サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

1,000円以上送料無料キャンペーン  ~5/23

honto9周年 ポータルページ ~6/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

コミック

紙の本

Moonlight mile 3 黄金のロシアの秋 (ビッグ コミックス)

著者 太田垣 康男 (著)

▼第18話/パパラッチ・スピリッツ(前編)▼第19話/パパラッチ・スピリッツ(中編)▼第20話/パパラッチ・スピリッツ(後編)▼第21話/黄金のロシアの秋(前編)▼第22...

もっと見る

Moonlight mile 3 黄金のロシアの秋 (ビッグ コミックス)

税込 556 5pt

MOONLIGHT MILE 3

税込 605 5pt

MOONLIGHT MILE 3

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 50.7MB
Android EPUB 50.7MB
Win EPUB 50.7MB
Mac EPUB 50.7MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

▼第18話/パパラッチ・スピリッツ(前編)▼第19話/パパラッチ・スピリッツ(中編)▼第20話/パパラッチ・スピリッツ(後編)▼第21話/黄金のロシアの秋(前編)▼第22話/黄金のロシアの秋(中編)▼第23話/黄金のロシアの秋(後編)▼第24話/夢の代償(前編)▼第25話/夢の代償(中編)▼第26話/夢の代償(後編)●登場人物/猿渡吾郎(元学生登山家。NASA公募に応募して合格した国際宇宙ステーションのクルー)、ロストマン(吾郎の登山家時代の相棒。アメリカ人。現在NASAのシャトルパイロット)●あらすじ/吾郎の登山家時代の相棒、ロストマンは、現在NASAのシャトルパイロットとして、軍の機密を知る立場にいた。そんな彼を、パパラッチたちは執拗に追いかけまわす。ある日、物々しい警護で出かけて行くロストマンの姿にスクープの予感を抱いたパパラッチたちは、その後をつける…(第18話)。●本巻の特徴/NASAの大プロジェクトである、月での「次世代エネルギー開発計画」の準備は着々と進められていた。吾郎は「ビルディング・スペシャリスト」として月での建設作業に従事する。その一方で、ロストマンも軍の最高機密を知るNASAのシャトルパイロットとして宇宙に飛び出す!! だが…。●その他の登場人物/澤村耕介(NASDAの技術者の熱血漢。現在、月へ向けて特訓中)、池田理代子(NASDAの外渉部課長。かつて吾郎を失脚させようとした時もあったが、現在は吾郎の恋人)、エリザベータ(ロシア宇宙局長。亡き父の意志を継ぐよう努めている)【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

めぐまれていること

2004/12/23 22:44

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まさぴゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近の宇宙を描いた近未来モノに面白いテーマが反復することに気づいたんです。この三巻の「夢の代償」という月へのNASAビルディングスペシャリスト訓練候補生の日本人澤村耕介とマレーシア人ルーシー・ウーの話でもそれがあって、おっと思ったのです。

話はこうです。
月面に基地を建設するネクサス計画の候補生として、それに見った援助を出すことができる日本人が当然、筆頭候補に挙がります。耕介とルーシーは、訓練の帰り道に強盗で出くわし、ルーシーは耕介を守るために犯人を射殺します。全米でこの勇気ある行動に賞賛の嵐が吹き荒れ、耕介を差し置いてアジア人枠一名の筆頭候補に躍り出ます。しかし「たとえどんな理由があっても」人を殺すことを容認することのできない耕介は、そのことに悩みぬきます。マレーシア人のルーシーは、貧しい島の出身でそこから激烈な競争社会で勝ち残ってきたスーパーエリートです。そして同時に経済格差が生み出す貧困の凄まじさをじかに体験してきている彼女には、そもそも選択の余地なく「勝ち続けること」が人生の一部になっており、競争に勝ちぬくためには「人を殺したことの動揺」などかまってはいられない。お互いに恋人のような関係であった耕介は、それが受け入れられずに悩みます。その疑問に対してルーシーは、苛立ちます。似たモチーフが、プラネテスにもありました。貧困に苦しむ中東の小国のテロリストが、主人公に「日本人はめぐまれているんだよ」と主張するシーンです。そうか、考えてみると戦後50年以上凄まじい経済成長と一切の戦争体験も内乱も経験していない日本は、世界で一番恵まれている国かもしれません。平和ボケしており、それはすなわち素直にどんな理由があれ「殺人は嫌だ」「争うのはいやだ」「仲良くしよう」という現実の弱肉強食のパワーゲームでは幼稚園児のようなことを真顔で言う大人がひしめいているのです。だから、経済の覇者である日本人が、国際舞台に出てくるときには、そんな純粋培養の人間が出て行くわけなんですよね。そりゃあ現実感覚が違いすぎて、ぶつかるよなー(笑)と思いました。でも、たぶんこれは本当です。僕も学生時代海外の人とあったとき、日本人は幼稚だといわれましたが、それはそういった「殺し合い的な弱肉強食」が前提でない社会で生きているからなんですよね。それも50年以上継続している。なるほど、と思いました。いまだ徴兵制があるのが世界の常識なんですもの。大学時代の友人が韓国からの留学生だったのですが、徴兵で湾岸戦争当時戦争が起きるかとびくびくしたと、酔っていつも言っていて、そのあまりの現実感感覚の違いに驚いたのを覚えています。もちろん、徴兵制がある国の若者の方が、圧倒的に大人だといわれています。たぶん、世界を管理する側のエリートとも、それに反発するテロリストとも、どちらともつかなくて悩むのは日本人が一番悩みやすそう。だって、どちらも競争が前提だが、日本人はそこまで前提ではないからです。これは、今後SFなどで描かれる日本人の典型的スタイルなのかなとも思いました。すなわち、現実からすると現実認識の甘いガキのようなのだが、さりとて「甘い」と捨てることのできない重要な問いだからです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/04/27 21:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。