サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 暮らし・実用
  4. ガーデニング・園芸
  5. 八坂書房
  6. チューリップ・ブック イスラームからオランダへ、人々を魅了した花の文化史

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

チューリップ・ブック イスラームからオランダへ、人々を魅了した花の文化史
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.2
  • 出版社: 八坂書房
  • サイズ:20cm/277p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89694-488-7
  • 国内送料無料

紙の本

チューリップ・ブック イスラームからオランダへ、人々を魅了した花の文化史

著者 国重 正昭 (ほか著),南日 育子 (訳),小林 頼子 (訳),中島 恵 (訳)

チューリップの故郷トルコ・イランとオランダを中心に〈美術〉や〈文芸〉に描かれた姿をたどりながら、人々を熱狂に駆り立て破滅させた不思議な花の魅力を探る。目に愉しく、資料性も...

もっと見る

チューリップ・ブック イスラームからオランダへ、人々を魅了した花の文化史

3,024(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

チューリップの故郷トルコ・イランとオランダを中心に〈美術〉や〈文芸〉に描かれた姿をたどりながら、人々を熱狂に駆り立て破滅させた不思議な花の魅力を探る。目に愉しく、資料性も高い、チューリップ本。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

チューリップ品種の歴史 国重正昭 著 11-48
日本人が初めて目にしたチューリップ 国重正昭 著 49-54
チューリップ狂時代 ウィルフリッド・ブラント 著 55-100

著者紹介

国重 正昭

略歴
〈国重〉1933年生まれ。京都大学農学部卒業。農林漁業金融公庫技術参与。チューリップ四季彩館名誉館長。著書に「チューリップ」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

チューリップ熱をたどる旅

2002/03/12 12:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:三中信宏 - この投稿者のレビュー一覧を見る

17世紀・黄金時代のオランダを彩るさまざまなチューリップ品種群と,それを取り巻く人間たちが演じた「チューリップ・バブル」については,最近になって多くの本が出版されている(注).スピルバーグ監督による映画化も計画されているという.本書は,この現代版「チューリップ熱」を読み解くための貴重な資料を豊富なカラー図版とともに読者に提供している.

チューリップの原産地であるオスマン・トルコの宮廷ではフルートグラスにも似た形の柘榴色のチューリップ(p.144)が栽培されていたという.ヨーロッパに持ちこまれた後,経済力をつけた黄金時代のオランダで大流行したチューリップは,多くの園芸投機家(フローリスト)たちを成り上がらせると同時に破産の憂き目をも味わわせた.

巻末の「ワールモントとハールフートの対話」は,とても17世紀のこととは思えない.当時のオランダの労働者の平均年収が200フルデンだったのに,アドミラール・ファン・エンクハイゼンの球根ひとつに5400フルデンもの値がついたとか(p.273).しかも,土地転がしならぬ「球根転がし」で泡銭を稼ぐことも日常的だったそうだ.チューリップ・バブルの崩壊(1637年)はこれまた印象的.「バルブ(球根)をめぐるバブル」(p.176)は短命だった.

本書は,チューリップ育種の専門家による品種解説,経済バブル現象としてのチューリップ狂時代の考察(翻訳),原産地イスラム世界におけるチューリップ,オランダ美術に描かれたチューリップの変遷,そして17世紀フローリストの基礎資料(翻訳)から成る.いずれの章も類書にはない資料的価値があり,たいへん参考になる.とりわけ,フェルメール論で有名な小林頼子さんによるオランダ静物画の論考は楽しめる.ヤマンラール水野美奈子さんのイスラム圏チューリップの話題も新鮮だ.

注)関連書
マイク・ダッシュ『チューリップ・バブル』2000.
アンナ・パヴォード『チューリップ』2001.
デボラ・モガー『チューリップ熱』2001.

---
【目次】
はじめに 5
チューリップ品種の歴史(國重正昭) 11
 1.チューリップの歴史 13
 2.原種の時代 16
 3.トルコのチューリップ 28
 4.初期オランダの品種 32
 5.現在の品種グループ 36
 コラム:日本人が初めて目にしたチューリップ 49
チューリップ狂時代(ウィルフリッド・ブラント/南日育子訳) 55
 1.チューリップの横顔 57
 2.オランダのチューリップ狂時代 65
 3.イギリスのチューリップ狂時代 76
 4.トルコのチューリップ狂時代 80
 5.チューリップ,昨日,今日 87
イスラーム世界のチューリップ(ヤマンラール水野美奈子) 101
 1.はじめに 103
 2.トルコ美術とチューリップ 107
 3.チューリップの故郷 131
 4.チューリップの品種改良 139
 5.チューリップという名称 146
 6.チューリップの象徴性 148
 7.むすび 151
天上の甘露を享ける花
——十七世紀オランダに咲いたチューリップの肖像(小林頼子) 153
 1.「シャロンのバラ」 155
 2.東から西へ 158
 3.チューリッポマニア 166
 4.チューリップの肖像 182
 5.むすび 232
ワールモントとハールフートの対話
——フローラの興隆と衰退をめぐって(小林頼子・中島恵訳) 237
 第一の対話(1637年) 239
 第二の対話(1637年) 254
 第三の対話(1637年) 265
 *ハールフートがかかわった球根の値段表 [272-275]
 *球根の実物大見本 [276-277]
---

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ガーデニング ランキング

ガーデニングのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む