で、むしろその熱によって、学力を向上させるとかそもそも学力ってどのようなものだろう、みたいな本質的で中心的な問題を扱わない方向へと向わせられているとは思うのだけれど、とにかくそういう現代の教育熱によって少なくとも一時的に教科書の制作者の間で、これまで長らく定番教材として採用してきたものばかり扱っていたんじゃ、そりゃ学力向上とか声高に謳ったところで何も変らないよな、だって題材が一緒なんだもの、ここらで一度思い切って新しいのを導入しよう、しかもせっかくやるなら、まさかこれですか大丈夫ですか授業できますかテストつくれますか本当に心底心配ですけど良いんですか、なんていわれてしまうような作品を強行突破で取り入れてみよう、と思われることがかなり少ない確率ではあるけれども皆無とは言えないくらいはあるわけで、そのわずかの可能性の中でしかも金井美恵子を採用しようと決定されるのは一層稀少なものになるけれど、もし仮にそのようなことがあるとすれば、たとえそれが数年の後に再び教科書から姿を消すとしても、教科書製作者の一時的な気まぐれとはっきりとしないが多様な偶然が織りなした奇跡として、私はあるいはせめて私だけでも深く記憶したいと思う。


ふう。
こんな感じで、文庫本の2~3頁くらいは当たり前のように続く、長いながい文章によって書かれていて、気づくと読み終わっているという金井文体の不思議な世界。
彼女の文体にたいしてこそ、ふと、私は「軽いめまい」。
この人みたいな文章は、評論だと蓮實が近いけど、小説では初めて。

私は好きです。まだ分析は出来ないけれど。

2014/08/31 02:19

投稿元:ブクログ

ごく普通の主婦を主人公に、ごくごく普通の日常を描いた本書では、著者が『あとがき』に書いたように、ドラマチックな事件が起きるわけでも、日常に変化らしい変化が起きるわけでもなく、ただ淡々と過ぎて行く。同じ立場であれば誰もが感じそうなこと、誰もが内心では思っていそうなことを、執拗に描き出すところが逆に面白い。
金井美恵子作品の中では『恋愛太平記』と同系統の、女性を主人公にした、饒舌体の作品。会話は大半が間接話法で描写されており、それが絶え間なく続くお喋りのようだ。

2013/11/23 19:04

投稿元:ブクログ

自ら「ドラマティックなことに興味を持てない作家」と語る金井美恵子の、文字通りに非ドラマティックな小説なのだが、それでも登場人物がいて時間が生起する限りは、やはりそれ相応のドラマはあるもので、それが主人公であり語り手でもある夏実の淡々としつつ、いつもながらの切れ目のない文体で語られる。作中で、世田谷美術館で開かれた「ラヴ・ユー・トーキョー」写真展への言及があるが、この小説は夏実の体験する「トーキョー」を描いてもいるのであって、そこに専業主婦として暮らすことの、まさに不条理の一歩手前の状態が描かれたのだろう。

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む