サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「音楽読書」ポイント5倍キャンペーン (~10/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

本朝男色考 男色文献書志
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.4
  • 出版社: 原書房
  • サイズ:21cm/573p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-562-03489-0
  • 国内送料無料

紙の本

本朝男色考 男色文献書志

著者 岩田 準一 (著)

日本の男色研究に先駆けた「本朝男色考」と「男色文献書志」を、現代仮名遣いにして合本復刊。室町時代までの男色の歴史、男色に関する文献を集大成。日本男色史の名著。【「TRC ...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本の男色研究に先駆けた「本朝男色考」と「男色文献書志」を、現代仮名遣いにして合本復刊。室町時代までの男色の歴史、男色に関する文献を集大成。日本男色史の名著。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

岩田 準一

略歴
〈岩田準一〉1900年〜1945年。三重県生まれ。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

江戸川乱歩に愛された同性愛研究家の代表作。日本文学史を男色の観点から横断する独創的な書物

2002/06/06 15:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中条省平 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 岩田準一の名前を知ったのは、江戸川乱歩の著作からだった。乱歩はさまざまな場所で折りにふれて、この人物について語っている。乱歩が男色の研究家だったことはよく知られているが、乱歩は、六歳年下の岩田準一を男色研究の「師匠」と呼び、岩田が四十五歳の若さで死んだのち、「師匠を失った私は全く孤独であ」るが、「世界に一人も同感者のない」この興味を今後もあさり続けてゆくほかないと語った。その後、乱歩は同好の士・稲垣足穂と出会うことによって、男色研究について、「世界に一人も同感者のない」興味、という自分の考えを訂正するにいたる(「二人の師匠」)。
 また、乱歩の大著『探偵小説四十年』は、二十八歳の着物姿の美青年・岩田準一の写真を掲げ、「岩田君の日本同性愛文学史研究は、十数年をそれに没頭したのだから、ちょっと内外に例がないほど詳しい」と賞賛し、「『南方熊楠全集』第九巻の半分は、南方翁から岩田君に送った同性愛文献に関する書簡で埋められている」ことを引きあいに出して、「岩田君というのは、そういう人物なのである」と紹介している。
 この伝説的な人物・岩田準一の主要業績である『本朝男色考』と『男色文献書志』(ともに私家限定版)が豪華な合本となり、読みやすい活字で刊行された。コレクター垂涎の書の、待ちに待たれた復刊なのである。前者は、日本古代から室町時代まで、簡明にして鋭利な筆でたどる日本同性愛文学史のエッセンスであり、後者は、なんと一〇〇〇種類をこえる男色関係書のカタログであって、前者の記述の濃縮ぶりと、後者の調査の博捜ぶりのコントラストに驚かされる。
 男色に興味をもつ人にはもちろん必携の最高文献であるが、日本文学史の余白を埋める真摯な試みとしても貴重きわまりないものであり、ひろく幻想文学やエロティック文学に関心をもつ読者にぜひとも一読をお薦めしたい。 (bk1ブックナビゲーター:中条省平/フランス文学者・学習院大学教授 2002.06.07)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/04/12 20:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

文化人類学 ランキング

文化人類学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。