サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 転落の歴史に何を見るか 奉天会戦からノモンハン事件へ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

転落の歴史に何を見るか 奉天会戦からノモンハン事件へ(ちくま新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.3
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま新書
  • サイズ:18cm/174p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-05937-7
  • 国内送料無料
新書

紙の本

転落の歴史に何を見るか 奉天会戦からノモンハン事件へ (ちくま新書)

著者 斎藤 健 (著)

転落の歴史に何を見るか 奉天会戦からノモンハン事件へ (ちくま新書)

734(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

歴史書としては期待はずれ

2002/04/08 11:33

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩津計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 タイトルからすると本書は日本の近現代史、なかでも軍事外交史を扱った書物のように見えるが、本書を歴史ものと思って手にすると完全な肩透かしを食らう。歴史分析はおろか歴史の概説するなく、ただただ著者の思い入れが一方的に断片的に語られるだけ。しかも著者は日本衰亡の原因を「明治の元勲=ゼネラリスト」の消滅と「参謀将校=スペシャリスト」の台頭に求め、視野狭窄なスペシャリストこそが日本を誤らせたというが、その視点を説得的にサポートする分析、材料は一切提供されない。

 要するに床屋談義の域を出ないのだ。しかし、最後の最後になって本書は俄然面白くなる。団塊の世代と新人類世代に対する著者の歯に絹着せぬ分析は秀逸。代表的なものを引用すると、
・全共闘世代が目指した運動は、その目標設定が根本的に誤っていたにも拘わらず、彼らはいまだにそれを自ら認め反省していない。
・全共闘世代が行ったことは親世代の否定であり、破壊だけで新しいモデルの提示を最後まで行わなかった。
・それは学生運動のみならず子供の教育にも現れ、親世代を否定した以上、自らも子供たちに対し権威的に振舞うことを潔しとせず、理屈で子供教育しようとした。これが昨今の青少年の非行の原因となっている。
・新人類世代は、こうした「間違いを間違いと認めず、方向性を誤りつづけて恬として恥じない全共闘世代の胡散臭さ」に対するレジスタンスとして登場した。新人類世代は全共闘世代が「君達、世の中について疑問をもたないのか?」と熱く語りかけてくると「あ、またこいつ等我々を間違った方向に導こうとしているな」と警戒し、とにかく全共闘世代の話に巻き込まれないよう彼らから逃げようとした。政治ネタに無関心を装い、彼らから距離を置こうとした。これが全共闘世代からは「しらけている」と見えた。

 どうです。面白いでしょう。破壊だけして何も代案を提示出来なかった全共闘世代は、実は壮大な甘ったれ集団だったという私の持論にもピタリと符合。溜飲を下げました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2002/05/12朝刊

2002/05/27 22:15

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日本経済新聞 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 日露戦争の勝利からノモンハン事件の負け戦までの暗転の過程を、リーダー、組織、社会的モラルといった側面からち密に検証する。この時期の日本は経済、外交など各分野で内発的な改革を進めていたが、結局軍部の専制を防げず惨めな敗戦という結果を招いてしまった。著者は、現在改革を進める日本は、今こそこの間の歴史を真剣に見つめ直し、「政」「官」の健全な発展と武士道的な「道徳的緊張」を取り戻すべきだと説く。
(C) 日本経済新聞社 1997-2001

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/07/15 05:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/29 17:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/16 09:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/10 06:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/13 19:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/22 21:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/16 15:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/02 18:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む