サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 鉄道と乗り物の読書生活 ~8/26

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.3
  • 出版社: 草思社
  • サイズ:20cm/212p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7942-1129-5

紙の本

戦争プロパガンダ10の法則

著者 アンヌ・モレリ (著),永田 千奈 (訳)

時々刻々と、メディアはアフガニスタンから情報を伝えた。だが、どこまで信用できるのか? 戦争当事国の情報操作、正義捏造の過程を歴史的に検証し、浮き彫りにする衝撃の論考。【「...

もっと見る

戦争プロパガンダ10の法則

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

時々刻々と、メディアはアフガニスタンから情報を伝えた。だが、どこまで信用できるのか? 戦争当事国の情報操作、正義捏造の過程を歴史的に検証し、浮き彫りにする衝撃の論考。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

アンヌ・モレリ

略歴
〈アンヌ・モレリ〉歴史学者。ブリュッセル自由大学歴史批評学教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (10件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

為政者はこうやってみんなが嫌いな戦争を遂行するのだ

2002/09/12 11:30

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SnakeHole - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ベルギーはブリュッセル自由大学の歴史批評学教授,アンヌ・モレリが,第一次世界大戦後の1928年にイギリスの政治家,アーサー・ポンソンビーが著わした「戦時の嘘」を元に,戦時下におけるプロパガンダのメカニズムについてまとめたものである。原著の出版は昨年,米国でいわゆる「同時多発テロ」が発生する前のことだが,その内容はまるであの事件のあとの経緯を見て書いたと言ってもおかしくないくらいだ。
 モレリによれば戦争プロパガンダは必ず,「われわれは戦争をしたくはない」という言葉で始まる。われわれは争いを好まない,誰よりも平和を愛している,「しかし敵側が一方的に戦争を望んでいる」のだと続く。なぜかというと「敵の指導者は悪魔のような人間だ」からであり,彼を滅ぼすのは神の意志に従うことである。いつも「われわれは領土や覇権のためではなく,偉大な使命のために戦う」のだ。
 いったん戦争が始まれば時として非戦闘員の死者も出る。が,そういうことで厭戦気分が広がるのは阻止しなければならない。「われわれも誤って犠牲を出すことがある」と言い訳をし,「だが敵はわざと残虐行為におよんでいる」と敵の邪さを強調する。こっちは正々堂々戦っているのに,「敵は卑劣な兵器や戦略を用いている」のだ。
 にも関わらず,「われわれの受けた被害は小さく,敵に与えた被害は甚大」であるのは,正義がわれわれの側にあるからだ。その証拠に「芸術家や知識人も正義の戦いを支持している」ではないか,そうとも,「われわれの大義は神聖なもの」なのだから,国民はすべからくこの戦争に協力すべきであり,「この正義に疑問を投げかける者は裏切り者である」と,こういうわけである。
 このところさんざん宣伝されているので,サダム・フセインは開発中の核兵器ができるやいなやそれをアメリカに向けて発射するつもりでなのだ,と思っているヒトもいるようだ。そんなヒトにぜひお薦めしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

疑うことがわれわれの役目だ。

2003/01/21 01:42

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:花代 - この投稿者のレビュー一覧を見る

日曜の朝、ぼんやりTVを見ていた。相変わらず、北朝鮮メディアを半ば侮辱したような報道。歌を詠むようなアナウンサーによる紹介で金正日氏を褒め称える子供たち…、こういう映像を何度見たことか、ああなんだか胸がむかむかする、チャンネルを変えよう、と思ったとき、この本が紹介された。一瞬画面に映った目次を見て、息が止まった。目次はこうだった。

第1章「われわれは戦争をしたくはない」
第2章「しかし敵側が一方的に戦争を望んだ」
第3章「敵の指導者は悪魔のような人間だ」
(以下、第10章まで続くが、ここでは省略)

今まさに、アメリカ・イラク・北朝鮮のそれぞれの指導者たちが、同じ事を言っているではないか? 日本も、北朝鮮の指導者を侮蔑しその人民の滑稽さを憐れんでいる。これらの言葉は普遍の戦争プロパガンダだったのか。

すぐに本書を購入した。上述のようなプロパガンダが10章に渡って続く。結論めいたことを言うと、本書はこの目次だけで90%の価値があり、あとの10%はこの目次の言葉を歴史的な事例から丹念に検証しているだけである。

彼の地の人は言う、「アッラーに捧げる魂こそ尊い、我が命など惜しくない」。
また彼の地の人は言う、「至上の自由主義、民主主義を守り貫くことこそ我が国の使命」。
さて、何が違う? それぞれの「神聖な価値観」を守るための戦い。

本書の結びはこうある。「疑うことがわれわれの役目だ」。肥大化したメディアが垂れ流す滑稽な情報を疑うことから、本当の理解が始まるはずだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

プロパガンダの世界

2002/06/05 22:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まさあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本は、戦争プロパガンダを10の法則と法則を裏付ける
事例とともに分かりやすく論じている本です。

この本を読むまで、プロパガンダは、第二次大戦の時代の
ことであると考えていたのですが、最近の湾岸戦争やニュ
ーヨークのテロ騒ぎの時もこの手法に基づいて世論を操作
していることがあったと知って自分も注意して世の中の発
言を見ていなければと思いました。

民主主義の世の中でも一気に思想を1つにまとめられてしま
い反論を許さない状況は簡単に作られてしまうことを知り、
その中で自分なりの正義を見分けられる目を持ちたいと感じ
ました。

世の中を新たな目でみることができる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

僕だけが正しくて立派で正直なんだ——このセリフ、なぜか国家がいうともっともらしく聞える不思議

2002/06/11 22:15

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:守屋淳 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ブームの移り変わりの激しい日本では、今更ながら口に出すのが恥ずかしい質問というのがあります。
「そういえばビン・ラディンの捜索ってどうなったの?」「アメリカ同時多発テロは、本当にビン・ラディンの仕業だったの? それってきちんと証明されたんだっけ?」
 なんていうのは、「おお、今更!」という今更度が結構高いかもしれません。
 現在では、アメリカ政府は事前にテロを知っていたはずなのに、なぜ防がなかったのかなんていうスルドイ突込みがなされていますが、しかし一時期は、人類の敵といえばビン・ラディン、対テロの戦いを援助しなければ世界の敵という言い方さえされていました。
 この、テロ直後に始まったアメリカの大宣伝攻勢——つまり、マスコミを使ったプロパガンダ戦略は、実は同じパターンで歴史上に度々あらわれてきたものです。
 そして、そのパターンを緻密に分析してみせた本書は、我々一般人に貴重な教訓を与えてくれまず。なぜなら、我々は結局、世界情勢を知るために限られたマスコミ——TV、ラジオ、新聞、雑誌、インターネット——しか持たないので、そこで垂れ流される偏った報道に安易に乗せられてしまえば、支持率90%超えたブッシュ大統領がアフガニスタンに軍事行動を起こしたように、この日本も戦争にイケイケになることがないとは言いきれない事柄だからです(ここいらへんの日本人の乗せられやすさを描いたものでは、『日本の戦争』田原総一郎 小学館 がお薦めです)。本書の指摘するプロパガンダの手法は、
《敵側が一方的に戦争を望んだ》
《敵の指導者は悪魔のような人間だ》
《われわれも誤って犠牲を出すことがある。だが敵はわざと残虐行為におよんでいる》
 など十項目にまとめられていますが、これらのスローガンを浸透させ、戦争を正当化するために、国家はありとあらゆる手段を駆使するわけです。
 本書で挙げている事例でいえば、湾岸戦争のときの《保育器を盗もうとしたイラク兵が、なかにいた未熟児を放り出した》というエピソード。これはイラク=悪を象徴する話としてマスコミに流され、ブッシュ(父)大統領も演説で何回も引用して、戦争を支持する世論の形成に大きな役割を果たしました。ところが、《のちに、この話は、クウェート人有力者の出資を受け、広告会社がつくったでたらめだということが判明した》そうです。
 結局、戦争に、「きれいな戦争」「人道的な戦争」などありえず、当事者になったが最後、嘘や残虐行為、卑劣な手段を使いまくって勝とうとするのが、悲しいかなその真の姿なのでしょう。しかし、自分たちの行為は隠して、敵の方だけが残虐かつ悪だと喧伝する——本書は煽られやすい日本人こそ読むべき、未来の戦争という病への免疫療法たる一冊です。 (守屋淳/著述・翻訳業)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/14 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/02 00:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/24 09:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/06/13 13:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/19 11:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/05 21:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/21 23:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/04 22:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/21 10:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/03/29 17:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/07/13 12:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。