サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

地球儀のスライス(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 102件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.3
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/438p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-273387-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

地球儀のスライス (講談社文庫)

著者 森 博嗣 (著)

地球儀のスライス (講談社文庫)

756(税込)

地球儀のスライス A SLICE OF TERRESTRIAL GLOBE

594 (税込)

地球儀のスライス A SLICE OF TERRESTRIAL GLOBE

ポイント :5pt / 紙の本より162おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

小鳥の恩返し 7-56
片方のピアス 57-110
素敵な日記 111-154

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー102件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

ミステリ味はライトな短編集

2002/03/31 10:56

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:moe - この投稿者のレビュー一覧を見る

 S&Mシリーズのキャラクターが出てくる短編が含まれている、というので手に取った。
 たしかにその一編はおもしろかったけれど、ほかはミステリー風なライトな短編が多く、森ミステリーを期待していたわたしとしては、ちょっと物足りない。
 解説者もおすすめの「石塔の屋根飾り」はアシモフの「黒後家蜘蛛の会」を読むようで、楽しめた。これはわたしもおすすめ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

微妙に謎が残りつつ…

2002/05/29 23:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:椿  - この投稿者のレビュー一覧を見る

犀川&萌絵シリーズの番外編が2本。
そのうちの1本。「石塔の屋根飾り」。
インドの建築物に関する推理がなるほどなぁ、と思わせる。

繊細で不思議な感じの漂う作品が半分ぐらい。
強い解答を持たないため、微妙な余韻が残る。
「僕に似た人」。この短編がワタシには一番難解。ただ今、裏を思考中。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

いろいろ詰まった短編集

2015/08/28 11:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あやたろー - この投稿者のレビュー一覧を見る

S&MシリーズやVシリーズの登場人物が出てくる短編集です。楽しみな要素がいっぱいな魅力的な短編集だと思います。森ミステリーはやっぱり面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/10/17 23:36

投稿元:ブクログ

森博嗣の短編集。オリジナルの作品もあるが、S&Mシリーズの登場人物が出て来る作品と、Vシリーズの登場人物が出て来る作品もあって、とても読みやすい。個人的には「小鳥の恩返し」の曖昧なファンタジーっぷりと、「石塔の屋根飾り」のエンディングのオチへ行くまでのコミカルな話の流れと「僕は秋子に借りがある」の、いかにも大学生が主人公だと思わせるモラトリアムな匂いが好きだなー、と思っていたら、巻末で解説をしていた冨樫義博(あの人だよね?マンガ家の人だよね?)とオススメ短編がまったく一緒だったことにびっくり。同時にほくそえんでしまった。

2005/04/05 01:07

投稿元:ブクログ

S&Mシリーズが終了してから出された短編集になりますが、短編には萌絵ちゃんと犀川先生が出てくるものもあるので、ファンには嬉しいですね。
また、この本には、続くVシリーズの主要人物が出てくる短編も収録されています。

2005/04/25 15:59

投稿元:ブクログ

短編集。S&Mシリーズの短編はどうも狙いすぎでいまいち好みではなかったのですが『石塔の屋根飾り』はオチが良かった。素敵。

2006/12/29 23:42

投稿元:ブクログ

森博嗣があまりに多様な文章を書くので感動した。そして話自体もミステリーチックなものから、純文学なもの、シリーズの番外編など私的には美味しすぎた一冊でした。

2005/10/31 06:23

投稿元:ブクログ

「黒窓の会」。西之園萌絵を囲んで開かれるその秘密の勉強会にゲストとして招かれた犀川創平は、古い写真にまつわるミステリィを披露した。屋根飾りと本体が別々になった奇妙な石塔は、何のために作られたのだろうか。S&Mシリーズ二編を含む、趣向を凝らした十作を収録。『まどろみ消去』に続く第二短編集。

2005/11/20 12:22

投稿元:ブクログ

あのS&Mシリーズも入った短編集。一気に読んでしまった。読みやすいです。ただミステリモノという意味では鮮やかなのは、そのシリーズもの2本。あとはあえてちょっとテイスト変えてますね。好みじゃないのかな?

2005/12/15 14:52

投稿元:ブクログ

気さくなお人形、19歳が特におすすめ。マン島の蒸気鉄道は作者の鉄道好きが発揮された話だろう。が、一番のおすすめは「僕は秋子に借りがある」。

2006/04/22 02:01

投稿元:ブクログ

『まどろみ消去』より安定した好品質短編集。ただ、僕はもっと無茶なものが読みたいと思わなくもない。贅沢?おススメは『石塔の屋根飾り』【所蔵】

2007/02/02 00:34

投稿元:ブクログ


手放しで面白いっ!て言うんじゃ無くて、気持ち良い。直接的瞬間的にハッとすることが多いし。
森作品は想像力(?)の弱い人でも大丈夫な気がする。淡々としているのが強みって感じだし、余裕で一日二冊いけそうなところがとてもいい。

2006/07/20 15:36

投稿元:ブクログ

「気さくなお人形、19歳」が他作品とリンクしているので、読んで損はない短編集。犀川&萌絵に飢えてしまってしょうがなくて、そのお話だけ何度も読んでしまったり(笑)

2007/03/08 01:17

投稿元:ブクログ

短編集。
『まどろみ消去』より好みでした。
ってか諏訪野さんが好みでした(笑)
でもどの短編もとても面白かったです。
Vに出てくる人もいるんですよね?
楽しみです。

2006/10/01 18:47

投稿元:ブクログ

『まどろみ消去』より好み。
わたしは精神世界みたいのはどうも理解できなくて、『まどろみ〜』には何が言いたいのか分からない作品もあった。
でもこの『地球儀のスライス』は分かり易い。
好きな作品を挙げようと思ったけど、どれも好きで挙げきれない。
独特の間とか、読後感とか、ドキドキしながら読み進める感じとか、うん、好きだ〜
VシリーズやS&Mシリーズみたいに1作品に1つの謎って訳じゃなくて、11作品全部が不思議で面白い。お得♪

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む