サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. ワークシェアリングの実像 雇用の分配か、分断か

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ワークシェアリングの実像 雇用の分配か、分断か
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.3
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:20cm/250p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-002643-7
  • 国内送料無料

紙の本

ワークシェアリングの実像 雇用の分配か、分断か

著者 竹信 三恵子 (著)

失業率が過去最悪の記録を更新する中で、今最も注目されている「ワークシェアリング」。果たしてその実体は? 日本の先進的な実践例や欧州の挑戦をきめ細かくルポし、あるべき「仕事...

もっと見る

ワークシェアリングの実像 雇用の分配か、分断か

2,160(税込)

ポイント :20pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

失業率が過去最悪の記録を更新する中で、今最も注目されている「ワークシェアリング」。果たしてその実体は? 日本の先進的な実践例や欧州の挑戦をきめ細かくルポし、あるべき「仕事の分かち合い」の実現の方途を考える。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

竹信 三恵子

略歴
〈竹信三恵子〉1953年生まれ。朝日新聞社に入社し学芸部次長、総合研究センター主任研究員等を経て、現在、企画報道室所属。著書に「日本株式会社の女たち」「女の人生選び」ほか。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

出来の悪い社会主義

2002/05/21 12:10

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:荻野勝彦 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者は朝日新聞のジャーナリストであるという。題材のタイムリーな捉え方、副題の「雇用の分配か、分断か」などワーディングの巧みさ、独自の取材にもとづく事例紹介、達意の文章による読みやすい記述など、ジャーナリストらしさの随所に出た本といえそうだ。
 しかし、巧みなワーディング、読みやすい文章にもかかわらず、ページを繰るたびに違和感が強まってくるという感を禁じえなかった。ワークシェアリングが実体のない絵空事に思えてきてしまうのだ。
 著者は、日本における「ワークシェアリング」は「雇う側の都合に合わせて雇用を上から裁断」し、安定して良質な仕事を不安定で悪質な仕事に分割する「雇用の分断」であると断罪する。そのうえで、生活の質の向上と雇用の安定を備えた「雇用の分配」を、「働く当事者による自発的な分け合い」として実施すべきだと主張する。出来の悪い社会主義のような意見だが、著者は真剣らしい。実際、いかなる内容の短時間労働であっても、生活が支えられるだけの賃金が支払われなければならないという主張は随所に出てくる。公的福祉とあわせて、ではなく、「賃金で」なのだ。
 これは評者には違和感の強いものではあるが、もちろんこうした考え方もあっていいと思う。しかし、もし、これを実現するとしたら、高度な業務に長時間従事している人の賃金水準を相当程度引き下げなければならないだろうし、株主への配分を大きく削るといったことも必要になるだろう。こうしたことまで必要となることを明言したうえで、それが現実的なのか、あるいは国民経済にとって望ましいことなのか(評者はそうは思わないが)を正々堂々と議論すべきではないか。
 次になんとも違和感を覚えるのが、日本での取り組み事例について、いずれも雇用を守る、あるいは増やすという善良な意図に立って、労使が真剣に取り組んでいるものであるにもかかわらず、著者の主観的な価値観にもとづく色眼鏡を通じて、何やかやと難癖をつけて否定しようという態度が露骨に見えることだ。さすがに著者も気がさしたらしく、エクスキューズの記述もあるが、労使がともに良かれと信じて取り組んでいることをこうまで悪しざまに書かれたら、当事者はたまらないだろう。
 もう一つの違和感は、この本はワークシェアリングの本というよりは女性労働問題に近い、という点にあるのではあるまいか。実際、この本には、非常勤社員が差別されているのは不当であるとか、介護のホームヘルパーの移動時間がカウントされないのはけしからんとか、それ自体は重要な問題なのかも知れないにしても、ワークシェアリングとは直接関係のないエピソードが目立つ。
 もう一つ指摘しておきたいのは、最後の最後になって唐突に精神障害者や引きこもりの就労支援のNPOといったかなり特殊な事例を持ち出してきているところである。それをもって、非営利ならば「生身の人間が持っている能力や生活を生かせる構造」をつくることができる、ということが言いたいらしい。これらはそれ自身は事例としてたいへん優れた取り組みであるし、心情的に反論しにくい材料であることも事実である。しかし、少なくとも政策論としてはあまりにも幼稚で情緒的に過ぎるだろう。もっとも、そういう読み手を想定した本なのかも知れないが。
 なお、紹介されている事例に関しては、なかなか参考になるものが数多く含まれている。スウェーデンやオランダの取り組みについて、成功している部分だけではなく問題点についてもかなり踏み込んで指摘しているのも好ましい。色眼鏡を通している(特に日本の事例)ことを承知で読めば、けっこう役立つ本であるとも言える。とはいえ、やはり現状の正しい理解や現実的な政策論のために資する本であるとは言えないと思う。[荻野勝彦]

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/12/09 16:17

投稿元:ブクログ

世界のワークシェアリングの取り組みが書かれている
本当のワークシェアリングのついて知ることができた
生きるための雇用創造
これが大切

2011/10/31 23:36

投稿元:ブクログ

一冊読むことで日本のワークシェアリングとヨーロッパのそれが理解できる本。

まず日本において『ワークシェアリング』と呼ばれているものの実態を
様々な事例(日経連の主張するもの、実際に日野自動車で行われたもの、兵庫にて行われたもの、鳥取で実施されたもの)の調査によって
著者は明らかにした上で、その問題点を浮かび上がらせた

次に、その問題点を更に明確なものとするため著者はヨーロッパへと赴く。ドイツのフォルクスワーゲンの行ったワークシェアリング、フランスの35時間制によるもの、及びワークシェリングを行わないスウェーデンの福祉政策(*1)を目にした後、成功したワークシェアリングで話題を呼んでいたオランダへと向かい、一体どの様な労働環境になっているのかを著者は目にする。

オランダでは、失業保険により失業前の職の給料7割を取得できるセーフティネットが確立されていた。これにより転職が容易になり、同時にパートと正社員の均等待遇(どちらも時間給による評価で、給与の差はない)を実施して雇用の流動化を図ることで、結果的にパートの地位向上が行われていたのだ。

日本の労働問題の根幹は『労働は大黒柱たる男が担うものであり、女性は家庭を守る存在』だとする家父長的な考え方が、既に現実と噛み合わない状況にあるにも拘わらず、日本社会に根強く、これが原因で女性が多いパートの仕事が差別待遇を受けているためだと筆者は主張している。

ヨーロッパと日本の労働環境が理解できるのでお勧めです。ただワークシェアリングの良い面を取り上げているのが目立ち、欠点はあまり扱え割れません(多少言及はしていますが)。
 ワークシェアリングの悪い面を照らし出した本も合わせて読むとなお見識が広がると思います。


*1スウェーデンの労働政策は家事を『無賃労働という一種の労働』として考え、有償労働(会社での仕事)と合わせて、社会全体で受け持つものだと見なすものであり、それが一種のワークシェアリングだと筆者は分析している。

経営実務 ランキング

経営実務のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む