サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

茄子 2
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発売日不明
  • 出版社: 講談社
  • ISBN:978-4-06-314295-2
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

茄子 2 (アフタヌーンKC 295)

著者 黒田 硫黄

茄子 2 (アフタヌーンKC 295)

566(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

“添えっぷり”の黒田さん

2002/07/29 20:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:明石家ペコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 漫画界の申し子・黒田硫黄の『茄子』第二巻。何をして「申し子」と呼ばせるか。漫画でしか描写しようがないカット割りや(特徴的な)擬音。とクリシェを用いても始まらない。
 食卓の上で添え物としての役割が多いように、本書においても茄子は添え物である。人間模様の隙間にはかならず「食」があり、そのなかに茄子もある。ただそれだけといってよい。だが各話揃ってけして「それだけ」の中身ではない。素材もまた添え物なのだ。キャラクターも表現も描線も小道具も添え物なのだ。料理とは添え物の総動員なのだ。そして、この添えっぷりこそが(実際に料理が趣味だという)黒田硫黄の反射神経=才能ではないだろうか。
 ところで「食卓の上の焼き茄子」といえば丸一冊に値するかしら、ね(一冊となると「食卓を食み出る怪人茄子男」クラスかなー)。
 表紙も傑作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

茄子、で2巻までいくとはスゴイぞ。

2002/06/09 19:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:REN - この投稿者のレビュー一覧を見る

美男美少女なんてなんだか飽きたな、とこの人の漫画を見ると思う。この人の書くキャラはまったく美男美女ではない。むしろ、主人公的な登場人物はおやじだ。だけれど、その一コマ一コマに生きてるって感じがただよっていて、いい表情だぁ、と思う。
今回あちこち出てきた生活感たっぷりのたくましー少女がすごくいい味出している。女の子を魅力的に描くのもこの人の才能だ。
ところで何よりもすごいのが、巻末の4コマ(これがかなり面白いのだ。黒田硫黄4コマ劇場とかやってくれないだろうか…ってくらい)で、作者自身が「茄子、なんてタイトルで2巻まで出るってすごい」という意味のことをいっていたが、まさに、すごい。そして、茄子、でここまで面白くハイクオリティなものを書いてしまう黒田硫黄もすごいぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

“添えっぷり”の黒田さん

2002/11/15 19:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:明石家ペコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 漫画界の申し子・黒田硫黄の『茄子』第二巻。何をして「申し子」と呼ばせるか。漫画でしか描写しようがないカット割りや(特徴的な)擬音。とクリシェを用いても始まらない。
 食卓の上で添え物としての役割が多いように、本書においても茄子は添え物である。人間模様の隙間にはかならず「食」があり、そのなかに茄子もある。ただそれだけといってよい。だが各話揃ってけして「それだけ」の中身ではない。素材もまた添え物なのだ。キャラクターも表現も描線も小道具も添え物なのだ。料理とは添え物の総動員なのだ。そして、この添えっぷりこそが(実際に料理が趣味だという)黒田硫黄の反射神経=才能ではないだろうか。
 ところで「食卓の上の焼き茄子」といえば丸一冊に値するかしら、ね(一冊となると「食卓を食み出る怪人茄子男」クラスかなー)。
 表紙も傑作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/03/29 03:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/08 17:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/02 22:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/16 04:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/13 22:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/05 20:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/09 19:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/21 02:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む